二日酔いを薬で何とかしたい! おすすめはどこで買える??

年末に近づくと飲み会が開かれることが多くなってきますね。お酒を飲むと、つら~い二日酔いになってしまうって人いますよね?

二日酔いの症状は、十人十色。頭が痛い、吐き気がする、喉が渇く…。つら~いことは確かです。

頭痛ビジネスマン

せっかく楽しい飲み会だったのに、次の日は辛く苦しい二日酔いになってしまっては、憂鬱になってしまいますよね。薬で症状が改善できるなら、飲んですぐに治したいものです。

でも、薬は市販のもの? 二日酔いは病院で薬をもらうの? 今日はそんな二日酔いの薬について調べてみました。

おすすめの薬は? 二日酔い を何とかしたいけれどどれがいいの?? コンビニに薬局に行きます??

スポンサード リンク

コンビニにある二日酔いの薬は?

飲み会の前には、まずコンビニへ…という人が増えています。最近では、コンビニでさまざまな二日酔い対策のドリンクやサプリメントが売られていますよね。

コンビニで買える二日酔いの薬。まずはおすすめ3点をご紹介します。

丁寧な下処理がしじみを美味しくします♪

◆ヘパリーゼ
存知ですか? CMでお馴染み「飲む人に効く!」の商品。ヘパリーゼとは、肝臓水解物という主成分が入っています。

肝臓の働きを活発にし、滋養強壮の効果もあるものです。二日酔いの原因でもあるアセドアルデヒドの分解を早めてくれるんですよ。

肝臓の働きにはアミノ酸が必須ですが、ヘパリーゼには18種類という多くのアミノ酸が含まれています。お酒を飲む前にヘパリーゼを飲めば、悪酔い対策にもなります。

飲みやすいパイン風味の新ヘパリーゼドリンクもあります。50mlの飲みきりタイプ、店頭でクイッとできるのは心強い。

◆ウコンの力
こちらもCMでお馴染み。アルコールの分解を促進して、体から失われた栄養素を補うというものです。

事前に飲んでも有効ですが、二日酔いになってしまった次の日にも効果が期待できます。体に残ったアルコールを早く分解した方が早く二日酔いから脱出できますからね。

◆ノ・ミカタ
もっと早く二日酔いを治したい人におすすめです。呑兵衛の中で人気急上昇中。しじみに含まれるアミノ酸アラニンを主成分として、各種ビタミンが入っています。

アスパラギン酸でアセドアルデヒドを素早く体内から排出する効果があるようです。

スポンサードリンク

薬局にある二日酔いの薬

薬局で買える二日酔い対策の薬おすすめ3点をご紹介。薬を飲まずに済むのが一番なんですけどね。やってしまっコトは仕方がない。

  • アルケシクール
  • 聞いたことがないって人も多いと思いますが、これはハイチオールCと同じものなんです。アルコールの分解を早めて、二日酔い症状を改善してくれる医薬品です。

    特にL-システインという成分が、肝解毒の効果が期待できます。そして女性に嬉しい効果として、シミやそばかすの改善などが上げられます。

    みつからなければハイチオールCでも代用可能。箱に書いてある、効果・効能を見て下さい。「二日酔い」としっかり明記してあります。

    肌のお手入れと二日酔いからの復活、一石二鳥の神的存在!

薬 女性

  • 五苓散(ごれいさん)
  • 漢方薬も即効性が期待できておすすめです。良くする働きをする漢方です。体内の余分な水分を排出するので、吐き気やむくみ、めまいの改善にもつながります。

  • ペアA錠
  • こちらも人気です。先ほど紹介したL-システインが含まれていて、グルクロノラクトンという肝解毒効果を高めてくれる成分も入っています。

    大人ニキビ対策の薬として販売されていますが、肝臓の働きを助けるグルクロノラクトンに注目が集まっています。アセロラ風味・約12㎉(この低さ大事)のドリンクタイプもありますよ。

    まだ体内に残ってるアルコールを抱合して尿と一緒に排出を促します。

薬は必ず添付の説明書を熟読してから飲んで下さい。わからないことは専門家に聞きましょう。

二日酔いで医者に行ったらどうなる?

とても辛い二日酔い、自分では苦しくてどうしようもない状態。病院に行ってもいいのでしょうか? 悩むところですよね。でも、大丈夫です。病院ではきちんと診察してくれます。

できるコトはなんでもやる? ツボに味噌汁…お大事に♪
二日酔いの治し方 吐き気に効くツボはここ!! 味噌汁も効くよ

「いつもなら昼前には治っているのに」などいつもと違い、辛い症状が続くなら病院に行くことをおすすめします。特に三日酔いなんて言葉があるように、三日後まで二日酔い症状が続くようでした要注意。

アルコールによって胃腸が傷ついている恐れがあり、たった一晩で胃潰瘍になってしまうときがあります。

飲んだ次の日は喉が異常に乾くものです。病院で点滴してもらうことによって、不足している栄養素を素早く補給して体内のアルコール濃度も抑えてくれます。

体内へ直接的に水分を取り込むので、にも水分補給することが可能なんです。なので、吐き気や頭痛も素早く抑えることができます。

点滴

ですが、病院は病気の方が来ている場所です。出来れば自分で二日酔い対策、もしくはあまり飲みすぎないように心掛けましょう。

薬ではありませんが、私の友人の看護師がおすすめするのはOS-1です。経口補水液というもので、スポーツドリンクと点滴の間のような飲み物だそうです。熱中症対策でも活躍していますね。

二日酔いには水分を取るべきなのですが、ただの水よりスポーツドリンク、スポーツドリンクよりOS-1なんだとか…。

そもそも薬で予防できる?

二日酔いには予防も対策もできるんです。起きるのも辛い二日酔いになってからでは遅いですからね。

お酒を飲む前に薬を飲むなら、アルコールそのものを分解するタイプではなく、二日酔いの原因アセトアルデヒドを分解するタイプの薬を選ぶことがポイント。

飲んでいる最中にアルコールの分解が促されると高揚感が得られず、いつもよりお酒の量が増えてしまう恐れがあるので注意は必要ですよ。予防薬としておすすめできるのは、ヘパリーゼ・ノ・ミカタとハイチオールCです。

お酒が弱い人、断れずにいっぱい飲んでしまう人、二日酔いに苦しむ前に予防と対策をして楽しい飲み会にしてくださいね。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ