ロタウイルスの消毒方法は?これで万全!

ロタウイルス。子供や高齢者に怖い感染力が強い病気で知られています。ウイルスが10個以上いれば感染してしまいます。

目に見えないウイルスですが10個以上なんて、想像できませんね。腸内のみで増殖をする、少数精鋭のロタウイルスは、多くの場合、嘔吐物や糞便から感染をします。

ウイルス

一般的には、1週間くらいで症状が落ち着きますが、さらに、1週間程度ウイルスを体内から排出を続けている場合も。

そんな感染力が強いロタウイルスに感染しないためには、予防・対策が必要になってきますね。

感染を拡大させないロタウイルスの消毒方法。どんなものがあるのでしょうか? ロタウイルスの正しい消毒方法を調べました。

ロタウイルスの消毒方法は? これで万全!ご紹介します。

スポンサード リンク

ロタウイルスの消毒方法

ロタウイルスは、一般的なアルコール消毒は効きにくいので、アルコール消毒で大丈夫だとは、決して思わないでくださいね。

基本的な予防、対策は石けんを使用した手洗いなんです。でも、体以外にもロタウイルスに汚染された部屋の中・壁や床・家具などさまざま可能性がありますよね。
 
それらを消毒する方法をご紹介します。アルコール消毒が効かないのなら、いったい何が効くの??と思うでしょう。

ロタウイルスの消毒には、「次亜塩素酸ナトリウム液」というものを使用するんです。聞いたことない人も多いですよね。薬局などで売っています。

消毒

薬局まで行くのはちょっと手間…。急いでいる場合など、実はどこの家庭にでもある家庭用漂白剤が、その代用をしてくれるんです。

ただし、ハイターやブリーチ・キッチン用のハイターなどは大丈夫ですが、洗濯用のワイドハイターなどは成分が異なるので使用しないで下さい。

だいたい、200倍程度に水で薄めて消毒液を作ります。

作った消毒液で、床や壁など汚染の可能性のある場所を消毒しましょう。このとき注意しなければいけないのは、手袋を着用すること、換気をすることです。

布団についたロタウイルスの消毒

ロタウイルス感染によって具合が悪いときは、布団の中で静かに療養していることでしょう。

では、布団などの上に嘔吐してしまった場合、または糞便が付着してしまった場合はどう消毒すればいいでしょう。

まず、マスクをつけて、布団についた汚染物の中のウイルスが、拡散しないように処理しましょう。シーツなど洗えるものは洗剤を使用して、揉み洗いをします。

その際、水しぶきを吸い込まないよう静かに行うように注意しましょう。一度洗ったシーツなどは、85℃以上の熱水で1分間以上の洗濯するのがいいでしょう。

ただしご家庭の洗濯機が、熱水に対応していない場合は、先程説明した、消毒液を使用すればロタウイルスには有効です。

布団自体はすぐ洗濯できない場合が多いので、よく乾燥してから、さらに布団乾燥機やスチームアイロンで消毒する方法があります。

スポンサードリンク

服についたらどうする?

服に汚染物がついてしまった場合、これにも塩素系の消毒液を使用するのが有効です。ですが、塩素系なので脱色してしまうリスクがあるので注意しましょう。

脱色が嫌だと消毒を適当にしてしまう危険よりも、しっかりと消毒する方がいいと思いますよ。もし脱色して着れなくなったら、残念ですが処分しましょう。

まず服についた汚染物を処理します。このとき、マスク着用は忘れずにしましょう!バケツなどに消毒液を用意して、その中で静かに揉み洗い をしてください。

洗濯

約30分くらい浸け置きしてから普通に、洗濯機で洗濯をします。

すすぎは2回以上行ってください。

85℃以上の高温の熱水でも、ノロウイルスは死滅するので効果的です。また、アイロンも有効なので消毒液がすぐに用意できない場合などは、熱湯消毒やアイロンでそのときに合った消毒方法をしてみましょう。

気になる子供の症状はコチラでチエック。お大事に。
ロタウイルスの症状♪子供の場合は? 保育園はいつから行って大丈夫??

洗濯機も消毒できる??

ロタウイルスに汚染された衣類を、そのまま洗濯機に入れることはしないでください。

ウイルスが洗濯槽まで付着して、他の洗濯したものにまで拡散してしまいます。きちんと下洗い(消毒)してから、洗濯するようにしましょう。

もし、知らずに洗濯機がロタウイルスに汚染された場合は、塩素系のハイターなどを50~80倍に薄めた水をいっぱいに洗濯機にセットして、30分程度浸け置き します。

そして、フルで一度洗濯機を回します。すすぎは2回以上にしておきましょう。洗濯機の種類によりますが、85℃以上の熱水を1分間程度洗濯槽に流しかけると効果的です。

福祉施設などではこの消毒方法が多いですが、一般家庭なら、消毒液で洗濯機を回すだけで十分でしょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ