チーズの効果を恋愛に活かそう! 食べればあなたの恋が始まる?!

チーズの効果はたんぱく質を摂って元気になれる、なんて単純に答えが出ます。今回はチーズと恋愛についてお話したいと思います。

女子が目指したい体質は痩せやすい体質、次がモテ体質。そして恋愛体質ですね。チーズと恋愛いったいどんな関係があるのでしょうか?

%e3%83%94%e3%82%b6

そういえばイタリアの国民食ピッツアはチーズを使っています。イタリアと言えば、恋愛のリア充度高めの国。もしかしたら秘密はチーズにあるのかもしれません。

よろしければチョコと一緒に、もしくはちょっと狙ってチーズ多めで、恋愛に効果があるのなら食べないなんてもったいない。秘められた力は恋にも愛にも効くはずです!

スポンサード リンク

チーズの効果♪恋愛とどんな関係が?

チーズの効果が恋愛に! こんな朗報が飛び込んできました。チーズを食べると効果が出る、しかも恋愛に…、目がハートマークですよ。

後片付けのないチーズフォンデュ♪

人の恋には興味があるけれど、自分の恋には興味無し! なんて女子は恋力の低下度が心配。でもチーズの効果ホントに恋愛に効くの??

チーズにはフェニルエチルアミン(PEA)が多く含まれています。

3回位見直しが必要な名前フェニルエチルアミンは伝達をする物質。から各神経に情報を伝えています。

特に大量に分泌されるのが恋愛を始めた時。あの人が気になる…それが進行して「あの人が好き」のドキドキ感を実感している時に分泌されるのがフェニルエチルアミンです。

この何度読んでも覚えられないフェニルエチルアミンとチーズを、愛情たっぷりで検証します。

スポンサードリンク

フェニルエチルアミンと恋愛の関係は?

チーズに豊富に含まれているフェニルエチルアミンのお話をもう少し続けます。科学的にはアミノ酸系の脳内伝達物質。本来は不安な時・緊張をしている時に分泌されます。

恋に落ち入った結果分泌される訳ではなく、分泌されることによって恋に落ち入ります。特に恋愛の初期段階ドキドキもときめきもMAXの時は、大量に分泌されます。

なので自分ではなく、相手を恋愛モードにるするには「不安・緊張」の環境に置くが条件の1つ。

吊り橋効果はその例です。吊り橋を渡る時のドキドキを恋と勘違いしてしまう。2人で吊り橋を渡る不安で、フェニルエチルアミンが分泌されて、恋が始まることがあるのかも…。

そしてこのフェニルエチルアミンは身体の中では合成できないので、食べ物などからの摂取が必須となります。フェニルエチルアミンを多く含む食品などを口にするが2つ目の条件です。

フェニルエチルアミンを含む代表的な食品にチョコレートがあります。チョコよりもより多く含んでいるのがチーズです。実力派チーズの恋愛力を余すことなく享受しましょう。

恋愛に効果のあるチーズの食べ方♪お作法は?

チーズを食べると恋愛に効果がある。チータラやチーかまでもいいのか? チーズケーキはどうなのか? 疑問を解決しましょう。チーズ選びもポイントになる可能性がありそうです。

「カマンベールチーズ」に関してある調査結果があります。カマンベールチーズが好きな人は、「パートナーと暮らすことが大事」と回答した人が8割近くいます。

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88

それにプラスして自分にとって恋愛は人生の中で重要と答えた人の割合が、高めという結果が出ました。

カマンベールチーズに含まれている主な栄養素はたんぱく質・脂質・ビタミンです。特にA・B群の多さが目を引きます。チーズの短所でもあるのですがビタミンCはまったく含まれません。

カロリーは100g・310kcal。販売されている1箱も基本100gなので6等分1つが約50kcal。ナチュラルチーズの白カビタイプに分類されます。

プロセスチーズと違って、乳酸菌が生きているナチュラルチーズ。白カビの熟成がチーズの味をより深くします。

チーズと恋愛の調査で気になるもう1つの結果。パートナーにマンネリを感じる時期にもチーズが影響します。食べない人は約3年でパートナーとのマンネリを感じるようです。

食べてる人は約3.3年でマンネリを感じます。0.3年?! って突っ込まれそうですね。それでも食べれば約3ヶ月長く相手との良好な関係を感じるコトができるのは、チーズのおかげ。

「チーズを食べる」の中にはチーズを使った料理も含まれます。チーズフォンデュはチーズを沢山食べられる料理。カマンベルチーズをディップにしたレシピもあります。

2人の気持ちがあまり離れている時は、こういったレシピはあまり思い浮かばないかもしれません。もし距離を感じているならチーズ料理を検索することが、回復の第一歩かもしれません。

チーズって太る? 他に効果は?

チーズはたんぱく質やビタミンを豊富に含む食品でしたね。それプラス発酵食品という強みも持っています。代謝を促す効果が期待できますね。美肌や脂肪燃焼にお役立ち。

たんぱく質は満腹感を与えてくれるので食べ過ぎ防止にもなります。菌が生きているナチュラルチーズは特におススメです。ここでフェニルエチルアミンのお話に戻ります。

分泌で始まった恋。フェニルエチルアミンは、恋をするあなたの食欲を低下させます。恋をすると痩せた? と言われるのはこのせいかも。

他には消化を促進して腸内環境を整えて肌をキレイにする働きも持っています。恋をする人は美しいは科学的にも実証されています。恋とチーズであなたとパートナーの恋力は上昇中します。

でもやっぱり終わりはある? 起承転結の結は??

文章を書く時には起承転結を意識してと言われますが、このお話にも最後の「結」があります。フェニルエチルアミンの分泌は永遠に出続ける訳ではありません。

フェニルエチルアミンが同一の相手に分泌されるのは期間限定。3〜4年で減少をしていきます。

理由にはこんなコトがあります。
・過剰な分泌は周りの意見を受け入れない、冷静さに欠ける問題のある人を作ります。脳の一部が損傷してしまうコトも。

・多くの子孫を残すため

適度な常に恋している感は前向きになれますが、過剰に出てしまえば暴走気味の恋に発展してしまいます。

子孫繁栄と言われても時代的には困るのですが、生物が生き残るためには1つにこだわらず、次にエネルギーを使うことが重要になります。

恋愛が2人の間でラブラブと盛り上がるのは約7ヶ月。その後17ヶ月まではラブと不安を行ったり来たり。18ヶ月・1年半を過ぎても続く恋愛は冷めた恋愛かもしれないという説もあります。

悲しい結末をお知らせすることになってしまいました。でも恋愛も結婚も長く続けていて、それが決して嫌々続けている訳ではない、実例も沢山ありますね。

恋愛が必ずしも科学的な判断通り行かないから、恋に一喜一憂し続けるのでしょうね。チーズ売り場にたたずむ女子や男子がいたら背中を押したいと思います。いい恋愛のスタートはチーズから♪

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ