マカダミアナッツの栄養と効果は? 酸化しにくい脂が入ってるよ!


マカダミアナッツの栄養と効果を知りたいと思います。理由ですか? 好きだからです。ホントに好きなんですよ。順位としては1番が塩味、2番がチョコレート。

お酒は全く飲めないのに塩味好きです。おつまみコーナーにマカダミアナッツ入りのミックスナッツがあると、にんまりしてカゴに入れるコト度々。今日現在もしっかりストックしています。

マカダミアナッツ

製菓会社がアーモンドチョコとマカダミアチョコとどっちが好きかの投票をしていた時は、せっせとマカダミアに投票しました。常にマカダミアナッツ押しです。

今さら気づいても遅いなんて言わないで。栄養は? 効果は? マカダミアナッツ。食べ続けられているモノには必ずナニかあるはずと確信しています。やっぱりお土産はマカダミアナッツで決まり?!

スポンサード リンク

マカダミアナッツの栄養と効果は?

マカダミアナッツの栄養と効果にはナニがあるのか。常にマカダミア押しの私はとても気になります。またそれ? と思われがちなマカダミアナッツですが、栄養と効果はどうなんでしょう。

被り物感があるインコ♪ナッツを割ってくれるのね

まずはおつまみナッツ日本代表のバターピーナッツとの比較から始めます。

比較項目 マカダミアナッツ 5個 10g バターピーナッツ 10粒 9g
カロリー 72kcal 53kcal
たんぱく質 0.83g 2.3g
脂質 7.67g 4.62g
ビタミンB1 0.02g 0.02g
食物繊維 0.62g 0.62g

なんだかこの時点で結果が出てしまった感あります。ウーん、ピーナッツと比較すると敗北は否めません。たんぱく質が少なくて脂質がこんなに多いなんて…

ダイエットに向かないナッツとして認定宣言も出せる脂質の高さですね。でも慌てないで下さい、マカダミアナッツの脂質には秘密が隠されています。食べないのがもったいないマカダミアナッツの脂質講座、開講です。

スポンサードリンク

マカダミアナッツの脂質の秘密は?

マカダミアナッツの脂質はサクリとした食感だけではなく、数字からも多めなのが判明しました。脂質含有量がナッツ類NO.1という報告も届いています。でも脂質は内容が重要。どんな脂質を含んでいるのでしょう。

    マカダミアナッツの脂質→一価不飽和脂肪酸を含んでいる

  • 一価不飽和脂肪酸の働き
  • 悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを保持するという、優しい働きをしてくれます。

一価不飽和脂肪酸にも種類があります。マカダミアナッツが持つ、注目すべき2つの脂質を調べました。

パルミトレイン酸を持つのはマカダミアナッツだけ!!

一価不飽和脂肪酸の隠し玉的存在のパルミトレイン酸。植物の中でこの脂質を持っているのはマカダミアナッツだけ。レアな存在なのです。

動物性としてはクジラ・あゆ・アンコウに含まれていますが、手軽に摂れるマカダミアナッツは貴重ですね。パルミトレイン酸の効果を確認します。

  • パルミトレイン酸の効果
  • ・血液中のコレステロール値を正常バランスに保つ
    ・動脈硬化や高血圧の予防

    大きな特長は「脳」の血管にも効果が届くので、脳卒中の予防にも効果が期待できます。

    ・健やかな肌を保つ
    皮脂を構成する脂肪酸の約12%にパルミトレイン酸が含まれています。肌の再生に必要な脂肪酸をマカダミアナッツから摂取することが可能。

構造上パルミトレイン酸は安定性のある脂。酸化をしにくいという性質を持っています。

  • 酸化しにくい脂
  • 摂取した脂が酸化すると過酸化脂肪酸になります。酸化した脂質が身体に溜ると細胞を老化させる「サビ」ができる原因です。肌のシミを作る素になってしまうことも。

    酸化しにくい脂をもつマカダミアナッツは安心して摂取できるナッツですね。

    「酸化しにくい」を活用して、マカダミアナッツの脂を使った化粧品もあります。

血管の健康と美肌作りに効果があるマカダミアナッツ。血行を促進させて代謝UPも期待できるので、ダイエット中でも脂質の補充として摂取したいナッツですね。

食べ過ぎには気をつけましょうね。どんなに多くても1日20粒以内が目安という説があります。これだけ食べると288kcalとなるのでもう少し控えめでもイイかも。

血液サラサラ♪オレイン酸も入ってる!!

マカダミア

オリーブオイルに含まれているオレイン酸。1番の効果は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールは減らさないですね。この働きが健康な血流に貢献してくれます。他にはこんな効果が。

◆肌に潤いを与える
・肌の皮脂約40%がオレイン酸でできています。マカダミアナッツを食べてオレイン酸を摂れば肌の潤いに効果が期待できますね。肌に柔軟さを出す効果もあるので表皮のゴワツキ解消できそうですね。

先程のパルミトレイン酸と合計すると肌の潤い成分が50%越え。乾燥肌に悩んでいるなら、小腹タイムにマカダミアナッツを選びましょう。潤い補充ができますよ。

マカダミアナッツオイルでまとめます!!

タップリと含まれているマカダミアナッツの脂。イイ所だけをGETしたいと合理的に考えている方には、マカダミアナッツオイルを使ってみませんか?

◆マカダミアナッツオイルはお役立ち
保湿ケア:浸透力が高いので全身の肌・髪の毛に使えます。
調理:発煙点199度(精製した菜種油は204度)と高いので揚げ物もできます。

他には胃酸の分泌促進・オレイン酸が腸を刺激して便秘解消で胃腸にも効果が期待できます。

◆注意点
肌につける時は必ずパッチテストをして下さい。
過剰摂取は肌の吹き出物の原因になります。
せっかくの脂を酸化させないよう保存は光のあたらない所で。

ナッツ=太ると思いがちですが、それだけ食べて体重が増える訳ではありません。食事全体のバランスと内容が重要。

マカダミアナッツは健康と美容、両方をサポートしてくれる力を持ち合わせています。私も大好きなナッツのサポート力を信じて、ストックは切らさないことを決断しました。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ