入学祝いのお返しの時期っていつ? お礼状も忘れずに♪

お礼の手紙、しかも手書きで。エ—ムリムリムリ!? でも今回は入学祝のお返し。主役は子供。だからといって、本人がすすんでやるなんてあり得ない。

少年

親の指導が必要になるわね。そして、お返しはいつ送ればいいのか。お礼状も一緒に送って間に合うのかしら?

お礼状の文章なんて出だしも浮かばない。連絡も最近はスタンプで済ませているし。教育的指導が必要なのはの方だわ。

お礼状も忘れずに送りたい。入学祝いのお返しの時期っていつがいいの? 難しく考えないで感謝の気持ちを伝えよう。

スポンサード リンク

お返しをするならこの時期に♪

お返しをする時期は、入学式の終わった後4月上旬までにするのが基本です。基本はこれですけど、ギフト専門のサイトでは、一番最初の注文が1月10日。一番最後の注文が8月23日。

日本の学校なら入学式は普通4月。でも最近お盆にランドセルを売り出す販売店が増えているそうです。

春は忙しい。お花見もしなきゃね。

夏休みに帰省した時に、子供本人も一緒にランドセルを選ぶ機会が増えているようです。お祝いも早め、お返しも早めになるのでしょうか。

入学式直後のお休みの日に、子供本人と一緒にお礼状とお返しを持って各家庭を直接訪問。

これが地域ではフツーの入学祝のお返しの方法、なんて噂も。先輩ママに確認するなどの情報集めが、お返し行動の第一歩ですね。

お返しをするかしないか 迷ったら♪

一般的に必要がないと言われている入学祝いのお返し。お住まいの地域ではいかがですか? 頂いた金額や、先方とのお付き合いの度合いなどが、お返しをする重要ポイントになっていますよね。

お返しがこなくてモンモンとする人。カタログギフトのお返しを受取拒否する人。入学祝いを贈る方も、お返しはあってもなくても、マナー違反ではない事を覚えておくのが、正しい礼儀作法となるのでしょうか?

冠婚葬祭にトラブルは付き物とはいえ、子供のお祝いに揉め事は持込みたくないですからね。

スポンサードリンク

お返しの時期が入学前なら♪

お祝いを頂いた時、お礼は一週間以内に伝えます。すぐに電話でもいいのですが、お礼状をだすことでより感謝が伝わります。

ランドセルの購入時期も年々早まる傾向にあります。こんな時もお礼状をとりあえず出しておくと、好感度UPにつながります。

男の子女の子

会う機会の少ない遠方の身内に、お正月にお祝いを頂く場合もありますね。このような場合はまずリストを作ります。そして入学先が決まっている場合は、順次お返しをしていけば、送り忘れを防ぐことができます。

お返しの依頼が年明け早々から始まるのは、このようなケースに対応をしているのでしょうね。お返しの時期は、さほど神経質にならなくてもいいようです。

送り忘れるより、早めの対応がベストです。

お返しの時期が入学後なら♪

入学式が済んだ後に送る、親しい人への報告。実態はこんな割合です。

第1位 何もしない 28%
第2位 写真つきメール 22%
第2位 子供からの電話 22%

第4位 写真付き葉書や年賀状 13%
第5位 SNS・ブログ8%
第6位 子供からのお礼状 4%
第7位 会った時に報告 3%

安心しました? マナーのサイトではお礼状が必須アイテムとなっていますが、やはりハードルは高いですよね。

しきたりは受け継がれていくものですが、方法や手段の変化はあって当然。パソコンを操るシニアも増えています。

入学式の日に撮った写真を、メールに添付して送付。これなら、当日でもできますよね。無事に済んだかを、気にしている遠方の祖父母には、一番嬉しいお礼状です。

メールで失礼とは思いましたが、入学祝いのお礼を申し上げます。などと文章を添えて、少しフォーマル感のあるメールにすれば、とりあえずの報告も受けてとめてもらえます。

入学後にお礼状を出すなら、遅くても入学後の一週間以内が目安です。美文字・美文章でなくても、お礼の気持ちが文字になる事で、感謝が先方の心に必ず届くこと間違いなし。

せっかく選んだお返しも、品物だけが届くのでは、受け取る方もちょっと淋しいですか。モノとモノのやり取りではあるのですが、ここに、お互いの気持ちを伝える事がなくては、お作法にかなっていません。

中学生以上なら、本人が書く事で、感謝の気持ちがより伝わります。小学生であれば、親子で手紙を書く。親しい間柄なら、子供の描いた絵を付けるのも喜ばれますね。

お礼の言葉と共に、これからの抱負や希望を書く、前向きな内容で作成。春らしい雰囲気の葉書を使うなどすると、もらった方も心なごみますね。

目上の人には葉書はNG、縦書きなどなど堅苦しいお作法が多いのがお礼状。今時、手書きのお手紙をもらうだけでも感激。好感度UPのためにもぜひ挑戦して下さい。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ