目を洗う! 水道水は危険って知ってた? 昔とは変わったことはココ!

を洗いたい…と思ったことありますよね。花粉やほこりが気になった時。1日頑張った目をお疲れ様の意味も込めて、洗ってあげたいなんて思うこともありますよね。

昼間の活動時でもリラックスしている時も、目はほぼ全力で働いていてくれる。電車移動で運よく座れたら、居眠りで短い休憩をとることも出来るのだけど。

目

そんな機会もない時、目には申し訳ないけれど、ブラックな労働環境で頑張ってもらうしかないのよね。

癒しの時間をあげたい…それくらい愛おしい目だけれど、水道水で洗うのは大丈夫? 以前はOKだった目を洗うこと、今は注意というより、むしろ禁止事項です。洗うのは一旦ストップして下さい。

スポンサード リンク

水道水で目を洗うのは禁止なの?

水道水で目を洗う。以前よくあった例は、プールに入った後は水道水で目を洗いましょう、なんて教えられた世代もいますよね。「水道水で目を洗う」今この行為は禁止です。理由はこれです。

水道水に含まれている塩素が目にダメージを与える。

日本は水に恵まれています。心も洗われますね。

細菌やウイルスなどの消毒のために水道水には塩素が含まれています。目も消毒できるから一見いいコトに思えますが、実は目のトラブルの原因となることも…。塩素で洗うと起こるのは?

目を保護している膜も洗い流してしまう。

水道水で目を洗う行為は、デリケートで頑張る目を癒すのではなく、傷つける事にもなり兼ねません。「水道水で目を洗う」お話はまだ続きます。

スポンサードリンク

目の膜を洗うのはどうしてダメなの?

目を大事に思うからこそ洗おうと思ったのに、目の膜までも洗い流してしまう結果起こるコトは?

目を水道水で洗うだけでドライアイの状態を作ってしまいます。

目の表面の構造を確認して、理由を知っておきましょう。黒目部分の角膜の表面にはこの3層構造があります。

    角膜の上の3層構造

  • 油層→水層→ムチン
  • 油層:1番外側にあります。役目は涙の蒸発を防ぐこと。
    水層:2層目は涙腺から分泌される涙が成分。感染防止をします。
    ムチン:涙を目の表面に分布させる働きを助けます。

3つの層は独立しているのではなく、微妙にバランスを取りあって、日々目を守り続けています。

水道水に含まれる塩素はムチンの働きを阻止し、新しく生まれるムチンの細胞を破壊してしまう場合もあるのです。

たんぱく質と糖質で出来ているムチンは身体のあちらこちらに存在しますが、目のムチンは無くてはならない存在。ムチンがないと角膜の上の必要な涙を保つことができません。

玉ねぎや涙活で出る涙ではなく、基礎分泌の涙がないと目は正常に働いてくれません。粘る性質があるムチンで、角膜の上の涙はとどまることができるのです。

乾きを気にして目を洗うと、結果目はさらに乾いてしまいます。

プールの塩素は大丈夫なの?

プールの水にも必ず塩素が含まれています。濃度としては水道水とほぼ同じの塩素で消毒をしています。臭いが強いので濃いめ? と思いがちですよね。

独特のプール臭は人間の皮膚なども影響をしています。でも目と水道水との接触は避けられません。少しでも塩素の害を減らす対策が必要です。

・ゴーグルをする
・涙成分で出来ている目薬を使う
・塩素を使っていないプールを選ぶ

ゴーグルをつけるコトで塩素との接触は減りますね。目の渇きがきになるのなら目薬で潤します。低塩素・塩素以外で浄化のプールも増えています。肌にも髪にも優しいプールですね。

水道水以外なら洗って大丈夫?

塩素が入っている水道水で目を洗うことはNGだけど、塩素が入っていない水なら洗ってもいいのか? 疑問が浮かびますね。調べてみましょう。

水道水

・天然水
塩素以外で消毒をする天然水。目を洗っても大丈夫と思いますよね。でも容器を開封したら雑菌の繁殖が始まります。

飲むと身体に良いミネラル成分は目には悪影響となる可能性も。やはり目を洗う水とはなりませんね。

・生理食塩水
開封をすれば雑菌の繁殖が始まります。眼科で使うことがありますが、医科向けに販売されているモノを使用。お手製の生理食塩水を使うことも目には適さない水ですね。

・洗眼液
ドラッグストアで簡単に購入できる洗眼液、目を洗うのに適していると思いますよね。でも使い方によっては目に障害が起こる可能性があります。

目に良い成分が入っていると同時に防腐剤・抗炎剤などが含まれている製品があります。炎症が起きていない目に必要がない薬です。目の表面の大事な3層を壊してしまうことも考えられます。

コンタクトを外した後は目を洗わなくて大丈夫?

外したコンタクトレンズに付いた汚れ。コレを目にすると「目を洗わないと!」と思わず行動に出ますよね。でもこの汚れは目の3層構造の成分です。

汚れではなくムチンや上皮細胞が付いています。自分の目から出る分泌物ですね。コンタクトレンズを外す度に、目を洗う必要はありません。

不快なほどの汚れがある時は、原因があるので眼科の診察をおススメします。

必要な時は目を洗いましょう!!

水道水で目を洗わないとここまで言ってきましたが、緊急事態で目を洗う必要が生じた時は迷わず目を洗って下さい。

・目に傷をつける異物が入った
・目に洗剤など刺激物が入った

このような場合はとにかく障害物を除くことが先決。身近にある水道水でとにかく流しましょう。必要がある時は急いで病院に行ってくださいね。

目はとてもデリケートな構造をしていますが、自分で自分を守るシステムもキチンと持っています。目に感じる違和感の原因は、外からの影響も考えられます。

汗で落ちにくい化粧品は、コンタクトレンズに付けばやはり落ちにくい汚れとして残ります。油分の多い化粧品は目にも障害をおこします。

異常を感じて目を洗うより、レンズの扱いを変える必要があるかもしれません。目の汚れがひどく気になる、目を洗いたいほどの障害が出る時は、眼科で原因を調べて適切な治療で解決して下さいね。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ