太ももが冷たい! 夏なのになぜ?! その原因と対策3選♪


太もも。太ももと名乗るからには太いのが太もも。辞書的に表現すると、ひざより上の太い部分。太ももと太いはセットになっています。

歩く・走る・飛ぶ人間が動くためには絶対と言っていいほど、太ももは必要です。太ももの中には筋肉はもちろん血管・リンパ管・神経など重要な器官がたくさんいます。

太もも

大切な太ももを守るために脂肪ももちろんしっかり存在しています。重要で太い太ももに対する不満ありますか…。 太い? それはよ~く分かります。

その太ももで困っていること、悩んでいることありますよね。季節は夏だったりしませんか? 夏なのに冷たい太もも 太いのも原因になるの? 美ももで夏を過ごすにはどうすればいいのか、教えちゃいます。

スポンサード リンク

太ももが冷たい! 夏なのに…♪

太ももが冷たい。季節は夏なのに太ももが冷たい。外は夏の太陽が照りつけていて、熱中症に注意なんて言われているのに太ももが冷たい。

美味しく焼いたら、かぶり付きます♪

太ももが冷たいまま夏を過ごすのは、女子に多く見られる症状のようですね。太ももが冷たい夏を迎える女子のお悩みには共通点もあるようです。

太ももが冷たい女子の共通点
・汗をかくくらい暑さを感じても太ももが冷たい。
・むくみやすい
・冷えを感じる
・体温が低め

このようなお悩みの声が多くの女子から寄せられています。太ももが冷たい夏の原因を知って、対策を実行することで夏の暮らしの充実度を上げていきましょう。

スポンサードリンク

夏なのに太ももが冷たい原因は? 女子だから…♪

夏なのに太ももの冷たさを感じる。女子だからの原因が残念ながら意外と多くあるのです。

  • 筋肉量が少ない
  • 筋肉には体温を生産し維持する働きがあります。筋肉量の少ない太ももが冷えを感じます。

  • 女性ホルモン
  • 女性ホルモン「エストロゲン」の性質に「熱を生成しにくい」があるのです。分泌の多くなる生理から排卵期は体温が下がります。

  • 生理中の血流不足
  • 子宮に血流が多くなる生理中は、足などの末端の血流が不足がち。足の冷えの原因となってしまいます。

年間を通して冷えを感じやすい女子の身体。冬ならば防寒対策でしのいでいても、気温の上昇に取り残された、置いてきぼりの太ももの冷たさはツラいですよね。

冷たい太もも♪夏だからの原因にも注意!

太ももが冷たいのは仕方がない…と諦めるのはまだ早いですよ。夏だからの原因にプラスこんなこと。心当たりありませんか?

・エアコンで冷えている部屋に長時間いる。
・座ったままの作業が長時間続く
・立ちっぱなしの時間が長い
・締めつけの強い靴下や下着をつけている

夏の太ももが冷たい原因第1位はエアコンと言っても過言ではありません。冷たい空気は下に溜まります。エアコンの稼働で上半身よりも下半身が冷える環境が作られてしまいます。

走る

普段も冷えを感じやすい太ももにエアコンは大敵! 下半身が動く機会も少なく時間も短い。座りっぱなし、立ちっぱなしの同じ姿勢で長時間いることは血流にも悪影響です。

引き締め効果のある靴下色々販売されています。むくみや疲れを取る効果が期待できても、血流には逆効果になってしまう場合もあります。

冷たい太ももの対策3選♪ポイントは筋肉!?

夏に太ももが冷たい原因が1つではありません。それぞれに対策が必要になるようですね。押えるべきポイントは3つ。対策3選で夏を乗り切りましょう。

エアコンの風から下半身をガード

エアコンの風で身体が冷える時はカーディガンなどを羽織って上半身の冷えを防ぐだけでなく、下半身を温めるコトが重要です。夏場でも靴下やレッグウォーマーも効果的。

太ももに手を当てるとヒンヤリしている、今すぐにでも温めたい時は湯たんぽを用意しましょう。太ももにのせるより、内またではさむと温め効果がUPします。

座る時間が長い方は意識して下半身を動かしましょう。すわったままでも、足首を回すだけでも下半身の血流はよくなります。

意識をして太ももを使う

日常的に太ももを使うことも必要。階段の昇り降りは一番手っ取り早い方法ですね。太ももが冷たい原因に「筋肉量が少ない」がありましたね。

太ももを使わなければ筋肉もつきません。太ももの筋肉は基礎代謝UPに効果があるので実はダイエット対策にもつながります。基礎代謝は寝ている間にも消費されていますよ。

ハードな筋トレは必要ありません。電車に座っている時にもできることがあります。両膝・両足首の内側を30秒間ギユッと押し合うように力を入れる。

これだけでも太ももの筋肉量を増やすのに効果アリ。適度な筋肉が脂肪の燃焼を助けるので太いもものシェイプアップも期待しちゃいましょう。

たんぱく質を食べよう

太ももの冷たさを改善するために必要なのは筋肉。筋肉を作るためにはたんぱく質は欠かせない栄養素です。たんぱく質を食べていないことも冷たい太ももの原因です。

バランスの良い食事には必ずお肉・魚・卵が必要。脂質の少ない植物性たんぱく質、大豆製品も組み合わせればダイエット対策もOK。

たんぱく質の摂取量をUPした食事で筋肉量を増やす。脂肪を増やすのではなく筋肉が増える献立で太ももの冷たさ改善につなげましょう。

脂肪は冷えてしまうと温まるのに時間がかかります。太ももを温めて血流を良くすることは太ももを「美もも」に変える効果も期待できます。キレイな太ももで夏を満喫しましょう。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ