いちごの保存♪冷凍は大丈夫? ○○を使えば凍っても美味美形はホント?!

いちごの保存についてのお話です。人気者のいちご。果物界のアイドル的存在です。色や形やついているヘタさえ可愛く見えるのがいちごの特長。生まれ変わるならいちごになって食べられたい…(笑)

購入をしようと思えば年間を通して買うことができるいちご。でも本来は4月頃の春が旬でした。今ではスイーツのデコレーションに合わせて冬の12月~2月が最盛期。

まだまだ寒さが厳しい時期に果物コーナーの面積をほぼ埋めてしまうのがいちごです。

お気に入りの品種があるとまとめ買いをしたくなるけれど、持ち帰りの途中ですでに傷んでいないかが気になります。保存する時に冷凍は出来るの? いちごをより長く美味しく食べたい!

スポンサード リンク

いちごの保存を冷凍で? 凍らせて大丈夫??

いちごの保存、冷凍できれば助かりますよね。旬のいちごを多めに買ったから保存をしたいけれど冷凍は可能なのでしょうか? いちごの冷凍は大丈夫なの…回答はコレです。

いちごは冷凍で保存できます。

いちごジャムのレシピは作る人の数だけあるかも…♪

早速ですが保存方法をご紹介します。

  • いちごの冷凍方法:日常編
  • ◆用意するモノ
    ・ファスナー付き保存袋
    ・ペーパータオル
    お砂糖(いちご1パックに大さじ1~2が目安)

    ◆冷凍手順
    1.いちごを良く洗ってヘタと傷んでいる部分を取る。
    2.いちごの水気をペーパータオルで取る。
    3.いちごを保存袋に重ならない様に入れる。
    4.好みの分量のお砂糖をまぶす。
    5.空気を抜いてファスナーを閉じ冷凍庫に入れる。

ポイントはお砂糖を使う所にあります。せっかくのいちごにお砂糖…なんて思わないで下さい。お砂糖にはこんな役目があります。

冷たくなると甘味を感じなくなるのでお砂糖をプラスして、甘味を加える。いちご同士がくっつくのを防ぐ。

美味しく、取り出しやすくするためにお砂糖を使います。

もう1つの注意点はお砂糖をまぶしたらすぐに冷凍庫に入れるがあります。お砂糖をまぶすといちごの水分が出てしまうのでその前に冷凍庫に入れて下さいね。

スポンサードリンク

一粒一粒を楽しむ冷凍方法は?

先にご紹介した保存袋を使う方法は重ならないように入れてもどうしても形はつぶれてしまいます。少し大きめのいちごで粒の形も楽しみたい時の保存方法を調べてみました。

  • いちごの冷凍方法:セレブ編
  • ◆用意するモノ
    ・いちごを立てて入れてもつぶれない高さのある容器
    ・ペーパータオル
    ・お砂糖(いちご1パックに大さじ1~2が目安)

    ◆冷凍手順
    1.いちごを良く洗ってヘタと傷んでいる部分を取る。
    2.いちごの水気をペーパータオルで取る。
    3.いちご同士がくっつかない様に容器に立てて入れる。
    4.分量のお砂糖をまぶす。
    5.容器が水平になるように冷凍庫に入れる。

いちごの粒の形状をそのままに凍らせたい時は冷凍庫内に場所を確保する必要もありますね。

お砂糖を使う所は保存袋での冷凍と変わりません。お砂糖をまぶしたら速攻冷凍庫に入れるのも同じですよ。

保存袋・容器で冷凍したいちごのおススメ保存期間は1~2ヶ月

次は冷凍いちごの美味しい食べ方編に行きます。気がついたら冷凍してから2ヶ月がっ! という場合も大丈夫なレシピもあります。

冷凍いちご♪美味しく食べる方法は?

いちごは冷凍で保存ができますが、生でたべる新鮮な甘みと酸味のバランスや食感には変化が出ます。その変化を楽しむ食べ方で冷凍いちごに活躍してもらいましょう。

冷凍いちごの食べ方のポイント、1つは解凍をしないで使う、があります。凍ったままで次のレシピに使います。

・スムージーに入れる
・ヨーグルトとフードプロセッサーで混ぜてフローズンヨーグルト
・スポンジケーキにのせ生クリームをかけたいちごパフェ

形をキレイに保って冷凍したいちごでも残念ながらデコレーションには向きません。

いちご100%でできたシャーベットとして食べることをおススメします。練乳があればスイーツとしてオシャレな一皿ができそうですね。

いちごレシピのテッパン♪ジャムは出来る?

冷凍いちごで作るいちごジャム、私的には1番おススメの活用方法です。以前私はいちごが冷凍できることを知りませんでした。

ジャムにピッタリな小粒のいちごを購入したその日に夜中の1時までジャムを煮た経験があります。

冷凍保存できるなら余裕のある時にジャムを煮ることが可能、私のように深夜までいちごと格闘する必要はありません。

加熱をして食べるので保存期間が少し延びてしまった冷凍いちごでも安心して食べられます。

生のいちごを使った時は「ヘタを取る・お砂糖をまぶして放置」の2つの作業が必要ですね。これをしないだけでもジャム作りの時短ができます。

◆冷凍いちごを使ったジャムの作り方
1.凍ったままお鍋にいちごとお砂糖を入れ弱火で加熱。
※冷凍時にまぶしたお砂糖だけでは甘味が足りないのでお砂糖を足す。1パック全部を冷凍したいちごをジャムにする時、プラスするお砂糖は約100g。(いちご1パックは約300g)甘味が足りない時は途中で足すことも可能なのでお好みで調節。
2.冷凍したいちごもアクが出るので、アク取りをしながら煮詰める。
3.ジャム状にに詰まったら火を止めて、レモン汁大さじ1/2を加える。

ジャムは時間に余裕がある時に作りたいメニューです。冷凍いちごを利用すれば自分が作りたい時にジャムを作ることができます。

ジャムは出来上がるまでの時間と香りも美味しさの1つ。冷凍いちごを使った手作りジャムが、食卓を笑顔にすることをお約束します。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ