化粧品のパラベン♪肌への影響は? 腐敗を防ぐのはホント?!

化粧品に期待することの1番は「肌の調子を整える」です。肌に良い影響があると信じて、化粧品を毎日手にします。皮膚に直接使うモノですから信頼できる化粧品を選びたいですね。

化粧品の成分も気になりますが、まず目にするのは化粧品に添えられているキャッチコピーです。これを使うだけで「肌のトラブルがすべて解消できる」気分にしてくれるコピーが並んでいます。

紫外線を防いでシワもシミも改善。同時にしっとり感も欲しいなんて、それはわがまま…でも化粧品にこの成分必ず必要なの…

カタカナばかりが並んでいると結局読まずに手にしてしまうけれど、これは肌に効く成分? パラベンの影響はナニ? 化粧品の容器にはフリーの文字もあるけれど、正体を知りたい!

スポンサード リンク

化粧品のパラベンは肌に悪影響なの?

化粧品の成分の1つパラベンの影響にはナニがあるのでしょうか。でもその前にパラベンの正体を知っておく必要がありますね。化粧品のパラベンを知って影響もリサーチしていきます。

    パラベンとは? 

  • 化粧品の品質を保つために含まれている防腐剤。
  • 正式名はパラオキシ安息香酸という長~い名前。化学的に作られた化合物です。

    様々な細菌や微生物が増えることを抑える効果を持っています。マーガリンや清涼飲料水など食品に使うことも可能な安全な添加物として長く使われています。

パラベンには5種類あります。
1.メチルパラベン
2.エチルパラベン
3.プロピルパラベン
4.ブチルパラベン
5.イソブチルパラベン
1.→5.へと効果が強くなります。それぞれ対応できる菌などの種類が違うので、組み合わせて使うこともあります。

化粧品には効果の弱い「1.メチルパラベン/2.エチルパラベン」が主に使われています。メチルパラベンの含有量は1%を上限とするという決まりもあります。

様々なルールに則って製造される化粧品ですが、パラベンで肌に支障が全く出ないわけではありません。合わない人もいるので、注意は必要です。

賞味期限や消費期限のない化粧品にどうして防腐剤が必要なのか? これが最大の疑問ですね。肌への影響が心配な添加物が含まれているのには、理由があります。

スポンサードリンク

化粧品にパラベンが含まれている理由!

口には絶対にしない化粧品にどうして防腐剤が必要なのか、それは化粧品を作る時の原料に理由があります。

化粧水・乳液・クリームなどの、スキンケア用化粧品に載っている「成分」を見て下さい。

値段に関わらず先頭に「水」「精製水」という文字があるものがほとんど。化粧品の原料として1番使われるのは水なんですね。水とその他様々な物質を合わせて化粧品が作られます。

コップに汲んだ水やペットボトルの水を1ヶ月掛けて飲むことはありませんね。冷蔵庫に入れたとしても、飲料水以外に使う水としてレベルダウンは否めません。

化粧品に使われている水も徐々に傷んで腐敗が始まります。

朝晩ふたを開けて、人の手が触れる化粧品は雑菌の溜り場です。(菌たちもキレイになりたい?!) 腐っているモノを肌に直接塗るなんて…想像したくありませんね。

そこで登場するのが防腐剤のパラベンです。パラベンは化粧品の腐敗を防いで、安心して肌に使うことができる品質を保つために成分として配合されています。

最近は「パラベンフリー」と記載している化粧品が増えています。これを見ただけで「安心・安全」の文字が浮かびます。

でも防腐剤が入ってなければ、腐敗をして肌に悪影響があるのでは? という疑問が浮かびますね。

パラベンフリーの化粧品に使われているのはパラベンではない成分が防腐剤として含まれています。

パラベンではない防腐剤はナニがあるの?

パラベンフリーの化粧品の成分をチェックしてみましょう。細かい字ですが「フェノキシエタノール」が確認できますか? パラベンの代わりに使われる防腐剤です。

フェノキシエタノールはエタノールと付くのでアルコールの一種。成分が緑茶から抽出されたので、自然由来のイメージがあるナチュラルな防腐剤と思われています。

お茶からの抽出では間に合わないので、専門技術を持った工場でフェノキシエタノールは製造されています。パラベンとの違いを確認しておきます。

フェノキシエタノールはパラベンと比較すると、菌の繁殖を抑える力が弱い

腐敗を止めるパワーが劣っているために、全成分の約4%を使わないと防腐剤として有効になりません。

パラベンは全成分の1%以下でも効果がありますが、フェノキシエタノールは約4倍が必要となります。肌への影響は0ではありません。

パラベンフリーで赤みが出た! 化粧品選びはどうする??

今回パラベンについて調べるきっかけは、私自身の体験にあります。普段使っている化粧水にはパラベンが含まれています。

少し気分を変えたいと思って、別メーカーの「敏感肌用高保湿・パラベンフリー」の化粧水を3日ほど使いました、それも夜だけ。でも肌に赤みが出てしまいました。

パラベンフリーですから防腐剤にはフェノキシエタノールが含まれています。赤みがでたメーカーの「敏感肌用しっとり・パラベンフリー」は肌に異常がありませんでした。

同じ化粧水で成分の違いに大差がなかったので大丈夫と思い、使用した結果のことでした。

個人の見解かもしれませんが、化粧品が合う合わない条件はパラベンだけの問題ではないことに気が付きました。

化粧品のメーカーにも電話をしました。2種類ともフェノキシエタノールの含有量は同じ。高保湿はとろみがあるので、肌につく時間が長くなって影響が出たのでは? と回答をもらいました。

添加物のパラベンは過去の実験結果などから、肌や身体によくない影響があるメージが定着してしまいました。

でも精製技術が進んだ今では、化粧品に対して安心して使える防腐剤の1つに進化。そしてフェノキシエタノールの製造技術にも磨きがかかっています。

2つを上手く組み合わせて、より少ない分量で高い防腐パワーを発揮することが可能になっています。

化粧品の能書きと共にある「アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーがおきないわけではありません)」これはパラベンなどの添加物限定の注意書きでは無いようですね。

オーガニック・無添加・自然由来のみなど惹かれるワード満載の化粧品売り場。その中からベストなチョイスをするのは、砂漠に落としたピアスを探すような作業かも。

ジャケ買いしたくなる化粧品もあるかもしれませんが、そのジャケットに書いてあることを確認するのも忘れないで下さい。あなたの肌を守り育てるのは、あなたの選択眼です。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ