ロタウイルスの原因は食べ物なの?

すっかり冬の寒さになりましたね。冬に注意することといえば風邪。でも、注意したいのは風邪だけではありません。

ロタウイルスにも注意が必要です。ロタウイルスは、感染性胃腸炎の1つです。A群・B群・C群など6種類があります。

寒い

A群は乳幼児がかかりやすいといわれていますが、もちろん成人した大人でも発症します。ロタウイルスは秋から冬にかけて発症することから、冬季下痢症とも呼ばれています。

アメリカでは年間50万人が発症し、世界では毎年約70万人の人が亡くなっているそうです。発症の原因をよく理解していれば上手に予防することもできます。

今回は、そんなロタウイルスの原因は食べ物なの?調べてみました。

スポンサード リンク

ロタウイルスの原因は食べ物?

ロタウイルス発症の、ほとんどは経口からの感染と言われています。なんとこれからまさに一番美味しい時期。旬となる真牡蠣・あさり・しじみなどの二枚貝は、ロタウイルスの原因となります。

嘔吐対応はこの画像を参考にしてください。

感染者からのウイルスを検出した結果、他にも様々なウイルスが二枚貝の中に存在していたそうです。そのような原因のひとつは貝が汚染されていることといわれています。

貝のエサをとる行動などによって、自然に貝の内部に入りこんでしまうそうです。加熱処理をしていても十分ではないため完全に死滅しません。

また生で食べる貝の場合は出荷の前に、真水の中で何日間か寝かせ、汚れやウイルス・雑菌をはき出させるという処理が行われているそうです。

その処理が十分でないという場合もあります。特に、殻にはたくさんのウイルスが付着しています。

テレビなどで、からそのまま食べているのを見るとすごく美味しい気がしますが、ウイルスに感染するリスクが高くなってしまいます。

特にロタウイルスは熱に強く感染性のとても強いウイルスの一つです。少しのウイルスが残っているだけでも発症してしまいます。

十分に注意が必要です。また最近ではなかなか見かけなくなりましたが、井戸水も原因のひとつです。

成人のロタウイルスの原因は?

成人のロタウイルスの原因の1つは、前述したとおり二枚貝や井戸水などによる食べ物があります。当然ながら、貝好きの人は感染する確率が高くなってしまいます。

また他の原因として、すでに感染している患者から二次感染するという場合もあります。この場合の原因は、嘔吐や下痢の処理が不十分で乾燥し、ウイルスが空気に浮遊しているということです。

その浮遊したウイルスが、呼吸することで口や鼻から入るということがあります。嘔吐や下痢の処理をする場合は、正しい方法で処理しましょう。

また処理をしたあとの手洗いが不十分でその手で食べ物や口などを触ってしまった、という場合もあります。このようにほとんどの場合、自分の注意が不十分であることが原因となっていることが分かります。

スポンサードリンク

赤ちゃんがロタウイルスになる原因は?

赤ちゃんがロタウイルスになる主な原因は、ウイルスによる空気感染です。赤ちゃんは、体力や抵抗力も弱いためとても、かかりやすくなっています。

風邪など他の病気で病院に行った所そこでロタウイルスをもらってしまった、というケースもあります。また、保育園など子供がたくさん集まる場所で集団感染してしまうという場合もあります。

赤ちゃん

保育園児のロタウイルス色々心配ですね。症状や登園日はこちらをチエック! お大事に。
ロタウイルスの症状♪子供の場合は? 保育園はいつから行って大丈夫??

便が白いのはなぜ?

ロタウイルスの別名に白色便下痢症とあるとおり、発症すると白い便がでます。急に赤ちゃんが白い便をして、びっくりした!という声をよく聞きます。

なぜ白い便がでるのか、原因は未だにはっきりと判明していないようですが、一過性の胆汁流出障害、が原因ではないかと言われているようです。

また下痢の症状が強く便の回数が多いため、便に色をつけることができないためとも言われています。発症しても軽度の場合は完全に白くならず、普通の便に比べて色が薄いかな?というぐらいだそうです。

薬はあるの?

ロタウイルスに効く特効薬は今のところありません。症状を和らげる治療法しかなく、下痢止めを処方してもらうこともできますがウイルスが体に残ってしまうことに。

結果逆に症状が長引いてしまうこともあります。個人差がありますが、ロタウイルスは激しい下痢や嘔吐を繰り返すという症状をともなうので、体力の消耗や脱水症状に注意する必要があります。

赤ちゃんは脱水症状に気を付けて!

嘔吐と下痢を繰り返すことで、心配なのは脱水症状です。特に赤ちゃんの場合は、注意してこまめに水分補給をしてあげましょう。

水分補給するときには少しずつ繰り返し与えましょう。一度に飲んでしまうとまた吐いてしてしまう原因になります。病院で点滴をしてもらうこともできます。

もし生後2ヶ月~6ヶ月未満なら予防接種を受けることができます。この予防接種は、経口接種で注射によるものではなく口から液体を飲ませるという方法です。

2~3回接種する必要がありますが、90%以上の確率で予防できるという結果がでています。十分な手洗いと加熱処理、排泄物などを正しく処理することに気をつけて、前もってロタウイルスの感染を防ぎましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ