赤ちゃんがダニに刺された!! 症状は?対策は?

プクプクした腕、思わずさわっちゃう赤ちゃんの肌。柔らかくて、気持ちイイです。でも秘かに狙われています。だって美味しそう。柔らかくてすべてが新しい赤ちゃん。

夏

何かが忍び寄る気配がします。はっきりと目にみえればいいのですが、足音もなく羽音もなく近づいて、気が付いたら赤ちゃんの肌が大変なことになっています。

この症状はダニに刺されたから? 赤ちゃんを守る対策ダニを知って確実な対策で重症化を防ごう!!

スポンサード リンク

敵を知る所から始めましょう♪

ダニ。名前は良く耳にします。ご尊顔を排する事はなかなかありません。人を刺すダニ、刺さないダニも存在します。まず代表的な、4種類のダニをご紹介します。

柴犬の赤ちゃん、初めての健康診断の巻。

ヒョウダニ(チりタニ)0.4㎜ コナダニ0.4㎜ ツメダニ1.0㎜ イエダニ1.0㎜
1年中生息 アレルギーの原因・高温多湿が好き・人は刺さない 梅雨時、秋口に増殖・単独では人は刺さない 梅雨時、秋口に増殖・人の体液を吸います 5〜9月に発生・人を吸血
好物はほこり、フケなど チョコレート・チーズが好きなグルメ 食品、畳に発生 ほかのダニや小昆虫がスキ ネズミ 哺乳類の血液が大好き
カーペット、などが住まい 食品、畳に住んでいます カーペット、に住んでます ネズミの体、巣などに住んでます

人を刺すツメダニ。ヒョウダニ、コナダニをエサにして生息。ダニの上にダニという、あまり目にしたくない状況ですね。

イエダニは、住んでいたネズミの死亡後移動中に人を刺します。両方とも、暑くなり始めから残暑まで、発生のピークが続きます。汗をかく時期に、ダニたちはせっせと活動しています。

ダニに刺された? 赤ちゃんの肌がタイヘン!?

赤ちゃんの肌に、赤いポツポツや湿疹状の赤みがあるとビックリしますね。原因を考えると虫それもダニ?と、思う事多いですよね。

ダニに刺された、一般的な症状をまず確認しておきましょう。

  • 時期は基本6月~9月が目安。
  • 太ももやお腹などの、柔らかい部分を刺されている。(肌を露出していない所)
  • 夜間就寝時に刺されやすい。
  • 刺されてから、8~24時間で症状が出る。
  • 刺されると、ブツブツとした赤い発疹。
  • かゆみ、腫れは一週間位続く。

スポンサードリンク


ツメダニは名前の通り、ツメを人の皮膚に刺します。イエダニは人の血を吸った後、体が赤黒い丸みのあるふくらみになるのが特徴。

赤ちゃんは肌が柔らかいのと、虫に対して免疫力が少ないので、腫れや赤みがひどくなりがち。皮膚の赤みや湿疹が、ヒョウダニに反応してアレルギーを起こしている場合もあります。

夜間就寝中に刺される事が多く、体長は1.0mm以下なので、実際に刺されている所を目撃するのはほぼ不可能です。

ダニなら他の家族にも症状が、出るのではと思いますが、ダニも柔らかい肌が大好き。他は誰も症状が出ていないのに、赤ちゃん一人が集中攻撃を受けていても不思議ではありません。

一番気をつけたいのはココ!!

現行犯逮捕も、捕えて自白も難しいダニ。犯人探しよりも、赤ちゃんの皮膚を優先です。赤ちゃんが虫にさされる。大人と違って症状が悪くなりがち。

赤い腫れの面積が広がって、熱を持つことも珍しくありません。刺された中心部に、硬いしこりが出来る事も。そして発見水ぶくれ。刺された虫の刺激に反応しています。

この水ぶくれを、掻きこわして悪化させない事が重要になります。

つぶれた水ぶくれに、黄色ブドウ球菌が付いて、とびひを起こします。本名は伝染性膿痂疹。文字通り、恐ろしい勢いで伝染します。

黄色ブドウ球菌は、鼻の穴にもフツーにいるのですが、赤ちゃんの皮膚が感染すると大変です。特に元々アトピー性皮膚炎のある時は、皮膚のバリア機能も、低下しているので重症化しがち。

ランドリー

菌をやっつけるのは抗生物質を使います。菌の繁殖しやすい夏は特に要注意。兄弟がいる場合は簡単にうつってしまいます。

早めに皮膚科を受診する事をお勧めします。とりあえず救急絆創膏で封印は絶対NG。絆創膏の下で、菌が勢いをつけて増殖します。

こちらも予想外のしぶとさで生息しています。「蚊」情報はこちら!
蚊の寿命! 家の中の中ではどれだけ生きる?

今日どうする?できる事からはじめよう♪

ダニの退治も重要ですが、とにかく赤ちゃんを虫から守りましょう。フツーに蚊に刺されただけでも、恐いとびひの原因、水ぶくれができます。お出かけの時は、虫除けパッチ・スプレーを活用しましょう。

パッチを貼った時は口に入れないよう気をつけて下さい。後はシーツを取り換えましょう。夏の間は毎日シーツ交換です。

布団は乾燥させることが大切です。ベビー布団を用意する時に、予備を用意すれば交代で使うこともできます。

大人用の布団に寝かせて、ベビー布団を十分に乾燥させる時間を作る作戦も有効です。

ダニ対策は、赤ちゃんを意識した対策グッズもたくさんでています。布団に発生するダニは直接人を刺しません。情報が多すぎて、あれもこれもと迷いますね。

ドラッグストアで手に入る物もあります。赤ちゃんの肌を守る事を最優先にして、ダニの絶滅を目指しましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ