バレンタインのプレゼント♪ 大学生の彼氏には何が良い?

大学生とバレンタイン。この組み合わせ、意外と話題になりにくいですか? 手作りチョコの話題は、もう少し年下の女子が主役。

大学生は忙しい。学業もサークルもバイトも予定が満載。その合間をぬって、遊びにも行きたいから恋愛の時間は後回し?

ゆうぐれ

でも時間がないからこそ、バレンタインを大切にしませんか。男子もきっと、待っています。友チョコとは別に用意したチョコレートを。

彼氏は絶対待ってます! 大学生のバレンタインだってプレゼント は重要です。イベントを楽しもう!?

スポンサード リンク

大学生とバレンタインの関係は?

バレンタイン? 子供のすることでしょ。などと思わないでくださいね。スイーツのお店の力の入ったディスプレイ。素通りするのも淋しいですよね。

多忙な大学生達「2月14日」はどうしているのか? 東大生のその日をまずご紹介します。バレンタインをどう思っているか? 質問してみました。

そんなに見つめられたら照れますワン♪

イベントとして楽しいが7割。こんなものは無くなってしまえ! と思うのは1割程度。義理チョコが必要派は3割位。半数は「どっちでも…」と、思っているようです。一番気になる男子に告白をした女子の割合は3割弱。

恋愛成就を目的とする、バレンタインは高校生がトップ。大学生は、義理チョコと友チョコに力が入ると言われます。

愛であふれる!リア充♪逆バレンタイン?

統計では東大生も告白のツールとして、バレンタインはしっかり活用されています。

統計の中には、「これから告白します」と回答した男子がいました。最近登場した逆チョコです。

バレンタインを利用して、男子が女子にチョコレートを渡し告白をするようです。日本では、女子から男子への愛の告白をする日と定着しています。

でも逆告白は、本来のバレンタインのカタチ。逆チョコを手作りする、パティシエ男子もいるようです。進路変更のきっかけになる位、夢中になる男子いますよね。

スポンサードリンク


高校生バレンタイン情報はこちらをチエック!
高校生のバレンタインのプレゼント♪ 彼氏の好みと予算は?

大学生男子がバレンタインに欲しいものは?

女子が男子に渡す、予算はチョコと合わせて8000円位と考えています。男子が一番欲しいものはズバリ「チョコレート」です。

モノは無くてもいいから、チョコレートがあれば嬉しい男子が多数派です。それが手作りであれば、テンションが上がります。

心を込めて作った、手作りが「本命チョコ」であれば言う事無し。

渡してくれる時の笑顔が、一番嬉しかったという男子の声があります。女子の皆さん、この意見を是非参考にして下さい。

やっぱり形あるものを女子は渡したい?

贈り物好き女子としては、食べて消えるモノだけではやっぱり淋しいのが本音。彼の事を思いながら、チョコを作る時間も心はときめきます。

プラスアルファーの、プレゼント探しは何にしようか迷いながらお店を巡る時間も、女子にとっての至福の一時となります。

ハート少年

身に着けていつも持ち歩くモノを選ぶ女子が多数派。季節的にまず、思い浮かぶのはマフラー。次に文具。

値の張る物よりセンスの良い小物が喜ばれます。スマホがタッチできる手袋。美文字気分が味わえるボールペン。花粉症なら保湿系のティッシュ。重くない気遣いが男子に喜ばれます。事前のリサーチも必要ですね。

チョコは気持ちを伝える万能選手♪

バイトに励む男子。就活中の男子。女子だって同じように忙しいけれど、「風邪ひいてませんか?」の一言を添えたチョコレートは、自分の気持ちをクールダウンする、きっかけにもなりそうです。

すまほはーと

家族への感謝チョコ・友チョコ・義理チョコを準備したら、自分にも贈りましょう。ご褒美・癒し・慰め・残念、どんな名前が付いてもチョコレートはあなたを、優しく甘く、少しほろ苦く励ましてくれるはずです。

贈る女子♪もらう男子♪それぞれの思いは?

バレンタインに女子からの告白。清水の舞台から、バンジージャンプする位の一大決心を胸に秘めている場合もあります。

受け取る男子も自分からの、アピールは出来ないのが本音。会話の中でさりげなく、バレンタインの話がでたら男子も告白を待っていると思って欲しいようです。

2月14日の当日のデートは、女子に決めてほしい。これも男子の本音です。

ふだんは料理をしないような女子が、告白のために作ったチョコレート。頑張って作ったチョコを、帰り際に渡す印象に残るバレンタインのデート。こんな演出もこの日なら許されます。

照れてしまうけれど、言葉も一緒に伝えて下さいね。告白は「あなたの声」で聞きたい。草食系かもしれませんが、一番のバレンタインギフト間違いなしです。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ