インフルエンザで熱が出ない症状! 予防接種のおかげ? A型とB型で違うの?

インフルエンザでも熱が出ない症状がある…インフルエンザについては都市伝説的な話が多すぎて、どれがホントなのか迷うコトもありますよね。

でもインフルエンザでも熱が出ない、この症状が存在するのは真実…インフルエンザだから必ず熱が出る訳ではないようです。どんな場合の時にインフルエンザを疑うのか? 解決必須な課題も浮上です。

インフルエンザ

症状がほぼほぼカブるので、自分はインフルエンザではなく単なる風邪と思い込む人もいますよね。

インフルエンザの予報や予防はアプリでも分かるけれど、インフルエンザを判定できるのは病院だけ。熱が出ない症状でもインフルエンザかも? 油断は禁物ですよ。

スポンサード リンク

インフルエンザで熱が出ない症状♪危機管理が万全だから?

インフルエンザでも熱が出ない。症状として熱がでないなら、それはそれでイイんじゃないと思いますよね。熱が出た時のツラい症状がないインフルエンザも悪くない? なんて勘違い実は禁物です。

インフルエンザなどの感染症予防は手洗いから♪

  • 熱が出ないのは危機管理をしていたから
  • ・風邪薬・解熱剤を飲んだ
    ・予防接種を受けていた

    風邪を引いたかも? と思って風邪薬を飲む。風邪の初期症状で寒気や頭痛を感じたら解熱剤を飲むこともありますよね。薬を飲んだことで発熱の初期症状が抑えられる場合があります。

    ◆インフルエンザの予防接種の効果を確認。
    ・発症を予防
    ・重症化を予防

    あくまで予防、インフルエンザをあらかじめ防ぐことを目的としています。

    例え感染してしまってもインフルエンザ特有の「高い熱を出す」症状を抑える効果が期待できますね。予防接種のおかげでインフルエンザの熱症状が軽く済む場合があります。

もう1つ考えられる理由は
・感染したウイルスがインフルエンザB型の場合

A型と比べると熱は比較的低い場合もあるようです。インフルエンザでもB型に感染したのであれば熱が出ない症状もありますね。

インフルエンザでも熱が出ない症状は「風邪でも休むコトができない」「インフルエンザを予防」危機管理対策の結果とも言えるのです。

スポンサードリンク

ウイルスと戦えなくて熱が出ない?

インフルエンザウイルスに感染すると、ウイルスと戦うために熱が上がります。低い温度を好むインフルエンザウイルスを熱で弱らせ、白血球などを使って身体を守ります。

熱を出すことは生体防御反応なので、身体にとっては悪いコトばかりではありません。でも身体の状態によってはウイルスと戦えない場合があります。

◆熱を出してウイルスと戦えない人
免疫力が低下している
・高齢者

ウイルスと戦う免疫力は年齢とともに低下します。高齢者の50%は熱が出ない調査結果もあります。高齢者以外の大人も発熱しない人の割合は20%。

熱が出ないインフルエンザもフツーにあることを知っておけば、他の症状を見て病院に行くなどの早めの対応ができます。重症化を防ぐことにつながりますね。

熱が無くてもインフルエンザ♪判断はどうする?!

熱が出ないけれど、インフルエンザかもしれない…今出ている他の症状はありますか。風邪とは違うインフルエンザの症状を確認。

◆全身の症状をチエック
1.くしゃみ・鼻水・喉の痛みがある。
2.寒気や頭痛がする
3.全身の倦怠感に合わせて筋肉や関節が痛む

フツーの風邪との違いは3番の症状ですね。ただし、症状は人それぞれ。インフルエンザに罹った全員が基本的な症状を発症するとは限りません。

熱が出ていないけれどインフルエンザかどうかの診断を下すのはあくまでお医者さん、病院に行かないとわかりません。

熱がなくても判定は受けられる?

病院

熱がない、ホントにインフルエンザかどうかも分からない時こそ、病院で判定してもらうことが大切ですね。自己判断は感染を広げることになり兼ねません。

熱がなくても、インフルエンザ判定の検査は受けられます。

  • インフルエンザの判定タイミング
  • 症状を発症してから12~24時間経過した時
    症状が出てすぐの時はウイルスの数が少ないので正しく判定できない場合があります。熱が無い時は症状が出た時間が分かりにくいかもしれませんね。

    経過をたどって発症の時間を確認
    ・今現在出ている症状
    ・予防接種の有無
    ・発症した人との接触
    体調の悪い時に大変ですが、まず4つの項目を整理して下さい。

熱が出ていないとインフルエンザの可能性が低いと見なされるかもしれません。でもあなたの冷静な現状報告は、病院がインフルエンザ判定をする確実な判断材料となるはずです。

熱も鼻水もでないインフルエンザで感染を広げてる?

熱が出なくてもインフルエンザに感染している場合があることが分かりました。でも熱だけではなくその他の症状も出ないインフルエンザがあります。

インフルエンザの不顕性感染(ふけんせいかんせん)
インフルエンザウイルスに感染していても症状がでないことを意味します。

ウイルスには感染していても鼻水や喉の痛み、インフルエンザ特有の全身の倦怠感もありません。不顕性感染をした本人はいいのですが、発症をしなくてもインフルエンザをうつすことは可能。

潜伏期間のウイルスでもうつってしまう位、感染力が強いのがインフルエンザウイルスの特徴です。絶対にうつらない・うつさないはムリですが基本の予防策を忘れないことがやはり大事ですね。

インフルエンザといえば秋の終わりから寒さが緩むまでの感染症としてこの期間はウイルスの動向に注目が集まりますね。でも最近は季節を問わず流行をしている情報を耳にします。

症状の出方に個人差があるために判断を迷いがちですね。フツーの風邪との違いは症状だけではありません。合併症やや重症化の確率が高い感染症。予測や憶測は禁物です。

迷った時は「熱が出てなくてもインフルエンザはアリ」を思い出して早めに病院に行ってくださいね。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ