消化の良い食べ物♪ 下痢の時にはこのメニュー!! 

消化のよい食べ物。下痢の時には必要なキーワード。食べないと回復しないとは思いつつ、食べたらまた、下痢の症状がぶり返すかなと不安になりますね。

イメージとしては日本人ならコレですの、おかゆと梅干だけど、それ以外にはナニがいいのかな。

スープ

下痢をした時に、大人にも子供にも対応可能で、家族で共有できる消化の良い食べ物が分かると、調理担当としては助かります。冷蔵庫の中にある食材や常備してある食材でできれば、もっといいのだけど。

消化の良い食べ物♪ 下痢の時にはこのメニュー!!お教えします。

スポンサード リンク

消化のよい食べ物♪下痢の場合の注意点!

下痢がひどく食欲のない時は、水分を補給するだけで大丈夫です。でも急性期を過ぎて少し落ち着いたら、消化の良い食べ物を摂取する事で下痢症状の改善にもつながります。

元気になったらうどんを手作り。やっぱり踏むんだ。

消化の良い食べ物はこのような条件があります。
◆消化の良い食べ物3つの条件
・胃への負担が少ない
・消化吸収を妨げる食物繊維が少ない
・胃に滞留する時間が短い

細かく刻んだもの・柔らかく煮込んだもの・油分が少ないもの、こんな条件を満たしたメニューになりますね。

下痢からの回復♪このメニューでスタート!

「刻んで・煮込んで・さっぱり系」3条件をクリアした消化の良いメニューをご紹介します。

◆まずはこれから
すりおろしリンゴ
・おかゆ
・煮込んだうどん
・にゅうめん

◆食欲が出てきたら
・にんじんやジャガイモを使った野菜スープ。
・豆腐と大根のお味噌汁
・卵雑炊
・バナナ

リンゴのペクチンは整腸作用がある優れもの。おかゆは水分が多いので、負担をかけずに消化できます。麺類はうどん・そうめんから始めましょう。

スープやお味噌汁は、柔らかい野菜が手軽に摂れるメニューです。作る方も難しくないのが助かります。

卵は冷蔵庫に必ずいる心強い食材です。おかゆに卵をいれた「卵がゆ」もいいですよ。バナナも腸内環境を整える働きがあります。

スポンサードリンク

子供の下痢♪ナニを食べさせればいいの?

子供の下痢も一番重要なのは、水分補給です。白湯やカフェインの少ないお茶、ベビー用イオン飲料で補給しましょう。果汁は整腸作用のあるリンゴを選びます。

母乳やミルクの調整が必要かどうかは、お医者さんの指示で行って下さい。
離乳食は一段階前に戻して再開します。大人と同じものを食べている年齢なら、上記の消化の良いメニューで対応しましょう。

下痢の時は食べ方も重要♪

消化の良い食べ物を選んで回復を期待しても、「食べ方」にも気をつけないと、逆戻りしてしまいます。

    ◆食べ方チエック項目

  • 沢山の食べ物を一度ににいれない
  • 少量ずつ数回に分けて食べる
  • よく噛んで食べる
  • 飲むのも食べるのもゆっくり

一日3回の食事の回数も分量も数回に分けましょう。

よく噛むと唾液の中の消化酵素で消化が助けられます。おかゆやくたくたに煮たうどんも、咀嚼を意識して食べて下さい。ゆっくり食べる事で消化器系への負担が減らせます。

風邪の方はこちらをチエック。一日も早い回復をお祈りします。
風邪を早く治す食べ物ってある?それならコレ!

消化の良い食べ物♪回復をお手伝いします!

少しずつ食べられるようになり、回復を実感できる時期も、いきなり普通食に切り替えるのは胃腸に負担がかかり下痢症状がぶり返します。

油断はしないでもう少し、消化の良い食べ物を続けましょう。メニューに追加できるものをご紹介します。

穀類【食パン・お麩・葛湯
おそば・中華めん・コーンフレークは、回復してから食べましょう。

いも類【ジャガイモ・長いも】
さつまいもは、食物繊維がたっぷりなのでNG。ジャガイモもフライドポテトは、おあずけ!! 油分がたっぷりなので、元気になってから食べましょう。

豆類【豆腐・みそ・高野豆腐】
納豆・おから・油揚げは、もう少し後にしましょう。お豆腐は欠かせないですね。お味噌汁の実にもいいですね。

高野豆腐は、出し汁のついたモノを選ぶと簡単に美味しくできます。消化のよい野菜を足せば、回復への一品となりますよ。「日本人でよかった」を実感する食べ物です。

野菜類【大根・にんじん・かぼちゃ・きゃべつ】
ごぼう・レンコン・きのこは食物繊維が、多く含まれるダイエット向き食べ物です。

消化の良い食べ物♪たんぱく質はコレを追加!

卵

回復するには徐々に体力をつけることも視野にいましょう。たんぱく質が必要ですね。

卵【半熟卵・茶わん蒸し】
固ゆで卵・生卵はNGです。卵かけご飯はもう少し待ちましょう。

ゆで卵だけ食べる、ダイエット法がありましたよね。腹持ちがイイということで、選ばれたようです。消化には時間がかかる食べ物です。

鍋の締めのおじやは卵とじがポイント。消化のコトも考えた優れものメニューです。

魚貝類【白身魚・はんぺん(白くてフワフワしたやつ)】
青魚・かまぼこ・いか・たこは消化のよい食べ物ではありません。

肉類【ささみ・豚ヒレ肉】
ベーコン・ソーセージ・脂身の多いお肉は、完治してから祝杯を挙げるまでお休みです。

ささみは高たんぱく低脂肪の、消化の良い食べ物、お肉部門第1位です。野菜スープや茶わん蒸しの具に使えます。

消化の悪い食べ物は、身体に悪いわけではありません。胃の中に滞留する時間が長く腹持ちがいい、下痢でやつれた身体には負担になる食べ物ですね。

「お腹がすいた」が実感できれば、完治もすぐそこ。辛い症状もありますが、消化の良い食べ物で、下痢からの一日も早い回復を願っています。お大事に。

スポンサード リンク

2 Responses to “消化の良い食べ物♪ 下痢の時にはこのメニュー!! ”

  1. 介護人おだ より:

    一昨日、冷えたせいか突然腹痛が起こり、下痢になりました。その日は何も食べずに白湯だけ。翌日は下痢が治まり、りんごが食べたくなって半分食べて夜には梅がゆを少し食べて寝ました。その次の日は、食べていないせいか身体に力が入らず、これではいけない!と思い、腹痛も治まっていたので、大好きな『さんまの味噌煮』を食べました。現在、お腹は痛くないのですが、このページを読んでいたら、青魚は消化が悪い!?…………….食べてしまいました。

    • mhasegawa より:

      記事をお読みいただきありがとうございました。
      体調はいかがですか? 白身魚と比較すると青魚はやはり消化に時間がかかるようです。
      その後体調の変化が無ければ大丈夫かと思います。
      また改善が見られない時は、病院での診察をお勧めします。
      お大事にどうぞ。

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ