顏のむくみを取る食べ物♪ まずは朝食にこれをプラス!!


むくみ!顏がむくむ時は、特に気になりますよね。昨夜は水分摂取もほどほどで切り上げたし。

号泣して、泣き寝入りもしていない。それなのに、腫れぼったいまぶた。

まぶた

むくみが取れる方法、あるのかな。例えば食べ物で。今すぐ入手可能な、美味しくむくみが取れる物が知りたい。

顏のむくみを取る食べ物♪ まずは朝食にこれをプラス!! お教えします。

スポンサード リンク

朝一で食べる♪むくみを取る食べ物!!

すぐにでも食べられるモノもあります。こちらをどうぞ。

◆毎日の朝食にプラスしたい、食べ物はコレ!
果物:アボガド・バナナ・メロン・キウイフルーツ

野菜:ほうれん草・里芋・さつまいも

海藻:昆布・わかめ・とろろこんぶ

ねっとり派?ほっくり派?。私はほっくりが好きです。

バナナなら、コンビニにもあります。野菜や海藻は、お味噌汁やスープに入れると身体も温まって循環も良くなります。必要のない水分が、細胞と細胞の間に溜まる。むくみの原因はこれです。

水分の排出を促すミネラル「カリウム」。カリウムを多く含む食べ物を摂取する事でむくみを取る効果が期待できます。

加熱で約30%のカリウムが、失われます。非加熱で食べる、果物はカリウムの宝庫です。

栄養不足で顔にむくみが!?ランチにはコレで!!

コンビニで選ぶランチメニュー。忙しい時はおにぎりと野菜ジュースで済ませますか? ここにプラスしてほしいのは、ビタミンBを含むたんぱく質

◆ビタミンBを含む代表的なたんぱく質
まぐろ・かつお・豚肉・鳥のレバー・大豆・卵

ツナやゆで卵が入ったサラダ。思い切って麻婆丼なんかも選択肢に入れて下さい。豚肉・豆腐・カプサイシン。身体の代謝を促す食べ物が満載です。

むくみを取るためには水分代謝の効率を上げる事が重要です。

ビタミンBは代謝を促すビタミンです。老廃物を溜めこまない、身体を作る心強い味方になってくれます。

スポンサードリンク

夜は外食♪むくみを取るを意識した食べ物!!

メニューを選べば明日のむくみは怖くない?

◆カリウムを多く含む食べ物
野菜:パセリ・みず菜・エリンギ・枝豆

木の実:ビスタチオ・落花生・アーモンド

果汁:パッションフルーツ果汁・ゆず果汁

枝豆にゆずサワー。みず菜はサラダで。エリンギはパスタや、きのこのホイル焼きを頼めば摂取することが可能ですね。納豆やきゅうりの糠漬けも、カリウムを多く含む食べ物。

食べる

翌朝のむくんだ顔を想像するより、意識してむくみの解消につながるメニューを選べば、楽しい時間が過ごせます。

おばあちゃんの知恵袋から出てきた食べ物♪

昔から言い伝えられている、むくみを取る食べ物をご紹介します。ぜひお試しください。

  • 西瓜糖
  • 夏の果物の王様。利尿作用があるのは知っていますよね。西瓜の果汁と砂糖を煮詰めた、西瓜コンフィチュール。

    西瓜糖

    パンにつけたり、お砂糖の代わりにお料理に使うこともできます。利尿作用は夏以外でも、むくみを取る効果が期待できます。

  • 小豆のゆで汁
  • 中国では、「赤小豆」(せきじょうず)と名前が付いた生薬。一晩水に浸けた小豆を30分ゆでます。灰汁を取った煮汁をそのまま飲むだけです。

    水分排出の、カリウムも含まれています。残った小豆は「小豆粥」にすれば一石二鳥ですね。

毎日の生活からのむくみ取り

むくみを取るための食べ物。毎食バナナと焼き芋を食べるのはおススメしません。何をどのように食べるかが大事です。

バランスのとれた、食生活。決まった時間に一定量を食べる。

そして気をつけたい、塩分の過剰摂取。体内の塩分濃度を保つために、体内に水分を溜めこむことでむくみが出ます。

毎朝のまぶたの腫れが気になる時は、食生活を見直しましょう。塩分摂取が減ることで、水分の排出はスムーズに行われます。

カリウムとナトリウムのバランス

塩分の取り過ぎは、むくみの原因ですが、摂取量があまりにも少ないと、危機感を感知した身体が塩分を溜めこみます。

カリウム不足は、排出力の低下を招きます。バナナを一日3本食べれば、必要なカリウムが摂取できます。でもアスリートでもない限り、糖質の取り過ぎで逆効果です。

たんぱく質・大豆製品・野菜をまんべんなく食べる事で、必要なカリウムは摂取できます。食物繊維も、余分なナトリウムの排出を手助けします。ここでもやはり、野菜・海藻がむくみ取りに活躍です。

むくみを招かない水の飲み方はコレ!!

せっかくむくみを取る食べ物で気をつけていても、間違った水の飲み方で、努力が台無しになってしまう。そんなことにならないための、水を飲むときの注意点を押さえておきましょう。

1.一回に飲む分量は150~250mlを目安にしてゆっくり飲みましょう。

2.常温もしくは白湯がおすすめです。

3.食事中・食後の水分摂取は消化器の動きも活発なので、水分の吸収量が増えてむくみの原因を作ります。

4.朝起きた時の水分摂取は就寝で失われた水分を補給して、目覚めもスッキリです。

5.寝る直前の水分補給は、むくみの原因となります。できれば就寝30分前迄に、水分摂取を終わらせて朝のむくみを解消しましょう。

まぶたのむくみが取れない、同時に辛い疲労感。生活習慣も気をつけているのに治まらない。その場合は内臓に疾患があるかもしれません。顏のむくみはあなたの体調を教えてくれます。心配な時は早めに受診しましょう。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ