歯の象牙質の色♪ エナメル質が関係するの? やっぱり黄色?!


歯の象牙質と色の関係。歯磨きの後に鏡で歯の色を確認したこと、私ももちろんあります。でも歯の色チェックで象牙質を意識したことはありますか?

えらそうなコトを言いましたが、私も象牙質という単語を思い出しながら歯の色をチェックする、マニアックな確認方法はしていません。

歯磨き

自撮りの歯の画像をSNSにアップして、イイねを沢山もらってる人がいたら、友達申請していいですか。自慢の歯の色をぜひみて見たいと思います。

構造を知ることもポイント。象牙質は歯の色に関係があるの? ゾウの牙の象牙はとても貴重品。人間の象牙質もとても貴重な存在という噂の真偽をぜひ知りたいとおもいます。

スポンサード リンク

歯の象牙質と色との関係は? センス良い組合せ?!

歯の象牙質との関係。歯の象牙質がセンス良い、自分好みの色であることを希望したいけれど、歯の象牙質が色を決めてしまうなんてことはあるのでしょうか…

歯石取り♪ワンちゃんも頑張る…

歯の色の特徴はこの2点
・象牙質の色=その人の歯の色
・色には個人差があります。

    ◆見ている色に隠された秘密はコレ

  • 歯の表面にあるのはエナメル質
  • 色は半透明な白
  • ◆エナメル質の下にある象牙質

  • 色は象牙色(薄い灰色+薄い黄色)
  • 半透明なエナメル質から透けて見える象牙質の色を、歯の色として見ています。

チュールのスカートの下にある生地の色を見ている感じかな。色を言葉で表すのが難しい…。象牙の実物をイメージしたよりも、黄色味が入った、薄めクリーム色ですね。

でも特徴にあるように、肌の色が1人1人違うように歯の色も違います。歯を自撮りした場合は、照明の種類によって色味も変化。

実際に試しました。LEDの下では白く見え、太陽光だけでは黄色味の濃い歯に写ります。 (確認後画像はゴミ箱に直行) でも人から見られている歯の色は気になりますよね。

エナメル質と象牙質の大切さを知ると、白くするためにゴシゴシと磨くのは禁物ということが良くわかります。

スポンサードリンク

エナメル質と象牙質どんな役割があるの?

歯の色に大きく関わる2つの組織。自分の身体しかも口の中にあるのは分かっていても、どんな役割を担っているかよくわかっていなかったりもします。調べてみました。

◆エナメル質
・人体の中で1番の硬さをもつ組織、厚みは2〜3m。
・硬さを石で表すと水晶レベルの7。(因みにダイヤモンドは10)

硬さを武器にして最前線で歯を守ります。研磨剤を含んだ歯磨き粉と硬め歯ブラシで磨くと傷の原因にもなってしまいます。正しい歯磨き方法でエナメル質を守りましょう。

再石灰化をして虫歯になることを防ぐのもエナメル質。象牙質に虫歯が進行したら、歯科医での治療が必要になります。

◆象牙質
・表面のエナメル質の下にある歯のほとんどを占める組織。
・硬度表でのレベルは硬さ5~6。

エナメル質より柔らかい象牙質は、衝撃を受けた時のクッションの役割も果たします。柔らかい…は短所にもなります。

虫歯が進行するとあっという間に進行。象牙質の中にある歯髄に到達すると、神経を刺激して痛みが出ます。

最悪の場合は「神経を取る」治療が必要になってしまうのですね。象牙質には自らを修復する力があるという説もあります。早めの受診で象牙質を守りましょうね。

語り口がソフトな長身イケメンの彼もエナメル質は硬いはず。歯の色だけではなく、お口の中の健康度がその人の魅力につながるのかもしれませんね。

やっぱりあこがれる白い歯♪だから悩みます…??

個人差があるとは分かっていても白い歯を手に入れたい! だから浮上してくるこんな疑問にお答えします。

◆疑問その1.
お家で可能なホワイトニングをやってみたいと思っています。歯科医に聞いたら「象牙質は白いから比較的長持ちする」と言われました。自分では白く見えないのですが、ホントに白いのでしょうか?

◆回答その1.
象牙質の色は名前が示す通り、真っ白ではありません。大勢の人の口内をみていれば個人差も分かりますよね。比較的白い象牙質の持ち主と思ってイイのでは。

ホワイトニングをしただけでキレイが保たれる訳ではありません。毎日の歯のお手入れも忘れずに行って下さいね。

治療

◆疑問その2.
家庭用のクレンザーで歯は白くなりますか? 粒子の細かいタイプなら使えますか?

◆回答その2.
絶対ダメです。歯が白くなる前に体調が悪くなります。白さを求めてハイターを使って、救急搬送された例もあります。白い歯にあこがれる気持ちはよくわかります。

歯を白くしたいと思ったらまず歯科医に相談に行きましょう。同時に歯科検診を受けます。トラブルがあれば解消をしてから、白い歯を目指すことをオススメします。

歯と象牙質と色の関係まとめ

・半透明のエナメル質の下の象牙質で歯の色は決まる。
・象牙質の名前の通り真っ白ではない。
・歯の色には個人差がある。
・エナメル質は歯を守る重要な組織。
・しみる・痛みは早めに歯科医を受診。

思いきり口を開けて笑う、欧米系のモデルさんの白い歯は確かに印象的。黄色人種と白色人種を比較すると、肌の色から分かるように、黄色人種の方が歯の黄色味は強くなります。

予防歯科が重要視される北欧やアメリカは、子供の頃から自分の歯を守る習慣を持っています。これも白い歯を維持する要因の1つかもしれません。

日本では大人になって歯のトラブルに気が付くコト多いですね。忙しい毎日の貴重な時間を無駄にしないためにも、色だけだは無く歯全体を観察して、必要があれば歯科医の予約をして下さい。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ