ほうれい線♪メイクを使った消し方は? おススメのひと手間テクはコレ!!

年齢を重ねると、気になってくるほうれい線。「ほうれい線が気になって、思い切り笑えない」

「老けて見えるのは、ほうれい線のせい?」など、美肌の敵そして、見た目の大敵ほうれい線に悩む女性が増えています。

223358f07b647bf9d94ae5a1f5c58d49_s

ほうれい線がある人とない人では、見た目年齢に大きく差が出るので女性にとっては大問題ですね。出来てしまったほうれい線、消せたらいいのに。そんなほうれい線で、お悩みのあなたに吉報。

消し方あります。メイクでほうれい線 をなかったコトにできる…。コレで見た目年齢も若返り♪

スポンサード リンク

ほうれい線の消し方メイク

メイクでほうれい線を隠そうとしたら逆に目立ってしまった、という経験はありませんか? メイクでほうれい線を上手に消したい。

出来てしまったほうれい線を、カバーするメイクテクがあるのです。ほうれい線をメイクで消す方法をマスターして、美肌を目指しましょう。もちろん見た目年齢をグッと下げます。

これを先に見て体操をしながら続きを読んでね♪

メイクをする前にスキンケアについてのお話。ほうれい線の悪化を防ぐために大切なのは保湿。洗顔で汚れを落として化粧水や乳液で保湿をします。

洗顔にも注意が必要です。汚れは落としても必要な皮脂まで落とさない洗顔が重要です。適切なスキンケアをしてメイクに取り掛かります。

ほうれい線を上手にカバーするポイントはハイライト。ファンデーションの色で隠そうとするとかえってほうれい線が目立ってしまいます。

ハイライトの役割は肌を明るく立体的に見せること。部分的にのせて明るいツヤ感を出してくれる優れもの。

注意点としては範囲を広げない、つけ過ぎない。見た目が膨張してしまう、ツヤがてかりになることは避けましょう。暗い場所で使うとつけ過ぎのもと。明るい場所で明るい気持ちでメイクを始めましょう。

肌より明るい色のコンシーラーや、リキッドタイプのハイライトを使うと上手にカバーできます。コンシーラーやハイライトは、筆ペンタイプのものやチップタイプのものを使うと、ピンポイントでのせやすくおススメです。

顏の中でもほうれい線ができるところは動きの多い部分なのでコンシーラーもハイライトもつけ心地「柔らかめ」を選んで下さい。

  • コンシーラー・ハイライトの使い方
  • ①まずお肌を化粧下地で整えたらほうれい線の上に、肌より明るめの、リキッドコンシーラーかハイライトをのせます。

    ②ほうれい線に対して垂直に、5ヵ所くらいに分けてのせます。

    ③そして、スポンジを使って軽く叩いて馴染ませたら、上から下へ縦にスポンジを動かし仕上げにパウダーで押さえます。

少し面倒ですがファンデーション前のひと手間が、ほうれい線をキレイにカバーして、美肌を演出してくれます。

この後のファンデーションは厚塗り厳禁。他の部分より薄くがポイント。メイクのよれはほうれい線を目立たせます。薄く重ねるテクがほうれい線を消すことにつながります。

スポンサードリンク

ほうれい線が消えた!?

出来てしまったほうれい線を、諦めていませんか? ほうれい線は改善できます。速攻の効果を求めるならヒアルロン酸注射。ただしセレブでない限り、定期的に注射に通うなんて無理ですよね。

ここでは注射に頼らず、ほうれい線が「消えた」「薄くなった」人が「辞めたこと」「始めたこと」をご紹介します。聞いて納得♪やっぱり継続は力なりです!

横向き寝を辞めた

横向きに寝ると、下側になった頬のほうれい線が濃くなります。まさか眠る姿勢でほうれい線が出来るなんて驚きですね。

コラーゲンを飲み始めた

食事で摂るのは難しい為ドリンクやサプリメントで、摂る人が多いようです。ほうれい線だけでなく、乾燥肌の改善にも効果アリ♪

保湿とUVケアを徹底

乾燥と紫外線はほうれい線を生み出します。洗顔後の保湿と年間通じてUVケアを行うと、ほうれい線だけでなく小じわやシミなど、お肌の悩みに効果が期待できます。

ほうれい線エクササイズを続けている

顔の筋肉、表情筋を鍛えることでほうれい線の予防と改善に、大きな効果アリ♪という人が増えています!

どれも即効性は少ないけれど、続けることで効果を実感できるようです。さぁ美肌習慣を始めましょう♪

ほうれい線のケア

ほうれい線の出来る、主な原因をご存じですか? それは、乾燥・紫外線・加齢による筋肉のたるみです。ほうれい線の改善と、予防に効果的なケアにはどのようなものがあるでしょう?

まずは頬の筋肉を鍛えるエクササイズ。そして普段のスキンケアにほうれい線ケアをプラスしてみましょう。ここでは、ほうれい線に効果のあるスキンケアをご紹介します。

  • ほうれい線を作らないための予防ケア
  • 基本は紫外線対策。紫外線は季節を問わず降り注ぎガラスも透過するため、室内にいても紫外線を浴びてしまいます。

    日焼け止めは1年中室内でも必ず塗りましょう。もちろん、シミ予防にも効果大♪

  • バランスのとれた食生活でお肌を若々しく!
  • 6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s

    若々しいお肌を保つには、ビタミン・ミネラル・必須脂肪酸・必須アミノ酸が不可欠です。ドリンクや、サプリメントなどを上手に取り入れてしっかり補いましょう。

    ダイエット中は脂肪を控えがちですが過度に控えると、お肌の乾燥が進行します。魚やオリーブオイルなどから、良質の脂肪を取り入れるようにしましょう。

ほうれい線のクリームの塗り方

洗顔後いつも通りのスキンケアでお肌の保湿を行うことも重要ですが、最近はほうれい線ケアに特化した、口元専用のクリームが注目されています。

ほうれい線ケア用クリームの使い方は簡単♪洗顔後ほうれい線の中心にクリームをつけ、指の腹を使ってよく浸透させるように馴染ませます。

これを毎日2回続けると、早い人では1ヵ月ほどで効果が表れるようです。ほうれい線ケアは早ければ早いほど、効果が高いといわれています。

ほうれい線に悩む人が多くなる40代になる前30代のうちからケアを始めるのがおススメです。ほうれい線が薄いうちから、改善ケアと予防ケアを行うことでほうれい線が濃くなるのを防げます。

もちろん、エクササイズや紫外線対策食生活の改善などと組み合わせると、さらに効果が上がります。美肌をキープするためにも、ぜひ早めのケアを始めておきたいですね♪

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ