へそのゴマ掃除♪妊娠した時はスッキリとれるチャンスです?!

へそのゴマ掃除の妊娠編です。妊娠が判明した時、身体の中では大きな変化があるけれど、見た目の変化はほぼナニも無し。

このあと次第にお腹が大きくなってくるのは、順調にベビーが成長をしているからですね。段々大きくなるお腹と同時に気になってくるのがへそ。

おへそ

へそが気になるというより、へそのゴマに目が行きますよね。自分の身体にあるモノだけど、これをどうしていいのか良くわからない。まだまだお腹は大きくなるのに…

対策を立てる時は敵を知ってから? 自分のモノだけど、敵でも味方でもない妊娠した時のへそのゴマ、掃除という戦いを挑んでもいいの? もしいいのなら攻め方は? 調べました。

スポンサード リンク

へそのゴマの掃除♪妊娠の場合はどうする?

へそのゴマ掃除妊娠編。へそのゴマの掃除は妊娠した時にしていいのか、何かお腹の中に影響があるのか心配ですよね。へそのゴマのそうじ、妊娠した場合の答えはコレ。

へそのゴマ掃除、妊娠の場合掃除をしても大丈夫です。胎児に影響はありません。

胎児に栄養などを供給するへその緒はママの胎盤につながっています。へその緒とへそはつながっていないのでご安心を。

オイルは色々お役立ち♪

妊娠はおめでたといわれても、妊婦さん本人には次から次へ心配や不安がやってきます。おへそのゴマもその1つ。

へそのゴマを取るのはNG! と言われたことを守っている人もいるかもしれませんね。でも大きくなるお腹と同時に目立ってくるおへそとへそのゴマ、気になりますよね。

掃除をしても大丈夫ですが注意する点ももちろんあります。安心安全なお掃除でおへそもキレイにしていきましょう。

スポンサードリンク

へそのゴマ掃除♪その前に大事な注意点!

そうじをしても大丈夫なへそのゴマ。ではその正体は? と聞かれてスラスラと答えが出る、へそのゴマのプロにはなかなかお目にかかれません。へそのゴマの正体をセミプロ(?)の私が教えます。

皮脂・石けんのカス・繊維クズなどが蓄積されてできた垢

ビジュアルからゴマと言われますが、まとめちゃうと、ホントに無用なモノ。へその中には雑菌の繁殖も見られます。

でも一生取らなくても平気な人もいます。むしろムリに取ろうとして、へそに傷をつけてしまう方が心配です。

へその底の皮膚の下に皮下脂肪はありません。皮膚からわずか5mmの所には神経が集まる腹膜があります。ムリな掃除は腹痛や下痢の原因。妊娠中に避けたいトラブルばかりですね。

これを忘れずにへそのゴマを掃除方法へ移ります。

へそのゴマ掃除方法♪妊娠編! 実はチャンス到来?!

安定期に入り、5~6ヶ月に入ればお腹も大きくなり同時におへそも前に出てきます。自分のおへその一番奥を見るコトが可能になるのは妊娠をしたからこそ。

奥までできるへそのゴマ掃除、妊娠した時はチャンス到来です。でも皮膚も身体もデリケートな時ですからあくまでムリせず優しく掃除します。

  • 用意するもの
  • 化粧用オイル
    ガーゼ

  • 掃除の方法
  • オイルでゴマを柔らかくします。ガーゼで力を入れずに拭きます。

もし綿棒をつかう場合はあくまで横の面で拭いて下さい。縦に奥まで入れて傷になることは避けて下さいね。

取れそうで取れないモノは、自然に取れる可能性があるのでそのままにしておいても大丈夫。傷をつけないことが最優先です。

オイルは選んで使いましょう

マタニティ

おへそ掃除用のオイル。オイルが無ければ刺激の少ない保湿クリームなどでも大丈夫です。ただし食用のオイルは使わないで下さい。表示に「化粧用油」があるモノを用意します。

化粧用オイルの特長
・分子が細かいので肌になじむ
・不純物を取り除いている

食用油の不純物(原料の皮や種の細かいかけら)は消化器官で分解できるので身体への影響はまずありません。肌には刺激を与える可能性が。併せて酸化の原因ともなるので、肌用には向きません。

太白ごま油はベビーマッサージなどに使いますが、やはり不純物を除いたレベルの高いものを選ぶことが条件。

化粧用であれば無印良品のピュアオイルはおへそにも使えますと、スタッフさんが教えてくれました。ホホバオイルはベビーにもおすすめですよ。

へそのゴマで悩まないで! 解決しましょう!!

ただでさえ不安が多い妊娠中。へそのゴマでのお悩みは解決できますよ。

お悩みその1.
へそのゴマの掃除をしました。すべて取り除くことができないのですがこのまま放置して大丈夫ですか? 奥の方に残っているゴマはピンセットで取ろうと思うのですが。今妊娠7ヶ月です。

解決編その1.
ムリに奥にあるゴマを取るのは危険です。ピンセットなど先のとがったモノは傷原因、使わないで下さい。

へそにオイルをたらして10分位放置してゴマを柔らかくすることから始めます。その後やさしく拭き取って下さい。一度ではとれないので1週間に1度位の頻度で試しましょう。

7ヶ月であればまだお腹が大きくなるので、自然に取れることもあります。ムリは禁物。

お悩みその2.
臨月の初マタです。湯船に浸かっていたらおへそのゴマがすべて流れて行きました。大きさとしては1〜2cm位の気がします。おへそが空洞になってしまいました。バイキンとか入ってきませんか?

解決編その2.
まずおへそからバイキンは入ることありません、安心して下さい。おへそのゴマは蓄積したなので、取れてしまってもおへそからバイキンは侵入しません。

ムリにではなく自然に取れたのであれば傷の心配もないはずです。もちろん痛みなどがあれば診察を受けて下さいね。奥のゴマまで自然に取れるのは妊娠中にしか経験できません。

ベビーに会えるまでもう少し。残り少ないマタニティライフ、へそゴマのお悩みを解決して、ゆっくりゆったり過ごせることを願っています。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ