卒園式の親の服装はどうする? シンプルなのはコレ!

卒園式の日が近づいてきました。早いものです。保育園も幼稚園も、入園当時の姿を思い浮かべると感慨無量です。待機児童の経験も幼稚園選びの迷える日々も、この日を迎えるための、与えられたハードルだったのですね。

ママと僕

などと感涙にむせぶ前に現実に戻りましょう。当日のママとパパ、何を着ます? 子育て中は、GパンとTシャツ・カットソーが制服。

七五三も子供の写真だけで、済ませてしまったからスーツを着たの、前回何時だったかも忘れてる。

心掛けたいシンプル感が大事な親の服装。卒園式 はお別れの大切な時間。フォーマルもプラスして。

スポンサード リンク

卒園式にドレスコードはあるの?

卒園式は子供の成長をお祝いする、大切な記念の日です。本人はあまり意識のなかった入園式と比べてみると…

今回の主役は子供たち。一番のポイントはココ。

付き添いのママだけが、目立ってしまうことは絶対にNG。控えめなフォーマル感を心がけて下さい。

犬にも幼稚園があります。

レベルとしては、略礼装から略フォーマルの昼の装いですね。色は黒や濃紺が間違いなし。パステル系は、チョット浮くのが現状です。形はスーツやワンピースが一般的です。

ワンピースにも、ジャケットを着用しましょう。別れの儀式でもある卒園式。厳粛さも大切です。3月の後半は天候もまだ不安定な時です。寒さ対策のパンツスーツも選択肢の一つです。

パパはナニを着ればいいの?

パパはビジネスで着用している、ダークスーツで大丈夫。ブラックスーツは年齢を重ねた方向きなので、若いパパ達はいつものスーツでビシッと決めましょう。

細かい決まり事を気にして、どうしようか決まらない時は先輩ママに聞きましょう。園から「黒スーツ」を、指定をされている地域もあります。

スポンサードリンク

購入する時はココにも注意!!

着回しを考えて色を選びましょう。色は「黒・紺・濃いめのグレー」が無難カラー。濃いめのグレーは、組み合わせで入学式にも着用可能です。

デザインはテーラードやノーカラー、どちらでもかまいません。スカートはフレアータイプが動きやすくて、エレガントとの一石二鳥ですね。

ドレス色々

だいたいのイメージを決めて、ネットで探すのもいいですね。ただしここで気をつけたいのは素材

ウールやベルベットは、冬の素材ですが卒園式には着用可です。入学式には使えません。通年素材の、ツイード・シャンタン・ジャガードなら両方大丈夫です。

部分使いなら、サテン・オーガンジーも使用可能。ますます目移りしそうですね。

ブラックフォーマルで気を付けたいコト

迷う時間なくブラックフォーマルを着用する時は、小物使いで華やかさをプラスしてください。

の装いになるのはNGです。

少しおせっかいな話ですが、このような節目の写真は後々見る機会が多いものです。ずーっと先かもしれませんが、子どもの披露宴でスライドとしてお披露目する、なんてことが無いとはかぎりません。

記録媒体が発達浸透したおかげで、こんな心配もでてきます。子どもにとっては、最初で最後の卒園式。パパもママも、お洒落をしてハレの日を迎えましょう。

バッグと靴 小物もチェックを忘れずに

バッグは革の無地。色は黒・紺・ベージュがおすすめです。小さ目サイズが正式ですが、卒園式は意外と荷物が多いものです。

A4サイズが入る30㎝位のものを選ぶか、フォーマル用サブバッグを用意するか、慌てなくていいように準備しましょう。出かける前にあたふたと、紙袋を探すのは避けましょうね。

靴は5㎝ヒールのパンプス。リボン・花のワンポイントは許されますが、スパンコールはNGですからご注意を。

エナメル・ピンヒールも卒園式には、相応しくありません。

ストッキングは、肌色で足元をスッキリ見せます。寒くても、タイツは履かないでください。気候によってはコートが、必要な場合もあります。

冬用のウールでも、春先用のトレンチでも、どちらも着用可能です。会場に入る前には必ず脱いで下さいね。膝の上におけば、ひざ掛け代わりにもなります。当日のお天気チェックも、忘れずにしてください。

アクセサリーは真珠のネックレスが基本です。二連・ロングもすてきです。あまり華美なものはマナー違反となります。卒園式にはシンプルで品のいいものが似合いますね。

ネクタイ

パパの靴は黒の革靴。ネクタイは色柄ものでも大丈夫です。ホワイト系のシャツで、Vゾーンをベストコーディネートしてパパの株価アップを目指しましょう。仕事に子育てに大活躍ですね。

入学式はコサージュで華やかに。こちらの記事を参考にして下さい。
入学式のコサージュの付け方と色の合わせ方♪ お得なコサージュも!

ムリなく楽しい卒園式を♪

別れの儀式のですから、厳かな雰囲気は大切です。でもこの年齢の子供を持つママは、まだまだ子育て真っ最中。妊婦さんの場合も多々ありますね。

ヒールの靴を無理して履くことはありません。下の子供を抱っこするママなら、アクセサリーは危険ですから付けるのは止めましょう。

マナーでガチガチのママよりも、笑顔で成長を見守るママが子供も大好きですよ。パパもママも、絶対忘れちゃいけないのはハンカチとティッシュ。感激の涙は止められません。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ