門松の由来家康と関係があるってホント? なんで竹なの??

日本のお正月、家々の前には門松というものがありますよね。お正月らしい代表的なものの一つで、左右で一対になった飾り物です。

最近では、簡易的な門松は見かけますが、腰の高さ以上の立派な門松はなかなか見かけなくなってきましたね。日本の伝統で素晴らしいものなので、ぜひ受け継がれてほしいものです。

門松 古民家

「門松」という名前なのに目立って見えるのは「竹」ですよね。なんでなのでしょうか気になりますね。そして、門松の由来には徳川家康が関わっているとか…。

昔からあるものって意外と私たちが知らない事実が隠されているものです。今日はそんな門松の由来やアレコレを調べてみました。

今年のお正月には、門松を飾ってその意味を知り、また新しい気持ちで新年を迎えてみてはいかがですか?

関係があるってホント? 門松の由来と家康 松なのになんで竹なの??

スポンサード リンク

門松の由来

現在ではお正月の飾り物として門松は認識されていますが、もともとは歳神(としがみ)様の依り代(よりしろ)として家に神様を迎え入れるためのもの、という意味でした。

手作り門松を飾ろう♪

昔から木の枝先には神様が宿ると言われていたからです。門松には「松の木の枝先」を使用しますから、そこを目指して神様が地上に降り立つ目印になるというわけです。

一般的な門松と言えば、家の門や入口に左右一対に置くそぎ落とされた竹、松と梅の枝の飾りを荒縄でしっかりと結んだ飾り物です。

この松竹梅が門松として用いるようになったのは、室町の時代からだと伝わっています。それは「松は千歳を契り、竹は万代を契る」という言い伝えがあり、依り代が永久に続くことを願って作られました。

また、竹は節の部分をそぎ落としているのですが、その切り口の様子が「笑った口」に見えることから、笑う門には福来るという縁起をかついでいるんです。

スポンサードリンク

なんで松なのに竹??

門松には松という字が入っているのに、メインで目立つのはですよね。ですが、もともとは松の木の枝を飾って神様を迎えていたんです。

それは昔から松には「祀る(まつる)」という意味があり、神様が宿ると信じられていました。正月は歳神様を迎え入れるため、松を使って飾りを作り、家の前に置いておいたのが門松の始まりです。

縁起のいい竹や梅、他の飾りが付き、門松が大きくなったのは鎌倉時代以降のこと。

竹

地方によって松以外にも栃・杉・葛・椿などを飾って新年を迎えるところがあります。門松の文化も関東と関西では違うそうです。

どちらも、やはり3本の竹がメインで目立つのは変わりないですが、関東では竹の周りには短い若松を藁で巻くシンプルタイプが多いですね。

関西では前面に紅白の葉牡丹と後方に長い若松を藁で巻く少し派手な外見の門松になります。葉牡丹は江戸時代から門松を飾っています。お目出度い色の葉を楽しむ元祖観葉植物。

寒冷地では凍る心配があるので、主に西日本の太平洋側で使われます。お雛様の飾り方に準じて、向かって右は赤(めびな)・左は白(おびな)で配置することが多いようです。

門松と家康の関係

門松と家康には深い関係があったことはご存知ですか? 実は私も知りませんでしたが、門松の竹の先が家康と深い関係があったとされる部分なのです。

門松の由来で、竹の切り口の話をしましたが、これにはもう一つ由来が存在します。門松には竹の切り口の違いで分けると、真横に切り込んだ寸胴と、斜めに切り込んだそぎの2種類があります。

門松

この「そぎ」こそ徳川家康が始めたもの、そぎの起源とされています。家康の唯一の負け戦で知られる「三方ヶ原の戦い」の最中、新年を迎えてた家康のもとに武田信玄から文が届きます。

その文に「松枯れて竹たぐひなきあしたかな」と書かれていました。内容はというと、松は家康(松平)の事で、これが滅んで竹(武田)が安泰だと…。

もちろん、家康は怒り心頭で「松枯れで武田首無きあしたかな」と先に送られてきた文を利用して信玄に返したそうです。これは、松は枯れずに武田の首は飛ぶという意味です。

それでも怒りは治まらず、近くにあった門松の竹を信玄に見立ててそぎ落とし、次は首を切るぞという念を込めたそうです。今でも関東は特におせちやお供え餅など徳川家の風習が根強く残っています。

お正月に欠かせないもう一つの由来はこちら!
しめ縄の意味と由来♪日本一の注連縄はココにあるよ!!

対戦相手武田信玄の本拠地、山梨県の門松。そぎが主流、寸胴は少数派のようです。山梨県人心が広いですね。東京も日本橋や神田は寸胴が多数派。銀座のシンボル歌舞伎座も寸胴の門松を飾ります。

そぎの門松は武家でのスタイル、庶民は寸胴を飾ることが多かったのかもしれないですね。いずれにしても職人さんの業が良い年を予感させます。

門松の飾り方や設置期間

一般的な門松の飾り付けで用いられるのは、7対5対3という比率です。これは2で割り切れない縁起物だからなんです。3本(5本)の竹の裾を若松で囲み、荒縄で三か所を巻きます。

これも7対5対3の比率で節目を見せて結ぶのが正式な形です。門松は一対になりますから、左右の門松で2番目に高い竹は外側にくるように飾ります。

最近ではアレンジされてる門松が多く、彩りも華やかで豪華なものになってきています。設置開始は、正月事始めの12月13日(松迎え)以降ならいつでも設置可能です。

しかし、12月29日は二重苦・苦松として、12月31日に飾るのは一夜飾りとして嫌われていますので注意しましょう。

7日を松の内と言い、正月飾り全般はこの日までが飾り付けておく期間となります。そして、1月15日(小正月)には地域の神社などで正月飾りを焼いて処分する行事がありますので、そこで処分するのが一般的です。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ