牛乳を飲むと効果が肌に表れる! 信じてイイの? 白いパワーを!!

牛乳は色白な飲み物です。そのビートにバイブス感じてイェーと盛り上がって乾杯するドリンクではありませんが、牛乳は重要です。

冷蔵庫に必ず入っている食品ベスト3に常にランクイン。ドアポケットが定位置となっていますね。

牛乳

紙パックが主流の牛乳。パックを使って椅子が作れるくらいの高品質の紙。椅子や工作に使わない時はリサイクルに出しましょうね。

ペットボトル牛乳の販売は認められています。でも実際に売られていない理由は製造にかかる高コスト。価格の上でも誰もが必要としている飲み物として牛乳は存在感示しています。

牛乳は身体にイイ話はもう耳たこレベル。もう少し突き詰めてどこにいいのかを知りたいですね。今回はそれにお答えします。肌に効果がある牛乳のお話を始めましょう。

スポンサード リンク

牛乳の効果♪肌に効き目はあるの?

牛乳を飲んだら肌に効果がある。白い牛乳で美白効果よねと勝手に想像しないで下さいね。牛乳の肌への効果、とりあえず牛乳を飲まないと肌に効果が出ませんね。

牛乳パックを有効活用♪

そこで牛乳を詳しく知って肌への効果が真実なのか調べてみましょう。牛乳=カルシウムのイメージがありますが、それ以外も牛乳は持っています。

    ◆牛乳主要栄養素チエックリスト

  • ・たんぱく質
  • 皮膚・筋肉・臓器の細胞を作ります。

  • ・ビタミンA・B2
  • 皮膚や粘膜のキレイを保ちます。

主要な栄養素の他にはミネラル(リン・カリウム・マグネシウム)も含んでいます。骨や歯の組織を作り、体調を整える働きがあります。体内では作られないので食べ物から摂取することが必要です。

牛乳が身体を作り、維持することに大きく貢献してくれることは間違いなさそうですね。重要でとっても気になる肌への効果を検証していきましょう。

スポンサードリンク

牛乳の動物性たんぱく質が肌にはマスト!

牛乳に含まれるたんぱく質はもちろん動物性。乳牛さんからのギフトですね。動物性たんぱく質の特長は必須アミノ酸9種類をバランスよく含むことにあります。

9種類は体内で生成されないので食品からの摂取が必要。牛乳を飲むだけで必要なたんぱく質が確実に摂れますね。

良質なたんぱく質はコラーゲンを作ります。身体の中のコラーゲンは様々な働きをしますが肌のコラーゲンはこのような働き。

肌にハリを与えてみずみずしい肌を保ち、トラブル発生も防ぐ。肌にとって重要なキーワードが並びました。

コラーゲン増えれば肌に変化が!

身体の中で皮膚を支える真皮は70%がコラーゲンでできています。表からは見えないこの部分が、肌の保水力を左右します。コラーゲンは水分を保ち肌の弾力にも影響。

化粧水などは角質層に水分を与えても、その下の真皮部分にはなかなか届きません。コラーゲンを作ることに確実に働いてくれる牛乳は手軽に飲める保湿ドリンク効果が期待できますね。

ビタミンAとビタミンB2で肌をコントロール!

牛乳はビタミンAが摂取できます。豆乳にはビタミンAが含まれていません。動物性食品に含まれる脂溶性ビタミン。目に効果があると同時に肌にもとても重要な働きをします。

肌のハリと弾力を保つにはビタミンAが必要。ダメージから肌を守り、正常なな肌機能を保ちます。レバーやウナギにも含まれていますが牛乳のビタミンAはコスパですね。

ミルク 

ビタミンB2は別名美肌ビタミン。新陳代謝が促され、肌のターンオーバーを安定したものにします。不足した時は皮脂の分泌がコントロールできず、にきび・吹き出物となって現れるコトも。

ビタミンB2は蓄積ができないので毎日の補給が必要。ここで牛乳の出番ですね。

牛乳にはビタミンB12もあります!

ビタミンB12。一気に数字が増えましたがこれも豆乳には含まれていません。細胞の修復も請け負うビタミンB12は代謝を助けます。

実は神経系統にも関わるビタミンB12。ストレスを感じると神経の修復に使われてしまいます。肌のターンオーバーに使われる分も消費される可能性があるので、ストレスにはまず牛乳と言えるかも。

肌に効果がある完全食品なの?

完全食品はそれだけで生命維持ができる食品に冠される名誉称号。牛乳も候補に挙がる食品です。

肌の維持・ハリやツヤ・修復に必要な栄養素を持つ牛乳は肌にとっては完全食品と言って過言ではないようですね。

ただしビタミンCと鉄分は含んでいません。ですのでやはり食生活にはバランスが大切。もう一つたんぱく質を足したい、ビタミンAやB群で肌に栄養補給をしたい時は牛乳を思い浮かべて下さい。

牛乳で洗顔?? 効果番外編!

牛乳を飲むことで得られる効果のお話をしてきましたが、最後番外編は牛乳洗顔です。肌にイイ栄養素の牛乳で顏を洗います。

36度位のお湯と牛乳で洗顔料を作ります。割合は1対1。洗った後はぬるま湯ですすぎましょう。

牛乳成分の一つカゼインで軽いピーリングが期待できます。飲んで肌に効果がある牛乳で顏を直接洗って、毛穴の汚れを落とすことでくすみ予防と肌のトラブル防止につなげます。

牛乳にアレルギーのある方や肌トラブルが悪化している方は避けて下さい。

牛乳は太る…身体に悪い…という心配もあります。例えばウォーキング後に飲めば筋肉疲労に効果があると同時にエネルギー消費も高まります。ダイエット中の方には耳寄りなお話。

どうしても苦手意識が消えない方は料理に使うという手もありますね。加熱をしても栄養素には変化はありません。牛乳そのままではNGでも牛乳+卵+お砂糖のシンプルプリンはOKという方いますよね。

牛乳売り場もこだわりの牛乳や低脂肪や無脂肪のものまでずいぶん賑わっています。肌への効果を知れば素通りはもったいないですね。ぜひお気に入りの1本を見つけて下さいね。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ