「情報」の記事一覧(2 / 9ページ)

ワレモコウの切り花♪水には注意点があるの? 寂しさより訪れた季節を歓迎してるの??

ワレモコウ、漢字にすると吾亦紅や吾木香など表記は様々。どの字でもワレモコウらしい漢字が並びますね。ワレモコウは素朴が似合う花、特徴あるビジュアルで季節を知らせてくれます。 ワレモコウは花といっても茎の先に実がくっついてい・・・

シラカバの花言葉にはナニがあるの? クールな白い樹木だけど内面は?? 花はあの症状に関係が?!

シラカバと聞くとまず連想するのは高原でしょうか。標高の高い地域で生育する木。冷涼な空気とともにいつもとは違う鳥のさえずりも聞こえてきそうです。 少し想像力を膨らませ過ぎました。でも太平洋沿岸地域に住んでいるのならシラカバ・・・

百日紅が咲く季節はいつ? 長いお休み期間中に観察可能?? 悲しい恋バナにまつわる花言葉も!?

百日紅、見た目通りに読めば「ひゃくじつこう」です。その読み方をする場合ももちろんあります。でもこの漢字3文字に対して5文字のひらがなを使った読み方もあるのです。 その他の読み方は後ほどご紹介します。お楽しみにしていてくだ・・・

胡桃の花言葉が怖いってホント? 普段とは違う一面が?? 今すぐ食べれば効率UPも可能?!

胡桃(くるみ)のお話ですが今回はくるみを漢字で表記したいとおもいます。3大バレエの1つに「くるみ割り人形」があります。一家に一台必ず胡桃を割る道具があったことを想像させるストーリーです。 胡桃を目にする機会はパンやスイー・・・

ハナミズキとヤマボウシに違いはある? 深く知ればもっと好きになる?? 2つの自己PRをご紹介!!

ハナミズキとヤマボウシ、どちらが好きですかの質問にはおそらくハナミズキと答えるケースが多いでしょう。花の名前を耳にしただけでメロディーが浮かび思わず口ずさみますね。 ハナミズと比較すると名前も姿も純朴さがウリのヤマボウシ・・・

夾竹桃の花言葉はナニ? 見た目だけでは判断できないマインドが?? 予想外の真実も!?

夾竹桃(きょうちくとう)は太陽の下で咲く花。花と同時にまとわりつくような空気を一緒に思い浮かべます。厳しい季節の中で黙って咲く花は明るいピンクや白。照り返しや湿度に耐えて咲いています。 あまりの暑さに花を見る余裕もない夏・・・

レモンの花が咲かない理由は? 愛が無いなんて言わせない! もう一度基本から見直しを!?

レモン、近頃イメージが変化したと思うのは私だけじゃないはずです。以前ならフルーツ売り場に並ぶレモンは海を渡ってやってきたもの。輸入品のレモンしか選択肢がありませんでした。 大きさのそろったピカッと光る黄色い表皮のレモンが・・・

紅花の開花時期は? この花に相応しい慌てることなく過ぎる暦に出会えるの??

紅花の文字を目にして思い浮かべるものはそれぞれあるでしょう。今回は花の名前の紅花(ベニバナ)です。すでに色の名前がついた花。紅という色に関わる花であることは想像がつきます。 花屋さんで見かけることもある花です。他の花とア・・・

ウイキョウに花言葉があるの? 天然で純粋なフォルム!! 胸が高鳴るテーブルにも使える?!

ウイキョウ、この字を見ただけですでに薬のような香りをイメージします。その証拠にウイキョウは漢方薬にも使われています。消化器系統の改善に効果があるようです。 薬の原料と聞くと主に目が行くのは葉っぱに種や根っこだったりします・・・

ネムノキの花言葉はナニ? 心を洗うようなワードがメンタルをご機嫌にするってホント??

ネムノキと聞いて思い浮かべるものはナニでしょう。名前は耳にしたことがあるけれど実物を見たことが無い、などということもあるでしょう。名前は良く知られている植物です。 ネムノキというからには「木」の仲間なのでしょうか。花が咲・・・

勿忘草の花言葉の由来は読まなくても大丈夫!? 花を見ないと伝えたいことが分からないってホント??

勿忘草、もう少し柔らかな表現にすると「忘れな草」になります。勿忘草という読み慣れない文字はこの花のトーンを落とすのでしょうか。寂しささえイメージさせます。 それは勿忘草の花言葉にも反映されているのでしょう。カタカナならワ・・・

ニゲラの花言葉は色で変わる? ポジティブだけじゃない天然系!! ヘルシーライフも手に入る??

ニゲラ、お花屋さんで見かけた当初はプレートを確認して「ニゲラ」と書いてあるのを見てしっかりと脳内に刻み込みました。この花はナニと、謎のイメージを抱かせるフォルムが目をひきつけます。 一度見れば忘れられない個性を持った花。・・・

ハルニレとエルムの関係は? 見上げれば聞こえてきます! 2つの木のストーリーが!!

ハルニレとエルム、どちらも木の名前です。そしてこの2つの関係は? これに対しての答えはまた後程、お楽しみにしていてください。2つの木の名前はどちらも時々目にしますね。 そこに生えている木の名前を知るとナニか特をしたような・・・

都忘れの開花時期はあの花と同じ? 忘れずに覚えておいて! チャンスは思ったより短期間!?

都忘れ、華やかな洋花ではなく和の花ですね。小さく可憐という言葉が似合う花です。黙って風に揺れている姿に儚げという言葉もイメージさせます。 お花屋さんで見かけることもありますが、決して自分の存在を主張することは無いでしょう・・・

源平咲きの桜はホントにある? 目撃情報は正しいの?? フェイクな花に惑わされた?!

源平というワードのもとになったのは源氏と平家ですね。かつて何度も合戦を繰り返した2つの軍団。そして源平は色を表す言葉にもなっています。それぞれが掲げた旗の色を指しています。 この言葉が対比する色を表すことから戦いとは真逆・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ