夏風邪の咳が止まらない! 夏の咳にも必ず原因が?!


夏風邪の咳が止まらない。最近はコホンと小さな咳をしただけでも、周りからの視線が刺さる…。マスクを使っているけれど、夏のマスクは暑さで逆に体調が悪くなりそう。

身体の異物を出すフツーの反応と言い訳をしても、咳をすればやっぱり大量のウイルスをまき散らしているとしか見てもらえない。しかも夏なのに。

咳

夏だから夏なのに、冬の風邪なら誰もが1度は罹るかもしれないけれど、今は夏。私が知りたいのは、夏風邪の咳にはどのような謎があるのか…

私の咳が止まりません! 気が付けばこの季節に現れる悩みのタネ、止まらない咳が続く夏風邪。夏なのに夏だから気温が低い時期とは違う原因があるのかしら。対策はあるの? それよりも予防? 知りたいです。

スポンサード リンク

夏風邪の咳が止まりません!!

夏風邪の咳が止まらない。大変です!! 夏風邪の咳が止まらなくて困っているのは夏だって働く必要があるんです私。咳が止まらない状態で仕事に支障が・・・

日頃の喉ケアも重要ですね♪

咳が長引くので、「咳はどうして出るのか?」を、私が代表して咳をしながら調べました。

鼻から気管支までの空気の通り道「気道」に入り込んだ異物を取り除くための自衛本能。異物にはほこり・ウイルス・花粉などがあります。

重要な呼吸を担う気道に、入り込んだ異物を出すのは生命維持にも必要な反応。必要があって咳をしているので、むやみやたらに止めないと言われたことがあるのも確かです。

今回の異物は「夏風邪」夏風邪で咳が長引いて困っている…異物は1つではないようです。

スポンサードリンク

夏風邪のウイルスで咳が長引いているの?

夏だからインフルエンザには夏休みを取って欲しいけれど、働き者のインフルは1年を通して活動しています。ウイルスと症状は冬と同じです。

風邪の症状が出た時は「インフルも有り」とメモしておきました。でも夏に耳にするウイルス、気になりますよね。夏のウイルスも感染症情報が出るので、注意が必要です。

  • アデノウイルス:プール熱で咳?
  • 喉が痛い・目が充血・高熱が続くが代表的な症状。夏のプールで感染が広がることからプール熱という夏感のある名前が付きました。大人だって罹ります。

    咽頭に炎症が起きるので呼吸器系統へ感染が多く見られます。喉の痛み・鼻水・咳が主な症状。感染力が強いので急性で症状がでることも。

  • エンテロウイルス:ヘルパンギーナで咳?
  • 喉の痛みから始まることが多いウイルスです。喉に水泡ができて熱が上がるなどの症状が見られます。飛沫感染などで広がるスピードはかなり速め。

    喉に症状が出るので異物の侵入を敏感に感じ取って咳も始まります。子供が罹る感染症と思って、対策を怠ると重症化することも。咳が長引く原因に。

    子供の症状が治まって、ホッとした所に親が発症。夏の疲れと思って体調不良を我慢していたらヘルパンギーナ。夏風邪あるあるの例です。感染力の強さはあなどれません。

夏風邪の2つのウイルス、喉への感染から咳が始まり環境や体調で止まらない咳に発展することも否定できません。でもその咳、別に隠れた原因もあるようなのです。

止まらない咳♪他にも原因が?

マスク

咳が止まらなくて1週間ぐらいしたり、咳止め薬を使っても10日から半月経っても止まらないと、もう1度病院行こうとかと思いますよね。まさか、原因は夏風邪ではない??と思ったりもします。

せき止めを使っても、約2週間止まらない咳の原因にはこんな可能性があるかも。

1.夏型過敏性肺炎
スタートは夏風邪の症状とほぼ同じ。原因はカビです。エアコンや洗濯機などのカビが夏に大量繁殖することで咳が出ます。家にいると咳が出る、出かけると咳が止まる場合も。

同じ環境にいても罹る人と罹らない人がいるのも判定を難しくしています。冬の感染症を乗り切ったのに毎年夏には咳の出る風邪を引くようならコレを思い出して下さい。

熱の有無や咳がどれ位続くのかを記録して呼吸器科を受診しましょう。長引かせないためにも早めの受診をおススメします。

2.マイコプラズマ肺炎
ウイルスより大きい細菌より小さい微生物「マイコプラズマ」が原因です。大きさも違えば、性質もウイルスでも細菌でもない性質が特徴。

ウイルスは人間の身体の中で増えますがマイコプラズマは体外でも増えます。通常の抗生物質は効きません。潜伏期間が1〜3週間。熱が37~39度・喉が痛い・乾いた咳が3大症状。

乾いたしつこい咳が続きます。免疫が付かないので繰り返し罹ることも。内科・呼吸器科を受診して下さい。的確な投薬がマストなので自己判断をしないで早めに診てもらいましょう。

病院は何科へ行く? 迷うあなたへアドバイス♪

3.咳喘息
長引く咳が気が付けば1ヶ月止まらない時は、咳喘息が考えられます。受診する時は呼吸器科・アレルギー科・耳鼻咽喉科です。

咳喘息は咳が続くコトで気道が敏感になり、気温差・アレルギー反応で咳が続くコトに。喘息特有のヒューヒュー・ゼーゼーの喘鳴はこの段階ではないようです。

このまま放置しておくと本格的な喘息に発展するケースもあるので、確実な治療を受けて下さい。抗生物質を使うなどの、勝手な自己判断は絶対にダメですよ。

咳喘息と判断されれば、感染症ではないのでうつることはありません。風邪の咳か咳喘息の咳かも受診をしないと判明しないので、必ず病院に行ってください。

そのうち止まると思いたい止まらない咳。咳をする方も聞く方もツラい症状は早めに原因を追究して、長引かせない対策をしましょう。

エアコンの乾いた空気も、咳が続く喉にはツラい環境。夏風邪の咳、喉も身体も労わって、夏に乗り遅れる前に咳を止めましょう~♪

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ