キッズ用フリースジャケットのメリットとデメリット!

冬のファッションアイテムの定番となっている、「フリースジャケット」毎年、色々なメーカーからキッズ用のフリースジャケットが発売され、色やデザインも、豊富にとりそろえられていますよね。

赤い服

数年前に、ユニクロから発売された、キッズ用のフリースジャケットは、子供の通う保育園で、ママ達に大人気でした。

同じ商品を持っているお友達がたくさんいて、名前の記載が必須でした。

冬の元気服のキャッチコピーがピッタリ、キッズのフリースジャケット。 注意点も知って活躍させちゃいましょう。

スポンサード リンク

フリースジャケットはなぜキッズに人気?

フリース素材のジャケットはなぜ、子供に人気なのでしょうか? フリース生地のメリットを確認しましょう。

  • 薄くて、軽い!
  • 簡単に洗濯が出来る!
  • 速乾性がある!
  • 保温性がある!

こんなにたくさんのメリットがあるのです! 色数も豊富、プリント柄も登場で選ぶ楽しみもありますね。子供服、ヘビロテアイテムにマストな条件を備えています。

スポンサードリンク

冬の子供服の定番になるのも納得♪

小さな体で、たくさん動く子供に着せる服としては、「軽い」「薄い」というのはとてもありがたいですね。ダウンやコートと比べても、身体になじんでくれやすいので、ゴワゴワせず着心地いいですよね。

その上、暖かく、保温性が高い! 厚着をさせなくても、フリースジャケットで、防寒性と保温性があるのは優れていますよね!

また、保育園に着て行く服は、すぐに汚れるもの。なので、簡単に洗濯でき、速乾性があるのもうれしいメリット。

メリットがある反面、多少のデメリットもあります。

子供にフリースジャケットを着せるときの注意点!

たくさんのメリットがあるフリース素材ですが、気を付ける点とは、なんでしょうか? デメリットも知っておき、上手に着ることが一番ですよね。

  1. 重ね着の組み合わせで、静電気がおこりやすい
  2. 洗濯による、毛玉ができやすい

フリースを着ていると、静電気をよく感じる、と思ったことはないですか? 重ね着の組み合わせによって、静電気がおきやすくなります。

子供にフリースジャケットを着せるときは、静電気のおきやすい「ウール」の素材のモノはさけ、インナーには、アクリル素材の服を着せてあげましょう。

もぅ一つは、洗濯による毛玉ができやすいといったことです。洗濯機で普通に回して毛玉ができ、ワンシーズの買い替え…という方も多いのではないでしょうか?

手洗いをするのが一番いいのですが、忙しいと、洗濯に手間をかけていられないですよね。そんなときの注意点はコレ。

・洗濯ネットに入れるときは裏返して入れる。
・洗濯洗剤はオシャレ洗い用を使う。
ソフト・手洗いなどのコースを選ぶ。
・陰干し。洗濯バサミは跡が付くので使わない。

洗濯機の中で他の衣類とこすれ合うことが、毛玉の原因となります。注意点を守って、少し丁寧に扱ってあげると、長く着られますよ。
 

子供にも、ママにも嬉しいメリットがある、キッズ用フリースジャケット!寒い冬を乗り切る、定番のアウターなので、うまく対策をしながら、上手に活用しましょう♪

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ