パンパスグラスは生花でも手に入る? 箒のオブジェは勘違い!? お持ち帰りは可能なの??

パンパスグラスをご存じですか。最近は季節になるとあちらこちらで見かける機会も多くなっています。特徴があるビジュアルを最初に目にしたときは「エッこれナニ」と思わす一歩下がりました。 そしてもしパンパスグラスをお持ち帰りする・・・

プロテアにはどのような花言葉がある? 神様が咲かせた偉大な存在はやっぱりビック??

プロテア。花の名前です。花屋さんの店頭で目にした時にはその存在感に一歩後ずさりをしてしまいそうです。「可憐・カワイイ」という表現よりも「大きい・目立つが」似合います。 ナニかいつもと違う花を選びたい時にはおススメの花とも・・・

すだちとライムには味の違いがあるの? レシピと香りから読み解く答えはシトラス??

すだち・ライム。2つを並べてみると正反対に位置する果物というイメージがわいてきます。ひらがなと漢字という見た目が影響したり、耳に届く響きも関係したりと予想します。 すだち・ライムを使うときにはそれぞれ独自の場面があるでし・・・

ビーツの栄養価は? お皿によそった印象に残る赤! ナニか持っているの??

ビーツ。野菜の名前ですね。この名前を耳にするとまず思い浮かぶのはこの野菜を使ったメニューと名物料理になっている国の名前でしょうか。主たるキーワードは「寒い」でしょう。 ビーツはフォルムをイメージすることもできます。似てい・・・

草花だけど花ナスって名乗ってる? イベントを盛り立てる別名はナニなの??

草花で花ナス。なんだかややこしいワードが並んでしまいました。草花といえば花壇などで育つイメージですが花のあとにはナスとつくのです。いつものナスとは違うのでしょうか。 もちろん野菜のナスにも花が咲きます。パープル系の花が将・・・

京菜とは? 答えは意外とシンプル?? 異端もいる野菜の真実を紐解きましょう!!

京菜。この名前を目にしたらイメージするのは京都のお土産でしょうか。旅の楽しみの1つでもあるお土産選び。甘いものもいいけれど京都なら地元野菜のお漬物系もアリと迷います。 そんな時にこの京菜の文字を目にしたら迷わず手がのびそ・・・

落花生の分類は野菜なの? 可憐な実りはやっぱり食べすぎには注意??

落花生。もちろん誰もが知っている食べ物の名前ですね。少しレトロなイメージもある呼び方です。普段はどちらかというと英語でもあるピーナッツと呼ぶ機会が多いでしょう。 バタピーや柿ピーなど略称の元祖ともいえる食材ですが食べすぎ・・・

ダリアの花言葉が怖いのには理由があった? リアルな出会いでワクワク感に変えられる??

ダリア、洋花のカテゴリーに属する花です。フォルムは幾枚の花びらが重なっているのがイメージできます。品種によってはボリューミーでエキゾチックな雰囲気がある花です。 花が咲く時期は夏から秋。球根で育つのでガーデニングにもふさ・・・

松茸はきのこじゃないってホントなの? 言葉足らずを解消して秋を満喫?!

松茸。この名前を目にするだけで唯一無二の香りが脳内によみがえります。以前と比較して四季のメリハリが減っているとはいえ、松茸はいつも通り季節が変わりつつあることを示してくれます。 供給量や価格を考慮すると簡単に手がだせる食・・・

菱文様はどうのような意味を持つ? 丁寧な4本の直線ですべてを支え続けるの??

菱。いうまでもまく「ひし」と読む漢字です。この1文字で植物の名前になりますがこのあとに形や餅などを続けるとフォルムや行事をイメージすることができます。 直線4本で描かれた菱は正方形や長方形とは違います。角が下にあるので尖・・・

ほおずきに種類があるの? 観るだけじゃもったいない?? もう1つのカテゴリーってナニ?!

ほおずき。漢字で書くと鬼灯や鬼燈になります。お盆に供える植物として欠かせない存在です。「鬼」や「あかり」の文字であらわされるほおずき。怪しさも感じるというのは刷り込み現象でしょうか。 お供えに使うほおずきは基本外も中も赤・・・

金時草の栄養に効能はあるの? ハイスペックな野菜でマストアイテムをチャージ?!

金時草。最初に読み方をご紹介しておきます。「きんじそう」と読みます。最初にある金時はちょっとインパクトがあるワード。思わずこの2文字を「きんとき」と読んでしまいますね。 度々ですがきんじそうと読む金時草。最後に「草」とつ・・・

夕顔は野菜の仲間なの? 儚い花の先にある緑と茶色にリスペクトを!?

夕顔。名前の通り朝顔に対して夏の夕方に咲く花です。朝陽の中で咲いた花の数を数える早起な朝顔と比較して、どちらかといえば影のあるイメージがつきまといます。 もう1つ夕顔に関してイメージするのはかんぴょうです。巻きずしには欠・・・

茨の花言葉が怖いのは想定内? 真実を知れば腑に落ちる?? 長い花の歴史を語ります!

茨。この1文字だけになると「いばら」と読みます。地名に使われる草冠の漢字です。茨城(いばらき)や茨木(いばらき)など茨のあとにある漢字の読み方は濁点に注意が必要でしょう。 少し話が横道にそれましたが今回は県や市の読み方の・・・

千石豆の旬はいつ? その前に読めない? 知らない?? 豆をご紹介します!!

千石豆。もしかしたらこんな名前は初めて目にしたという声が聞こえてきそうです。「豆」とつくからには食べられる豆をイメージしますね。千石豆、確かに食べられます。 豆といえば乾いていれば保存食にもなります。1番食べられている大・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ