風邪を一晩で治す! 寝る以外の方法はある?

最近朝と夜はだいぶ涼しくなってきましたね。でも日中はまだまだ暑い。こんな季節の変わり目によくかかってしまうのが、風邪ですよね。

病は気から!と、よく言いますが残念ながら気持ちだけでは治せません。明日は大事な仕事や約束があるのに…と思ったことありませんか?一晩で風邪を治すことができたらとても助かりますよね。

今日は風邪を一晩で治す! 煉る以外の方法はある?を紹介します。

スポンサード リンク

風邪を一晩で治すには?

風邪を一晩で治すために一番重要なことは、たくさん睡眠時間をとることです。風邪など病気にかかるということは体の体力がおち、抵抗する力が弱くなっているという証拠です。

たくさんの睡眠をとることで体力を回復させることができます。また食欲がないからといって、なにも食べないでいると体力がもどりません。

風邪

できれば消化が良いものを選びますが、ゼリーやくだものなんでもいいのでとにかく食べられるものを食べましょう。

体力が回復されれば自然に免疫力や抵抗力をあげることができます。そのため早く風邪を治すことができます。

寝るだけで風邪は治る?

でもただ眠ればいいということではありません。寒気がするということは体が熱を欲しているから、体を暖める必要があります。

もちろんお風呂に入って暖めることもできます。でも長いお風呂は湯冷めしてしまいます。長風呂には十分注意しましょう。

体を暖めるためには厚着をして外側から暖める。また生姜湯や葛根湯で体の内側から暖める、という方法も効果的と言われています。

また暖かくすることには他にも体にいるウイルスを、殺してくれるという役割もあるようです。

体を暖めることによってウイルスに抵抗してくれる、白血球という成分が血液の中で増え活発になります。

そのため暖かくしてたくさんの汗をかくことはとても重要なことです。汗をかいたら必ず水分補給をしましょう。特にスポーツドリンクは吸収がいいのでおすすめです。

熱がすでに上がりきっている場合は?

この場合体を暖めることは逆効果になります。熱さまシートなどで動脈が通っている部分、例えば首ワキ足の付け根などを冷やしましょう。そしてしっかり水分補給をしましょう。

スポンサードリンク

風邪を治す食材ってなに?

免疫力を高めるためにはビタミンA・Cを含む食べ物を、食べると効果があるといわれています。たくさんありますがブロッコリーやピーマン・パセリ・レモン・キウイ・イチゴなどはその一例です。

またとても悪化している風邪の場合には、プラスして豚肉などに含まれているビタミンB1を一緒にとるとさらに効果的です。

注意することは23時間ですぐに体の外に、排出されてしまうということです。3食しっかりビタミンを含んだ食事をしましょう。

落ちてしまった体力を回復させるためには、炭水化物や糖質が含まれている食べ物がとても効果的であるといわれています。

糖質や炭水化物はすぐエネルギーに変わるからです。

身体を暖めて風邪を治す食材は?

体を暖めるには卵・ニラ・ネギ・生姜が有効です。卵にはたんぱく質やビタミンが多く含まれてます。もちろんそのまま食べてもいいですが卵酒は、体を暖めてくれるためおすすめです。

ただしすでに熱が上がりきっている場合は、逆効果になるので注意しましょう。

またニラには血液の循環を良くする働きがあるため、体を暖めることができるようです。ネギには発汗を促してくれる作用があるといわれています。雑炊やおかゆはおすすめです。

生姜にも体を暖める効果があります。また殺菌作用や炎症を抑える効果もあるため、風邪を早く治すのに効果的な食べ物です。

梅を真っ黒になるまで丸焼きにして、お湯やお茶に溶かして飲むのもおすすめです。体の芯からポカポカと暖めてくれます。梅には解熱作用や咳止めの効果もあるようです。

にんにく

大根はのどの痛みや咳に効果的です。ニンニクに含まれているアリシンには、とてもつよい殺菌力があるといわれています。

体内で菌を殺す手助けをしてくれます。

風邪対策の心強い味方、「ネギ」の情報はこちらをチエック!!
風邪を引いたらネギを首に巻く♪効果はホントにあるの?
 

身体を冷やす食材には注意!!

注意したいのは体を冷やす食べ物です。トマト・ホウレン草・きゅうり・そば・すいか・貝類など意外とたくさんあります。

上がりきった熱を冷ますには効果的ですが、悪寒がでる時など体を暖める必要があるときには逆効果になってしまうことがあります。

また竹の子もち米大量のみかんを食べることは、咳や喘息を悪化させてしまう原因になります。これらの食べ物にも注意しましょう。

妊婦中の風邪を治す方法

妊婦さんは他の人と比べて風邪をひきやすいようです。もちろん病院で妊娠中でも飲める薬を、処方してもらうこともできます。

でもできることなら「薬は飲まないで治したい!」と、思っている方が大半でしょう。妊娠中に風邪を引きやすくなる原因は、抵抗力や免疫力が下がっているからです。

薬を飲まずに風邪を治すにはとにかく体力を回復し、抵抗力や免疫力を上げる必要があります。

そのためにはやはり睡眠が大切です。体を良く暖め十分な睡眠を取りましょう。もちろん日頃からの予防はとても大切です。

うがいや手洗い十分な睡眠バランスのよい食事を心がけ、風邪にも負けない体を作りましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ