角栓とは?鼻の角栓の取り方はコレ!

小鼻にギッシリ詰まった角栓。取りたくなりますよね。せっかくのメイクが、台無しになる可能性もある角栓。でもその角栓、取り方を間違えるとお肌を傷つけてしまい取り返しのつかないことに、なってしまうかも?!

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s

出来てしまった角栓を取るときにムリは禁物です。お肌のケアもしながらの正しいお手入れを知って、角栓の気にならないツルツルな鼻を手に入れましょう。角栓の気になるあなたにご紹介します。

角栓とは?鼻の角栓の取り方はコレ!ぜひ一度試してみてくださいね♪

スポンサード リンク

角栓とは?

鏡を見るたび気になってしまう、小鼻の白いブツブツ。毛穴にビッシリ詰まった、ブツブツの正体は「角栓」角栓とは、皮脂と角質が混ざり合って出来たものです。

でもこの角栓、いつも悩まされている人もいれば角栓のないツルツル小鼻の人も。「世の中不公平!」と、思っているあなた。角栓が出来やすい人には、原因があるのです。

ゴッソリとれる優れもの♪ ぜひ参考にして下さい。

角栓の原因「皮脂」の多いオイリー肌の人に、角栓ができやすい人が多いのですが、実は皮脂よりも怖いのが「油脂」。

主な原因は肌に残ったファンデーション。

この油脂が皮脂や角質と結合することで酸化し、バターのような角栓が出来上がるのです。メイクを必ず落とすことが、角栓を予防するのに、大切なポイントなのです。

さらに角栓を詰まりにくくするには毛穴を開くこと。入浴はシャワーで済まさずお湯につかって、軽く汗をかくことで優しく毛穴を開かせます。

お湯につかるのが難しい場合はスチーマーや、蒸しタオルを活用しましょう。毛穴が開くことで入浴後の化粧水や乳液が肌の奥まで浸透し、角栓の出来にくい健康なお肌に近づけますよ♪

スポンサードリンク

鼻の角栓の取り方

出来てしまった角栓を取るなら、お肌にとってどの方法がベストでしょうか?誰もが一度はやったことがある3つの方法をご紹介します。

はまる人続出の毛穴パック

小鼻の角栓ケアの草分け的存在毛穴パック。パック後はシートにビッシリ付いた角栓が目に見えるので、はまってしまう人が多い方法です。

メリットは、使い方が簡単でかなりの量の角栓が一度に取れることです。デメリットは、使用後にしっかり保湿しないとお肌の乾燥が進みます。

剥がす時の刺激が強いので、乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要。

道具がカギのピンセット

毛穴からひょっこり顔を出した角栓。ピンセットで引き抜いてしまう人も多いのでは?

メリットは角栓だけを取り除くことができること。デメリットは、太いピンセットを使うと周囲の皮膚まで傷つけてしまう恐れがあることです。

使うなら眉毛のお手入れ用など先端の細いものを選びましょう。

その場で実行!指で押し出す

鏡を見て、取れそうな角栓を見つけると、つい指で押し出してしまう…。もちろんメリットは道具要らず。デメリットは爪で押し出すと、肌を傷つけてしまい炎症を起こす原因になること。

指で押し出す場合は清潔な指の腹を使って、優しく軽く「ニュルッ」と。どの方法も角栓を取った後のケアが重要です。

しっかり保湿し、お肌を優しくケアしてあげましょう。

オロナインパックってナニ?!

ひどい角栓にお悩みの方なら、一度は聞いたことがあるかも知れませんね。オロナインパックとは、昔からお馴染みのオロナインH軟膏と毛穴パックを組み合わせて角栓を取る方法です。やり方は簡単♪

◆角栓取りオロナインパック
①まずぬるま湯で洗顔を行います。毛穴パックを貼る部分にオロナインH軟膏を、たっぷり塗って10分待ちます。

②その後再び洗顔し、オロナインが 肌に残らないようによくすすぎます。

③パックする部分をしっかり濡らし、使用方法通りパックを貼ります。

パックを剥がすときはゆっくり丁寧に剥がします。

4c809bee17738c5595096614d2cf90f3_s

するといつも以上に角栓がごっそり取れると話題です。なぜオロナインで角栓が良く取れるのでしょうか?その秘密は、オロナインに含まれるオリーブオイルの働きにあるようです。

オリーブオイルが皮脂になじみ、角栓と毛穴パックを密着させる為ではないかといわれています。ちょっと意外な組み合わせが、角栓にうれしい効果があるんですね♪

洗顔方法も変えてみます? こちらの記事で美肌美白対策ができます♪
重曹で洗顔する方法と効果♪ しみと美白には??

角栓を作らせないためには?

出来てしまった角栓のお手入れも大切ですが、できればこれから先角栓に悩まされる日々とは、サヨナラしたいですよね。角栓ケアと合わせて、角栓を作らせない美肌習慣を始めましょう。

  • 毎日の洗顔はたっぷりの泡とぬるま湯で

洗顔料はしっかり泡立てて、泡を滑らすように洗いましょう。また、お湯の温度が高過ぎると必要な皮脂まで奪ってしまうので洗顔には38~40度くらのぬるま湯を使いましょう。

  • 定期的に角栓ケアを継続しましょう

角栓ケアは1度では効果が表れません。定期的にケアすることで、角栓を大きくしないことが大切です。

  • メイクは必ず落としてからおやすみなさい♪

お肌に残ったファンデーションなどの油脂は、角栓の原因となります。毎日メイクを落としましょう。

メイクをしない日を作るのも効果的です。

  • 入浴は必ずお湯につかる♪半身浴でもOK!

じんわりをかいて、毛穴を開くことで、その後の化粧水や、乳液の効果も上がります。毎日のケアで角栓のない美肌を作りましょう♪

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ