「2019年」の記事一覧

本わさびと生わさびの辛さは違う? どちらが辛いの?

本わさびと生わさびの辛さについて調べたいとおもいます。お寿司やお刺身に欠かせないわさびは香辛料の1種ですが、原産国は日本。世界中でわさびは「wasabi」と呼ばれています。 話は少し横にそれますが、音楽で盛り上がる部分を・・・

包丁の選び方♪まずは材質から?! できるあなたに使って欲しいのはコレ!!

包丁を選ぶときに選択肢に挙がるのは切れ味でしょうか。もしかしたら包丁にビジュアルを求めたりもしますね。見た目は大事です。見ただけでやる気が出る包丁なら料理の腕も上がります。 包丁の売り場に行くとあまりの種類の多さに圧倒さ・・・

そうめんと冷麦とうどんの違いはナニ? 人類はいつでも麺類のことが気になります!!

麺類を選ぶときに人類はどうしても迷います。特に夏になると選択肢が増える気がしませんか。そうめん・冷麦・うどん…喉を通る時の感触がよみがえって、ゴックンと喉が鳴ります。 もちろんそうめんは温かくして食べるにゅう麺もあるので・・・

ゼラチンと寒天の違いは? 溶かしても同じにならないの?? 動物と草!?

ゼラチンと寒天。これを使ったスイーツはどちらも大好きです。スイーツバイキングでは、ゼラチンや寒天を使ったモノで一旦リセット。お口の中をさっぱりさせて次のボリューミーなスイーツに突入です。 ザックリとした判断ではどちらも同・・・

蚊取り線香の室内の臭いは対策をしないと危険?! 基本を守って蚊を防ごう!!

夏は色々対策をする必要があります。日焼けや熱中症の対策はもう言われる前に身体が動きます。そしてもう1つするべき対策は虫、その中でも特に「蚊」の対策はマストです。 刺されると赤く腫れてかゆくなるだけではありません。様々な病・・・

ズッキーニときゅうりの栄養の違いは? 似ているけれど代用は可能??

ズッキーニを見て新種のキュウリが新発売! と思い込んだのは私1人ではないはず。スーパーの野菜コーナーで良く目にする時期がほぼカブるのも原因の1つかもしれません。 濃い目の緑にツルっとした表面のズッキーニが、トゲトゲの無い・・・

ピーナッツのダイエット効果ってホント? 選んで食べれば成功が見えてくる!?

ピーナッツをもしダイエット中に食べていたら、ダイエットの自覚無し! と判定されそうですよね。ポリポリとピーナッツをかじる姿は見た目も呑気そうで癒されるんですけど… ピーナッツは日本語にすると落花生。漢字にすると一気に和も・・・

枝豆のカロリーが高いのはホント? 食べすぎは危険?? もう1つ要注意!?

枝豆は季節に関係なく見かけることが多いのですが、旬はやっぱり夏。枝に付いたままのダイナミックな枝豆や、産地の方が丁寧に詰めたネットに入った枝豆が店頭に並びます。 話は少しそれますが枝豆は俳句では秋の季語。お月見の時にお供・・・

ターメリックってどんな味? 黄色の美味しさにはナニがある?? ウコンとは違うの!?

ターメリックを常備されていますか? 実は我が家に今ターメリックがありません。以前はターメリックを使ってカレーの時に、ターメリックライスなんかも作っていました。 最近は黒米を入れて炊いているせいか、色はこれ以上要らないかな・・・

スイカの栄養の効能は? 失敗しない夏になるフルーツってホント?? 肌にも!?

夏に会いたい果物はやっぱりスイカ。最近はフライング気味に5月の連休頃から果物コーナーを占拠します。冷蔵庫に入れることを考慮してカットした、スイカの赤は夏が来ることを教えてくれますね。 黄色いスイカも忘れてはいけません。そ・・・

いちじくの旬はいつ? そんなに長期?? 1個でアンチエイジング!?

いちじくの旬がいつなのか正しく知りたいと思います。いちじくの旬に疑問を持ったのは、我が家にいちじくの木があったせいだと思います。私の記憶と店頭に並ぶいちじくの間にビミョーなズレがあるのです。 我が家のいちじくは、特に手入・・・

レーズンと干しぶどうに違いはある? 親子や兄弟?? エッ違いはそこだけ!?

レーズンと干しぶどうって…答えは後でのお楽しみにします。ところでレーズンはそのままで食べればスイーツ感もあるし、色々なレシピに使える食材にもなる優れもの。 レーズンチョコやレーズンバターなど異素材の組み合わせを発明した人・・・

わさびの効果チューブでもあるの? そのわさびなら大丈夫?? 肌にもイイの?!

わさびには効果があります。お寿司にお刺身にはマストアイテムのわさび。効果があるということは、ただ刺激を求めているだけではないようですね。 わさびに効果があるのなら、お寿司やお刺身以外にもわさびを使えば、その効果をもっと得・・・

美白の成分に厚生労働省? 誰もが願っています! 安全にキレイになって欲しい!!

美白はその漢字の通り美しく白い。最近は化粧品売り場に行けばこの2つの漢字があちらこちらに見られます。容器も白をイメージしたカラーとあくまでスタイリッシュなフォルムの品が並びます。 以前なら化粧水や乳液・クリームで終わって・・・

漂白剤は酸素系と塩素系で違います! 温度と使い分けで白さを導ける!?

漂白剤には酸素系と塩素系があります。同じ漂白剤でも、それぞれ系統が違う2つの漂白剤。漂白剤を使うことでルーティンになっている、家事も仕上がりが変ります。 酸素系と塩素系のどちらが好きか、なんて質問にすぐに答えはでませんね・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ