秋冬のハイウエストワンピース! 体型をカバーするテクとは?

今年の春から、流行が続いている、レトロなデザインの洋服。中でもハイウエストワンピースは、1枚でコーデが決まる人気アイテムです。

これからの秋冬も、この流行は続きそうですね。だけど、ハイウエストワンピースって、グラマーさんやぽっちゃりさんには、似合わないかも…と思っていませんか?

今回は、体型もカバーし、秋冬にぴったりな、ハイウエストワンピースの着こなしポイントをご紹介しましょう。

秋冬のハイウエストワンピース! 体型をカバーするテクとは?

スポンサード リンク

視線誘導テクでぽっこりお腹をカバー

お腹まわりが気になる人は、気になる部分から「視線を外す」という、テクニックを使ってみましょう。人間の目は物の中心、または凹凸のある部分に注目するようにできています。

ハイウエストワンピースの場合、シンプルなデザインほど体の中心、つまりお腹まわりが目立ってしまうのです。そこで視線を誘導し、中心からずらす、テクニックを使いましょう。

ワンピ選びの参考に…♪ 

  • ストールやショールを使う
  • 首回りや肩に、薄手のストールを巻いたり、ショールを羽織ることで視線が上に上がります。

  • ウエストベルト&リボン
  • よく見かけるデザインですが、切り替えの部分にベルトを使ったり、リボンを結ぶことで高い位置にボリュームが来ます。リボンが中心ではなく、サイドにあるものは、より高い視線誘導効果が♪

  • アウターは短め丈
  • お腹を隠したくてつい、長めのアウターを重ねてしまうのは逆効果です。ワンピースに重ねる、デニムジャケットやカーディガンは丈が短めのものが◎。

スポンサードリンク

レトロで可愛い♪柄物+ダークカラーの切り替え

今注目のデザインは、柄物とダークカラーを、組み合わせたワンピース。先ほどの視線誘導テクに加え、体の凹凸を目立たなくする効果があります。レトロなドット柄や、花柄は定番の人気アイテム。

また異素材の切り替えを使った、秋カラーのシフォンワンピもおすすめです。ふんわりとした生地が、体型をカバーし女性らしさも満点のアイテム。

長袖で、気になる二の腕も、カバーしてくれるので秋冬の間、長く着回したいですね。肩やデコルテを出す、デザインも、着やせ効果があるのでおすすめです♪

素材が変わるだけでと雰囲気も変わります♪

逆に、上にダークカラー、下に柄物の切り替えパターンも、可愛い組み合わせ。上半身が、色の効果ですっきり見えるので、ややタイトめで伸縮性のある、ニットや、カットソー素材でもOK。

今私が欲しいのは、こんな感じの、モノトーンのハイウエストワンピ―ス。スカート部分は、グレーのチェック柄や、ツイード素材が秋らしくていいですね。

モノトーンなので、アウターや羽織りものに、明るい差し色やボルドーなどの秋カラーを合わせるのもよさそうです。

私もお腹周りが、けっこう気になるので…(笑)サイドのリボンと、首・肩を開けたポートネックやオフショルダーなら、着やせ効果も、より一層期待できそうですよね。

グラマーさんや、ぽっちゃりさんも、おしゃれを諦めることなんて必要ありません。今回紹介したテクニックを駆使して、流行のハイウエストワンピースを可愛く着こなしてくださいね!

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ