彼岸花の毒♪致死量はどれくらい? 情熱の曼珠沙華は田んぼを守ります!!

彼岸花が咲く場所は土手や田んぼのあぜ道。秋を彩る花たちは、花瓶に飾るより野に咲く姿が印象的ですね。

秋を代表する彼岸花やコスモスは秋の七草にはノミネートされていません。食べることに結びつかない秋の七草はマイナーな存在ですが、確認をしましょう。

曼珠沙華

萩・桔梗・葛・藤袴・女郎花(おみなえし)・尾花(おばな)・撫子。選んだのは万葉集の歌人山上憶良。明治時代に日本に来たコスモスが選ばれなかったのは仕方ないですね…。

稲作の始まりと共に日本に来た彼岸花はいにしえの歌人たちも見ているはず。仏教用語から生まれた彼岸を冠した花。

愛でるより、飾るより少し距離を置いた存在の理由はこれかもしれません。致死量は? 毒がある彼岸花。毒に薬に虫除けに、食料にもできる? 万能植物の真実を検証します。

スポンサード リンク

彼岸花に毒はあるの? 致死量は?

彼岸花には毒がある、その致死量は? ミステリーには科学的な知識も必要。彼岸花の毒の致死量が分かれば、謎深きストーリーが生まれるチャンスかもしれません。

彼岸花の名所「巾着田(きんちゃくだ)」は埼玉にあります。

彼岸花の致死量は10g。 塩小さじ1は約5gですので小さじ2をイメージして下さい。

たったそれだけでミステリアスな事件が起きてしまう!と、心配しないで下さいね。彼岸花の毒はリコリン。主に球根部分に含まれています。

球根1g中に含まれるリコリンは0.5mg、致死量は10gでしたね。致死量を球根から集めようとすれば、最低667個は用意しなければいけません。

667個の根拠? 球根1個を30gとすると、彼岸花の球根には15mgのリコリンが含まれていることになります。致死量分10gを集めるための計算式はコレ。 10gは10000mg。10000÷15=666・666…。

四捨五入した667個が最低限の必要数。掘り起こす作業はなかなか大変そうですね。科学的知識と労力を知るとミステリーのプロットは根本から立て直しです。

致死量を連発してしまいましたが、それ以下の分量でももちろん身体に影響があります。毒による注意点や症状を順次ご紹介していきます。

スポンサードリンク

彼岸花を摘んで帰っても大丈夫?

検証の結果、彼岸花の毒、リコリンは主に球根に含まれていると分かりました。でも他の部分に毒はあるのでしょうか?

彼岸花は花・茎・葉にも毒を持つ「全草有毒(せんそうゆうどく)」草のすべてに毒を持つ、恐ろしい植物。でもその毒は口から体内に入ることで影響が現れます。

彼岸花を触っただけで、毒による症状が出ることはありません。

ただし摘み取った茎からでる水分を、うっかり口に入れてしまうコトが無いとは限りません。これには毒になる成分が含まれています。小さなお子さんの場合は特に注意が必要ですね。

摘んで帰るのは避けましょう。彼岸花は野に咲く姿が似合う花、というのはここからも来ているようですね。

彼岸花に葉っぱはあるの?

満開の彼岸花。そこに葉の姿を見るコトはできません。球根から茎だけが延びて花が咲くのが彼岸花の特徴。花が終るとが少しづつ出てきて冬を越します。

葉の姿が食べられる山野草に似ているので、間違って食べて体調を崩すことも耳にします。たぶん大丈夫という判断が事故にもなり兼ねません。

全草有毒の彼岸花。花が終った後にも注意が必要ですね。

もし口にした時の症状は?

口から摂取しなければ大丈夫と言われても心配なのは、万が一の時の症状ですね。もし2g前後を口にした時は30分以内におう吐や下痢が起こります。

それ以上の分量が体内に入った時は胃腸障害にプラスしてめまい・筋力低下・呼吸困難におちいります。解毒剤はないので対処療法しかありません。

白花

球根部分のリコリンは毒抜きをすると質の良いでんぷんが採れます。食糧難の時代に行われていましたが、完全に毒が抜けきらず事故になってしまうケースも多々見られたようです。

漢方の世界では、すりおろした球根が湿布薬になることも知られています。肌に貼るだけだからと家庭で作ることは止めておきましょう。

もし普段使う調理器具で、彼岸花を刻むなどした時は洗剤と水でしっかり洗い流します。リコリンは熱に強いので熱湯消毒は効きません。

心配であれば「日本中毒情報センター」に相談することをおススメします。大人は大丈夫でも乳幼児への影響は心配です。統計では毎年彼岸花についての相談があるようですよ。

毒があっても咲続ける彼岸花♪理由はあるの?

根や花や葉にも毒があるのなら、引っこ抜いて駆除をすればいいのにと思いますよね。でも彼岸花が、田んぼのあぜ道やお墓に咲いているのには理由があります。

モグラやネズミが、あぜ道に穴をあけることで、田んぼの水が流れてしまいます。モグラやネズミは彼岸花の毒を嫌います。あぜ道を破壊する小動物を寄せ付けない彼岸花が、大切な田んぼを守っているのです。

埋葬方法が土葬の時代、遺体を動物から守るために毒のある彼岸花がお墓の周りに植えられたようです。お役立ちの花として認知度は高いですね。

植えられた場所から、毒があるからと彼岸花には様々な異名が一説には1000以上あるとされています。ユウレイバナ・ハカバナ・ジゴクバナなどと不名誉な名前も。

最近は彼岸花が見られるスポットが人気のようです。歌にもある別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」は赤い華を意味します。高くなった空に映える撮影ポイントですね。

最近よく目にする白花曼珠沙華は、彼岸花のイメージをワントーン優しくしています。花言葉は情熱・再会・想うはあなた一人。写真に添える一言の参考にして下さい。

色に関係なく毒には注意が必要ですが、この秋は手入れをされて咲き誇る彼岸花を求めて、出かけてみませんか?

スポンサード リンク



2 Responses to “彼岸花の毒♪致死量はどれくらい? 情熱の曼珠沙華は田んぼを守ります!!”

  1. 地場太郎 より:

    致死量を間違えておられます。調べ直して下さい。mgをgと。1000倍弱く。生半可な情報は危険です。

    • mhasegawa より:

      記事をお読みいただきありがとうございます。遅くなりまして申し訳ございません。コメントに関しての回答を送らせて頂きます。

      ◆致死量に関しては下記ページを参照しております。

      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3

      ただ、ヒトに対する致死量は10gと、アルカロイドの中では比較的毒性は強くない。 ヒガンバナ中のリコリンの濃度は、生の鱗茎中に 0.5 mg/g、生葉中に 0.3 mg/g[1]で、キク科植物に対するアレロパシー作用の主成分となっている。

      ヒトに対する致死量は10g
      生の鱗茎中に 0.5 mg/g・・・彼岸花1g中0.5mgのリコリンが含まれている

      彼岸花の球根を1個30gとして計算。
      0.5×30=15・・・彼岸花の球根1個に含まれているリコリンは15mg

      致死量10gを集めるための計算
      10g=10000mg
      10000÷15=666.666…個(記事中667個)

      ・行政区保健所の回答
      彼岸花の球根の毒の致死量については詳しい数字を持っていません。球根を扱う園芸店などで情報を持っているのでは? と回答。アドバイスに従い種・球根を扱う会社に電話をしました・

      ・種・球根専門会社の回答
      彼岸花の球根は扱っていますが、致死量については詳しい数字を持っていませんとの回答でした。

      ・日本中毒情報センターの回答
      実際に彼岸花の球根を食べたという事故等があった場合は回答をします。致死量についてはお答えができません、との返答でした。

      まずはとりあえず返信まで。よろしくお願い致します。

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ