「食べる」の記事一覧(2 / 8ページ)

アガベシロップの効果は? 期待できる活躍の場は?? 注意点も知って別の甘さを体験しよう!!

アガベという名前のシロップがあります。シロップと付いているからはやはりスイートな雰囲気が漂ってきますね。ガムシロップやメープルシロップはどれも甘みを提供してくれます。 甘いけれど名前はちょっと不思議な響きを持ったアガベ。・・・

おでんの具材のカロリーは? 予想はしてもやっぱりある落とし穴! 追加とアレには注意が必要!?

おでんの季節は気温が下がって風が涼しくなる頃といわれていますね。私がおでんを作る時の判断基準に「大根」があります。大根は1年を通して店頭で見ることができます。 でも気温が高い季節は食感と味はやはり夏仕様。サラダや大根おろ・・・

しいたけの原木と菌床の違いは? 育ちが良いのはどっち?? 今日食べたい時も対応可能って?!

しいたけは野菜売り場に並んでいます。たいていはトレーに並べられてラップがかかっている状態のものを購入。たまに不揃いなしいたけが袋詰めで売られていることもありますね。 シンプルにダイレクトにしいたけを味わいたい時は網焼きが・・・

湯葉の栄養とカロリーは? 非日常の技と保存も可能?? こだわり派にも選ばれています!!

湯葉、私は大好きです。旅番組で湯葉が名産品の地域が出てくると、湯葉を食べるためだけに出かけたくなります。湯葉食べ放題という幸せな体験をしたこともあるのですが… 肉系と比較すると盛り上がらないと思われがちですが、湯葉好きに・・・

れんこんの旬はいつ? 栄養だけじゃない! 穴だって愛おしいロングセラー野菜?!

れんこんは地味な存在と思っていました。でも周りを見渡せばスナック菓子のような、れんこんチップ。ドレッシングであえたちょっとオシャレなサラダもあります。 特にれんこんチップは野菜を食べているといえるので、罪悪感を少なくして・・・

ざくろの食べ方♪種はどうするの? 取り出した魅惑の赤を召し上がれ!?

ざくろを食べたことはありますか? 子どもの頃に食べたときは種の周りの部分を吸って(?)終わり。何だか手間がかかる割には食べ応えの無いフルーツと思っていました。 その後あまりざくろを食べる機会には恵まれなかったのですが、ざ・・・

西洋梨とラフランスの違いは? 味なのそれとも地名?? 真実と追加情報も!!

西洋梨・ラフランス、これを耳にすると思い浮かぶのが何故か山形県なのです。さくらんぼの名産地のはずなのに、どうしてもこのフルーツから山形県をイメージするのです。 そして西洋梨といえばフォルムに特徴がありますね。くびれがある・・・

バルサミコ酢の栄養は? 黒の酸味が示す効果は?? あの酢とは違うの!?

バルサミコ酢。文字を入力すると「ミコ」辺りでバルサミコ酢と候補が出てくるのでそれを選べば入力ができます。それくらいこの名前が一般的になった証拠にもなりますね。 当初は「酢」が抜けてバルサミコと認識したので、もしかして新し・・・

モロヘイヤの旬の時期は? 酷な季節に負けないために野菜売り場で待ってます!?

モロヘイヤを初めて食べたのはファミレスの和もの系定食にセットになっていた小鉢でした。見た目は黒に近い緑でこれはナニ? と思いつつ食べたのですが…。 実はその時正体が分からなかったので質問をしてモロヘイヤと教えてもらいまし・・・

八角はスパイス♪あの香りとその正体は?? 代用できるものはある?

八角(はっかく)と聞くとまず思い浮かぶのは中華系のメニュー。お家中華でも八角を使うと香りだけでも本格派モードになります。代表的なレシピは豚の角煮でしょうか。煮込み系に使いますね。 香りを言葉で表すのはとても難しいのですが・・・

木綿と絹は同じ豆腐だけどカルシウムは? 硬派な頼もしさがあるのはどっち??

木綿と絹とどちらが好きですか。こんな質問をされたらナニをイメージしますか。身に着けるもの? それとも首に巻くもの? と想像力をたくましくしてしまいそうですね。 木綿と絹どちらを選ぶのか、これが当てはまる食材があるのです。・・・

ネクタリンの食べ方は? 皮はどうする?? 意識高い人はもうやっているありのままってナニ?!

ネクタリンという名前を初めて耳にしたのは信州方面に出かけたときでした。桃よりは小ぶりでスモモよりは大き目なビジュアルが新鮮で、その可愛さに思わず見とれました。 まだネクタリンがあまり一般的とはいえない時期だったので、缶の・・・

椿オイルを食用に♪効果はあるの? 歴史が証明する整う美食オイル?!

椿オイル、椿油とも呼ばれる和の油ですね。食べるイメージがあまりない油ですが、食べることができる植物油です。椿オイル=髪の毛に使う、どうしてもこれが先行してしまいます。 先日も椿オイルの名産地の代表者の方が「髪の毛に」と言・・・

鱧の旬はいつ? チャンスは1回じゃないの?? そうだ♪出会いを求めて出かけよう!!

鱧(はも)は魚編に「豊」とつくポジティブな漢字の魚。召し上がったことはありますか? 私はズッと鱧はフツーに店頭には並ばないセレブ感がある魚と思い込んでいました。 でもある日「鱧が売っていない」と嘆いている人に出会いました・・・

水溶性ビタミンを加熱するとどうなる? 気にするべきことは他にもあるの??

水溶性ビタミン。ビタミンカラーやビタミンパワーと聞けばとてもポジティブなイメージがあります。でもビタミンの前に漢字が付くとちょっと近寄りがたい空気感が出ます。 水溶性は読んでそのまま水に溶ける。水に溶けるビタミンというこ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ