歯が痛い! でも虫歯じゃない! 原因は歯だけじゃない!!

歯が痛くて歯科医に行ったけれど虫歯じゃなかった。こんな経験談を耳にしました。仲間内で虫歯について話をしていた時のことでした。痛みは数日で解消して今も虫歯になっていないそうです。

現在も虫歯0を更新中の彼はアメリカ育ち。虫歯予防が進んでいる国なので、定期検診と歯科矯正は当たり前だったそうです。今回は虫歯デビューを覚悟したと言っていました。

歯科医

痛みも消え、虫歯にも進行しなかったので原因は迷宮入りとなってしまったようです。でも気になります。私は歯の痛み=虫歯と思い込んでいました。

虫歯0はやっぱりうらやましい…口の中だけじゃないの? 他にどこか悪いなんてことがあり得るの? 虫歯じゃないけれど歯が痛い。私の思い込みを覆す原因があるのか調べてみます。

スポンサード リンク

歯が痛い! 虫歯じゃないってホントなの?

歯が痛い…でも虫歯じゃない。だったらなんなの? とキレ気味になる気持ち理解します。歯が痛くてツラいけれど虫歯じゃない。まず考えられる原因、歯ぎしりのクセはありませんか?

電動歯ブラシ♪ネコちゃんには…

    歯ぎしりには2種類あります。

  • 寝ている時、上下の歯が力を込めてギリギリとこすれ合う。
  • 何かに集中してる時、無意識で奥歯を噛みしめている。

無意識で長時間行う歯ぎしり、歯には負担です。歯根などの歯を支えている部分に数十kgの力が加わることで痛みが出るコトも。歯の表面がすり減ると、細菌も入りやすくなってしまいます。

朝起きた時・噛んだ時に痛みがでることが多いようです。

虫歯じゃなくても歯が痛くなるきっかけは、まだまだあります。口内とそれ以外の原因も調べました。

スポンサードリンク

歯が痛い原因はやっぱり歯にあるの?

虫歯じゃないのに歯が痛い。歯が痛いということはやはり歯にアクシデントが起こっているようです。こんな原因が考えられます。

    ◆痛みの原因は歯

  • 歯と歯の間にモノが挟まっている
  • 歯間にガッチリと挟まると押された歯に痛みがでます。

  • 歯にヒビが入っている
  • 歯のヒビは目視では確認できないケースもあります。硬いものを噛む・歯ぎしりで歯にヒビが入る可能性が。

  • 歯が生えてくる
  • 大人ならば、親知らずが生えてきますね。斜めに生えてくる時は隣の歯に当たって痛みが出るコトもあります。

  • 歯髄炎を起こしている
  • 歯の中にある神経組織に細菌が入って痛みがでます。常にズキズキと痛むのが特徴。

この他にはせっかく虫歯の治療をしたはずなのに、歯が痛い場合もあります。理由はこんなこと。
・神経が残っている時は神経が炎症している痛み。
・治療の後被せたものがあると、噛むときに痛む。

痛みが治まらない時は、すぐにでも治療をした歯科医に行ってくださいね。

歯茎のアクシデントで歯が痛い?

口の中にあるのは歯だけではありません。歯茎は歯を支える骨を守る粘膜。歯には無くてはならない存在。でもアクシデントが原因で歯痛を感じるコトがあるようです。

治療

◆歯茎のアクシデント・ベスト3
・急に起こった歯周病が起こす痛み
・口内炎で歯茎が腫れ、歯も痛みを感じる。
・歯茎の傷で歯も痛くなる。

歯と歯肉の間の細菌が引き起こす炎症が歯周病。歯茎からの出血など前兆を見逃していると、急な炎症と痛みが起こります。他の前兆として歯茎のムズムズしたかゆみなどもあります。

前ぶれの段階で歯科医に行くことで痛みの発症をくい止めたいですね。歯茎の口内炎で歯が痛む場合もあります。

強く磨くなどで傷ができた場合、歯が痛い? を思わせる痛みが出るコトがあります。力任せに汚れを落とすブラッシングは禁止ですよ。

口の中意外♪身体のどこかに原因が?

確かに痛いのは歯のはずだけど、口の中以外のアクシデントで歯に痛みが起こることがあるようです。

◆副鼻腔炎
鼻の周囲にある4つの鼻腔(鼻からの空気の通り道)の内、上顎洞に起きた炎症で歯に痛みを感じる場合があります。上の歯が痛くなります。

◆筋肉痛
食べ物などを噛む時に使う筋肉「咀嚼筋」の痛みで歯が痛くなることがあります。歯に近い咬筋(こうきん)やあごに関係する側頭筋(そくとうきん)が痛みます。

歯を強く食いしばる・片側だけで噛んでいるなどが、原因と言われています。

前傾姿勢が続くと首の筋肉がこわばり、関連して下あごの筋肉も硬くなることで歯に痛みがでることがあります。首と下あごの筋肉はつながっています。意識して上を向いて緊張をほぐして下さい。

この他には帯状疱疹・狭心症で歯が痛くなるケースがあります。虫歯じゃない場合でも痛みが続いて他に症状があるようなら、帯状疱疹は皮膚科・狭心症は循環器科へ大急ぎで行きましょう。

ストレスとメンタルで歯が痛い?

ストレスで起こる身体の症状に血流が悪くなるがあります。特に精神的なストレスで血液中の「カテコールアミン」という神経物質が増え、歯の周囲に充血を起こし、歯痛につながる説があるようです。

疲れた身体は抵抗力も落ちるので歯の痛みや歯茎の腫れも起こりやすくなります。

虫歯などの治療を繰り返すことで、歯の痛みを脳に伝える神経が混乱して痛みが続くなどというケースも報告されています。

原因が不明な「非定型歯痛」は痛みが治まるまで時間が掛かることが多いようです。歯とメンタル両方の治療が必要。心療歯科で診てもらうのも解決策の1つとなりますよ。

歯が痛いけれど虫歯じゃない! でも気をつけてほしいコト!!

歯の痛みが虫歯じゃない例は意外と沢山ありました。でも「虫歯じゃない」を判断するのは歯医者さんです。

歯医者さんには行きましたか?
・自分で鏡を見て黒くなっていない。
・他の人に見てもらったけれど虫歯らしい歯が確認できない。
このような自己判断で放置はしないで下さいね。

虫歯じゃないコトをしっかり確認したうえで、経過観察して下さい。

一旦治まった痛みがまた始まった時はすぐに歯科医に行きましょう。口内のトラブルから、重篤な症状を早期発見できることもあります。

アメリカでは歯科検診を受けていた彼も日本ではなかなか行く機会がないようです。次の痛みがでる前に、日本の歯科医での定期検診を勧めてみようと思いました。予防の大切さに国境はありません。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ