エコキュートで入浴剤は使用可能なの!? メーカーの担当さんに聞いてみた!!

エコキュートで入浴剤を使って温まりたい…なんでこんなコトが問題になるのか。エコでキュートなら私のコト? 可愛いエコバッグを持って買い物にも行くし、だってポイント付くでしょ!

エコではあるのです。エコで給湯できる優れものとして拡散されているのだけど、せっかくのリラックスタイム・デトックスタイムが過ごせないかもしれないのです。

%e5%85%a5%e6%b5%b4%e5%89%a4

湯船に浸かる、しかも入浴剤をあれこれ選んでバスタイムを温泉タイムにしたいのにそれがダメなんて…

使えない? 使用可能? エコキュートの入浴剤。対策があれば知りたいけれど、機械を作ったメーカーの見解も聞いてみたい。我が家のバスタイムにリア充を…

スポンサード リンク

エコキュートで入浴剤は使用可能?

エコキュートで入浴剤は使用可能か? せっかくススメられて研究して設置したエコキュートでこんな基本的な問題にぶつかるなんて…。エコキュートで入浴剤が使用可能の前にエコキュートを再確認。

お風呂といえばカピパラ豪華な花びら風呂♪

エコキュートは電気を使った給湯器。ヒートポンプという技術を使います。ヒートポンプは空気を圧縮し、その熱でお湯を沸かします。

沸かしたお湯はタンクに貯められます。貯めたお湯が配管を通ってキッチンやお風呂場に行きます。

素晴らしい技術ですがどうしてエコキュートのお風呂に入浴剤が使えないの? 最大の課題ですね。使用可能かどうか? とりあえずの見解はコレです。

    追炊き機能があると、お湯が循環するので入浴剤の成分で目詰まりを起こす。

  • 使えない入浴剤があります
  • 酸・アルカリ・硫黄分を含んだ入浴剤は禁止
    上記の成分は機器の故障原因です。

追炊き機能がないエコキュートには使用制限がありません。追炊き機能のエコキュートでも絶対使えない訳ではないようです。

そしてメーカーさんそれぞれ、使用可能な入浴剤と注意事項を出しています。各メーカーを確認します。

スポンサードリンク

エコキュートの入浴剤♪ダイキンの場合は?

ダイキンさんの公式サイトでまずは確認です。入浴剤についてはこのような記載があります。

酸・アルカリ・硫黄を含んだ入浴剤は機器の故障原因なので使えません。

シンプルな回答がでています。エッ~これだけ…、しつこい私は電話しました。ダイキンさんの見解はこのようです。

良くある質問の回答は、すべて追炊きのできるタイプにを想定しての回答です。重曹を使った手作りの入浴剤は使用不可。弱アルカリ性であっても使えません。

  • 使用可能な入浴剤
  • バスクリン・バスロマン・バブ にごりタイプは使えません。

使用可能な商品以外の発泡する・白く濁るにごりタイプやミルク成分が入った入浴剤は使えません。

追加情報としてダイキンさんはバスクリンから出ている「日本の名湯」の中で透明タイプなら使えると教えてくれました。

ただし透明タイプでも美作湯原・道後は弱アルカリ性なので使えません。お湯に溶けた時中性になるも使える条件の1つ。アソートで入っている場合は注意が必要ですね。

入浴剤の箱の裏にはエコキュートではなく「全自動給湯器」と表示されている場合もあります。ドラッグストアで扱っている「クナイプ」にはこの表示がありました。

クナイプはエコキュートに使えませんと販売会社が教えてくれました。愛好家の方ごめんなさい。

ダイキンさんは入浴剤が使えるかどうかの試験をした結果、使用可能な商品を案内しています。新商品は試験をしていないので機器のメーカーには情報が無いそうです。

入浴剤のメーカーに使用可能かどうか聞くことをお願いしますと、ダイキンの担当者さんに言われました。エコキュートで使える入浴剤を探すのはなかなか大変です。

エコキュートの入浴剤♪パナソニックの場合は?

パナソニックさんの使用可能な入浴剤、商品名をサイトに出しています。注意が必要なのはフルオートタイプ。セミオート・給湯のみには入浴剤の使用制限はありません。

  • 使用可能な入浴剤
  • バブ・バスクリン・きき湯 にごりタイプは使えません。

使用可能なバブの箱の裏面を確認すると<浴槽について>という項目があります。ここにはまず風呂釜・浴槽をいためるイオウは入っていませんと記載があります。

花王の公式サイトでは「にごりタイプ」と明記があります。箱の裏面に【浴槽・給湯について】の項目があります。

給湯器によっては使えない機種があるので、説明書を確認する。と書いてあります。この注意書きのあるバブは使えません。

バスクリンの公式サイトにもバスクリン・きき湯の透明タイプは使用可能と載っています。こちらも商品にそれぞれ「透明タイプ」「にごりタイプ」と載っているので必ず確認をして下さい。

◆使用不可の入浴剤もチエックです。
使えない入浴剤
・使用可能以外の発泡系入浴剤
・バスバブル・浴槽内での石けん
・ミルク成分・とろみ系
・硫黄・酸・アルカリ・塩分を含んだもの

オシャレなアワアワのお風呂はダメ。生薬を使っているものもダメ。効き目ありそうな入浴剤が使えないのは残念かも。

その他の注意事項としては「複数の入浴剤は同時に使わないでください。」があります。理由を知りたいですよね。パナソニックさんに確認しました。

使っていい入浴剤はメーカーとの実験結果で決めたものです。入浴剤は単体で使って大丈夫という結果を受けたものです。

複数の入浴剤の同時使用については実験をしていないので、影響を特定できていません。使用可の入浴剤の単体使用でお願いします。

エコキュートの入浴剤♪三菱電機の場合は?

%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82

三菱電機さんの公式サイトで確認です。このような記載があります。

  • 使用可能な入浴剤
  • 花王のバブシリーズは使用可能。
    ただし白濁タイプ(バブミルキー・バプチーノなど)は使えません。

バブ押しです。使用可能な入浴剤以外で、故障(性能低下・部品の腐食)の原因となるので使えない製品の解説も載っています。

・使用可能以外の炭酸ガスを含む(発泡のため)もの
・硫黄・塩化ナトリウム・炭酸カルシウム(にごり成分)を含むもの
・薬草・柚子などの固形成分があるもの

成分の確認が必要と共に、成分が不明なモノは使用を控えて下さいと載っています。三菱電機のエコキュートをお使いの方は、バブでの入浴タイムを、お過ごしください。

エコキュートの入浴剤♪コロナの場合は?

コロナさんの公式サイトのチエックをしましょう。

  • 使用可能な入浴剤
  • バスクリン・バブ・バスロマン にごりタイプは使えません。

増えましたバスロマン使えます。バスロマンの公式サイトもチエックです。バスロマンを一覧表にしてにごり・透明とタイプの欄にかいてあります。

透明タイプを選ぶ必要があるのでこちらの表で確認の上使いましょう。成分にコラーゲンやシアバターが入っているモノは使えません。

その他の注意事項としては使用可能な3商品以外の、炭酸ガスによる発泡タイプ、イオウ・酸・アルカリ・塩分を含んだものは使えません。コロナのエコキュートをお使いの方、選択肢は色々あります。

エコキュートの入浴剤♪日立の場合は?

日立の公式サイトで確認しましょう。さすが前向きな日立さん。いろいろな入浴剤が使えるよと、案内があります。ただし、にごりタイプは使えませんと大きく書かれています。

  • 使用可能な入浴剤
  • バブ・バスクリン・きき湯・バスロマン 透明タイプが使えます。

注意事項も沢山あります。
1.使用可能の入浴剤でもお湯に溶かした時に乳白色ににごるタイプは、フィルターの目詰まりの原因となるので、使えません。
2.使用可能以外の発泡するタイプ・とろみのあるタイプ・固形物が解けずに残るタイプは使えません。
3.硫黄・酸・アルカリ・塩分を含んだもの。

そしてもう一つの注意事項として、自動配管洗浄を必ず「入」にするがあります。普段より配管の「自動洗浄」を設定しておくと汚れが防げます。

エコキュートの入浴剤♪東芝の場合は?

東芝キャリア(株)さんの公式サイトでチエックです。よくある質問に、使える入浴剤の商品名が出ています。

  • 使用可能な入浴剤
  • バブ・マイクロバブ・バスクリン・きき湯・バスロマン
    にごりタイプは使えません。

その他の注意事項はこれ
推奨品以外に使えないタイプ
1.硫黄・酸・アルカリ・塩分・ミルク・ミルク成分を含むタイプ
2.浴槽に沈殿物が残るタイプ。
3.生薬(固形のモノ)
4.発泡系(使用可能以外)

入浴剤の注意書きをよく読んで、製品に影響のないコトを確認する。東芝さんの回答は以上、意外にあっさり。

にごりタイプが使えないのは全メーカー共通ですね。

エコキュートの入浴剤まとめ

エコでキュートなエコキュートですが、様々な入浴剤を使ってバスタイムを使う人にとっては少し残念な技術ですね。地球に優しくても、人に優しくないなんて…。

入浴剤をよく溶かすというのも機器を守るポイント。沈殿物の残る麦飯石なども入浴剤としては使えません。お湯に入れるのは使用可能な入浴剤だけというのが長いお付き合いには大切です。

使える入浴剤は沢山あるのでメーカーサイトをチエックして、お気に入りを見つけて下さい。ネットで注文する時は注意が必要です。

サイトによっては透明・にごりと載せているところもありますが、判断に迷う商品もあります。販売側にはタイプを明記してほしいと思いました。

黙っていてもお湯が沸く技術、大変便利ですが導入をする時は慌てず、メリット・デメリット確認して、いい湯に浸かれることを願ってます。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ