免疫力低下が原因で病気になる!! 低下の原因はナニ??

免疫力の低下が原因で、病気にかかる。決して、中高年に限った話ではありません。

若いから、疲れなんて関係ないよね。評価に応えて、頑張ってしまう。疲労感があっても、頑張らざるを得ない。

ハート

知らないうちに、自分の身体に、赤信号が点滅しているのかも。

免疫力低下が原因で病気になる!!低下の原因はナニ?? お教えします。

スポンサード リンク

免疫力低下の原因は何ですか?

免疫力が低下する原因は、実は複雑。犯人はコレと決めるのは難しいのですが、代表的な原因を挙げてみます。

東京の空。富士山も見えます。

まずは誰でも出会うこんなコト。

  • 環境要因
  • 環境の悪化は、大気・水質・土壌と取り巻くもの、すべてに起こっています。身体への負担が、免疫力低下の原因。

  • 化学物質
  • 様々な物質を使って生活をしています。廃棄・焼却をする時に発生する化学物質が、問題になる場合が多いですね。

    発がん物質を発生する可能性が、免疫力低下に影響をします。

  • 服薬
  • 抗生物質を多く用いると、耐性菌が発生して免疫力低下の要因となってしまいます。

加齢による免疫力の低下があると言われていました。近年の研究で低下ではなく防御の体制が、変わることが判明しました。

外敵から身を守る能力が優先される、20歳代。それ以降は、身体内部を守るヒト本来の免疫システムが力をつけて、あなたを守り続けます。次は起死回生が可能な、原因を挙げます。

免疫力低下の原因♪心当たりがありますか?

分かってはいるつもりだったけど、やっぱり関係している原因。解消するなら今のうちかな。

  • 食生活
  • 暴飲暴食:消化器が働き過ぎて過労に。腸の疲労は免疫力低下に直接つながります。

    栄耀不足:ダイエットに頑張り過ぎて、必要な栄養が摂取できないと、身体も守れません。

スポンサードリンク

  • 日常生活
  • 運動不足:歩くだけでも、免疫細胞が活発になります。身体を適度に動かす時間が少ない事も、原因に。

    睡眠不足:疲労回復に一番効果のある睡眠。足りない時は疲れもたまります。

    たばこ:呼吸器に常時有害物質を送り続けます。

  • 社会生活
  • 精神的ストレス:一言でストレスを表すことは困難です。自分の置かれている状況が、ストレスですか?

    残念ながら、ストレスは免疫力低下の原因に大きく関与している事は、間違いありません。現代社会では、主犯格扱いですね。

免疫力ってなんなの?高度な身体防衛隊!?

ヒトには、必ず備わっている免疫力。外敵の侵入を排除します。頼りになる、警備会社のシステムを想像しますね。外敵は細菌やウイルス。病気になる原因を、感知して排除します。

ストレス

その他体内の異物、例えばがん細胞のような、強敵にひるむことなく、闘いを挑みます。

堅守♪2段構えでガードは堅い!!

免疫力には2つのチームが存在します。それぞれの名称と働きはコレ!

  • 自然免疫
  • 外敵防衛隊の主役は白血球。様々な性質を持つ白血球が一致団結して外敵に攻撃をしかけます。これがヒトに備わっている免疫力。「自然治癒力」です。

  • 獲得免疫
  • 残念ながら、自然免疫だけでは身体を守りきれません。ウイルスだって生きている。姿かたちを変えてガシガシと攻めてきます。これと闘うのが獲得免疫です。

    ヒトが進化をする過程で発達してできた、免疫システム。自然免疫が対処できない病原体と闘います。一度罹った病気に再度罹った時は、経験を活かして素早く抗戦。

    抵抗力が付いて、病気に強くなる。「免疫力がついた」と、呼ばれたりします。

自然免疫力・獲得免疫力は、各チームの得意分野で外敵と闘い、場合によってはチームの連係プレーで身体を細菌やウイルスから、防衛するのです。

免疫力低下が原因で病気に♪やっぱりなるよね!?

免疫力

病気の原因となるウイルスと、闘う力が低下していれば、やはり病気に罹りやすい身体ですね。がん細胞は身体の中で常に発生している、異常細胞です。人類はついに滅亡か?と、真剣に心配になります。

でもここで登場するのが、体内を常にパトロールしている、NK細胞。自然免疫系の細胞です。

がん細胞を見つけると、直ちに攻撃を開始します。免疫力のおかげで、人類滅亡は回避できています。

風邪症状の、喉の痛み・発熱・鼻水も、身体の中では免疫細胞が次々と登場して、ウイルスと闘っている状態です。本来であれば、風邪を治すのは免疫力。抗生物質をいきなり飲んでも、効きません。

鼻水が止まらない、咳がひどいと、日常生活には差し支えますが、風邪を身体が自分で治すと頑張っている過程です。ここで風邪薬を服用すると、自分で自分を治療する免疫の行動力を、邪魔しているかもしれません。

免疫力低下♪自分の身体を知ろう!

自律神経は免疫系と内分泌系(ホルモン)に、とても密に連携しています。この連携で体内のバランスをとり、健康を維持する事につながって行きます。

外部からの刺激に応じて、免疫細胞の働きを調整。分泌されるホルモンが、免疫機能を調整。それぞれのシステムの連携が、微妙なバランスで保たれているヒトは、とてもデリケート。弱い部分も当然ありますね。

体調不良は、身体と心に赤信号が点滅しています。一旦停止をして、自分の身体のメンテナンスに取り掛かりましょう。

自分の身体の現状を一番知っているのは自分です。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ