らっきょうのダイエット効果♪生食が一番のポイント!? その理由はコレ!

らっきょうのような人と言われて、色が白い? 肌がツルツル? なんて想像する前向き感、イイですよね。らっきょうは1年中売られているので季節とは無関係と思いがち。

でもらっきょうのハイシーズンは5月~7月。初夏を彩る野菜です。この時期だけ、生のらっきょうに出会うことができますよ。

らっきょう

原則として、甘酢などに浸かったらっきょう漬けを食べているのでこの出会いは非常に貴重な時間と言えますね。決して主役にはなれないらっきょう。添えられて出てくる控えめな存在。

バイプレイヤーだからこそのパワーを持っています。効果あるの?ダイエットにらっきょう。露出が多くなる夏を前にしたシェイプアップ、初夏の旬野菜でリアルに実現しましょう。

スポンサード リンク

らっきょうはダイエットに効果があるの?

らっきょうはダイエットに効果があるかどうか? らっきょうのビジュアルだけではダイエットに効果が期待できるか判断できません。

美味しいらっきょう漬け作りましょう。

らっきょうのダイエット効果、まずらっきょうの素顔にせまります。

  • らっきょう(薤白・がいはく)
  • 平安時代に薬として中国から伝わったネギ属の野菜。漢方では薤白と呼ばれます。

    漢方的に判断すると、身体を温めて「便秘・肩こり・頭痛」などに効果があると言われています。食欲増進にも効果があるので食べ過ぎには注意が必要ですね。

らっきょうにはケイ素やビタミンCも含まれているので、への効果ももれなくついてくるようです。

血流を良くする効果が畑の薬と言われる由縁。科学的に見ると「水溶性食物繊維・サポニン・アリシン」を含んでいます。ダイエットへの効果見えてきました。効果を検証していきましょう。

スポンサードリンク

食物繊維にあるダイエット力がハンパない?!

らっきょうは土の中で育つ野菜。これだけ聞くだけでも食物繊維を含んでいるイメージがムクムクと沸いてきますよね。量を確認してみましょう。

・食物繊維の量(可食部100g)
らっきょう…20.7g
枝豆…7.3g
ごぼう…5.7g

野菜としては断トツ1位といえる食物繊維を持っているらっきょう。便秘解消してダイエット! というのも確かです。らっきょうの食物繊維には注目すべき成分「フルクタン」が含まれています。

らっきょうフルクタンの働き→ 腸内で糖や脂質を包み込んで体外に排出する。

らっきょうを体内に取り入れることで、食後の血糖値上昇をゆっくりにし、脂質の吸収を抑えるコトができます。

血糖値がゆっくり上がればゆっくり下がります。急激な下降による、耐えられない空腹感に襲われることを防ぐコトが可能。食べる量をセーブすることにもつながります。

ダイエット中は、美味しい脂を堪能した後はチョット後悔しますよね。脂を分解して包んで排出できると分かれば安心ですね。らっきょうが働いてくれます。

食物繊維ですから整腸作用・便秘解消は約束されています。コレステロールも排出する、ダイエット力最強クラスが決して過言ではないフルクタン。

他にはアスパラガスや玉ねぎもフルクタンを含んでいます。らっきょうの食物繊維は90%がフルクタン、含有量はNO.1ですよ。

サポニンはあのサポニン??

健康美意識の高い方はサポニンと聞くと、大豆サポニンを思い浮かべますね。らっきょうにもサポニンが含まれています。ダイエットへの効果を確認しましょう。

らっきょうサポニンの働き→ 摂取した脂の吸収を抑えます。余計な脂肪が身体につかない効果が期待できます。

サポニン成分を含む植物をシャンプーに使う例もある位、油脂分を落とすことに効果があるサポニン。脂好きには欠かせない成分を2つ持っているのがらっきょうですね。

そのほかには血流促進、特に毛細血管に働きかけます。冷え性改善にも効果が期待できますよ。

アリシンで燃えるダイエット?

らっきょうにはアリシンも含まれています。同じネギ属のにんにくで成分名は耳にしたことがありますよね。アリシンの働き確認しましょう。

カレー

らっきょうアリシンの働き→ ビタミンB1の吸収率を高めます。炭水化物を分解してエネルギーに変える働きが促進。エネルギー代謝のUPは脂肪燃焼へとつながります。

炭水化物を分解するのは朗報ですね。ダイエットには炭水化物のコントロールが重要。でもまったく食べないのはストレスも貯まって、続かないダイエットになりがち。

にんにくは料理などで摂ることができますが、サラダ感覚のらっきょうならもっと気軽に食べる事ができます。スーパーのお漬物コーナーに必ず並んでいるので入手も確実。

効果的な食べ方と注意点♪ココが1番大事かも?!

最後は効果的な食べ方と適量をご紹介します。

らっきょうの効果的な食べ方は?→効果的な食べ方は生食。成分が壊れずそのまま詰まっています。例えばらっきょうを甘酢漬けにした時、100g中の水溶性食物繊維は「18.6g→1.7g」までにダウン。

ダイエットに必要な栄養素が、漬け汁に溶け込んでしまいます。水に溶けやすい性質を持つアリシンも、調理過程で減っています。

ハイシーズンで手に入った時は「らっきょうスライス」これに塩を振れば薬味にも使える優れもの。甘酢漬けは漬け汁に成分が溶け出しています。大さじ1を目安に漬け汁を使う・食べるで効果を上げて下さい

エシャレットはらっきょうと兄弟?
エシャレットは数奇な運命をたどってこの名前に落ち着きました。エシャレットは「早めに収穫したらっきょう」らっきょうです。

最初に売り出した時の名前は「エシャロット」でしたが、これは全く別の野菜。せっかくのキラキラネームを活かしてエシャレットと改名しました。ちなみに最初は「根らっきょう」という昭和な名前。

フルクタン・アリシンがもちろん含まれています。生食できるらっきょう、意外な所に潜んでいましたね。旬は少し早めの3月~5月です。

ダイエット・美肌・血行促進といいことづくめのらっきょうですが、食べ過ぎには注意が必要です。

らっきょうは1日何粒まで?→小なら5粒・大なら3粒が適量。

ダイエット効果のアリシンは食べ過ぎると胃腸障害を起こす可能性があります。適量は生・漬けたもの共通。適量遵守で効果をGET。

カレーの薬味。薬という漢字がつくのでやはり意味を持った食べ物でした。カレーは飲まずに適量のらっきょうと味わって、ダイエット効果UPさせて下さいね。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ