梅雨の頭痛の原因は? 痛みは3タイプあなたはどれ??

6月と聞けば梅雨。平年の梅雨入りは6月8日。7月20日ごろまで、約40日間雨の季節が続きます。

6月の特長。個人的見解なのですが祝日が無い! 少し淋しくありませんか…。5月の連休が終わると次の祝日は7月の海の日。6月は歯の衛生週間に時の記念日に和菓子の日があります。祝日候補にならないかしら。

紫陽花

雨とともに湿度が上がり始める梅雨の時期に3連休が欲しいなと思う方いますよね。季節と季節の間には降水量が増える傾向にあるのですが、梅雨はその代表的なお天気模様。

体調が不安定になりがちな梅雨。この症状で困っている人はいますよね。

原因は? 梅雨時の頭痛 の種は雨だから…。ムリは禁物な頭痛の原因は?

スポンサード リンク

梅雨と頭痛の関係は?

梅雨は頭痛の原因。わかってはいても梅雨のナニが原因なのか詳しく調べたコトはありますか。雨が降るから? 蛙が鳴き始めるから? と探ってみたりするのですが…。

梅雨が頭痛の原因ならば「梅雨」の実態を調べてみましょう。春と夏をつなぐ梅雨。

森に降る雨音は小鳥の鳴き声も一緒に♪

雨が降り続き気温も低い、しとしとタイプ。昭和にはこの梅雨が主役。平成の梅雨は晴天と雨天がはっきり分かれ、気温も高いはれふりタイプがトレンドになりつつあります。

オホーツクから来る冷たい気団と、小笠原発の暖かい気団が上空でぶつかり合って梅雨前線が発生。高い雲と低い雲が同時に見られる空は梅雨前線の接近を教えてくれます。

地上では、2つの気団の闘争に巻き込まれて体調不良を訴えるヒトが続出です。梅雨と頭痛の因果関係、詳しく調べて行きましょう。

スポンサードリンク

梅雨が頭痛の原因になる理由はあるの?

梅雨に雨が降らないとお米はもちろん、農作物には大変な影響があります。重要とわかっていても、梅雨の時期に頭痛の中で生活していかなければいけない方たちにとってはツラい季節ですね。

    梅雨から受ける身体にはこんなコトが起こっています。

  • 気圧が低い
  • 気圧が下がることで、ヒトの脳内も圧力が低下。脳の血管が広がると血流にも影響が出ます。頭痛を引き起こす原因となります。

  • 酸素量が減る
  • 低気圧は上昇気流を作ります。ごくわずかですが酸素量が減ります。敏感な脳が感じ取り頭痛の原因となることが。

梅雨の時期だけに低気圧が発生するわけではありません。それでも梅雨が頭痛の原因になるのはこのような要因がプラスされるからです。

  • 大気の状態が不安定
  • 梅雨前線が発生し停滞から梅雨の終わりまで、天気は目まぐるしい変化します。大気の状態が不安定な時は雨具の心配もありますが、体調にも注意が必要。

  • 湿度が高い
  • 湿度が上がると、身体の外にでる水分の代謝を妨げます。滞りがちな代謝が頭痛を起こす場合もあります。

  • 気温が上がる
  • 梅雨の晴れ間は気温が上がるので、エアコンが稼働開始。身体の冷えは体調にも影響します。

ストレスが多い梅雨。ストレスで脳の血流が低下します。これを解消しようと脳の血管が拡張して頭痛が起こる原因に…。梅雨は頭痛を起こしやすい要因がそろっていますね。

梅雨の頭痛の特徴は?

梅雨で起こる頭痛の原因は一つではありません。そのため痛みの感じ方も一つではなく、主にこの3つのパターンが考えられます。

ズキズキ 片頭痛タイプ
血管の拡張により起こります。

ズーン ドーン 緊張型タイプ
酸素が不足した時。長時間同じ姿勢でいることも影響します。

キリキリ 群発頭痛タイプ
自律神経の乱れも原因の一つ。片目の奥にえぐられるような、強い痛みがあります。

梅雨の頭痛は①と②が多く見られます。気圧の低下は自律神経のバランスにも関係するので③を経験する例ももちろんあります。

梅雨の頭痛リアルレポート

梅雨に感じる頭痛。頭痛に悩んでいる・困っている方はこんな症状を訴えています。

・雨が降る前から頭痛を感じる、特に目の奥が痛む。
・もやもやとした頭痛と肩こり。
・起床時に頭痛がある。
7月に入って頭痛が続いている。
・梅雨が明けたのに頭痛が続く。

親子傘

梅雨の頭痛で困っている方は、学校・仕事・家事で簡単には休めない年齢層に多い傾向があります。

低気圧は自律神経の一つ、休息の副交感神経を優位にさせます。身体の中は休んでいても、日常は活動を続けなければいけないですね。

気圧の変化が激しい梅雨は雨が降り出す前から、頭痛が起こります。自律神経のバランスが崩れると、深い睡眠が得られません。寝ても疲れが取れないを感じていませんか。

小刻みに変化する気候に耐えていた身体は、夏を前にして悲鳴を上げ始めます。

梅雨の頭痛の注意事項♪もしかして?!

梅雨の時期の頭痛。同時にめまいや吐き気もあるけど梅雨や低気圧が原因では休めない。ズキズキと痛む頭は片頭痛かもしれないけど、ムリすれば学校も仕事も何とかなりそう。

でもこの時期の頭痛。夏風邪が原因の場合もあります。6月~7月が夏風邪のピーク。激しい頭痛が夏風邪のエンテロウイルスで髄膜炎を起こしている可能性もあります。

強い頭痛にプラスして発熱や倦怠感も現れます。梅雨が直接の原因ではありませんが、気候変化のストレスに耐えている身体は免疫力も落ち気味。夏風邪のウイルスに狙われます。

梅雨の頭痛で悩む方は疲れがとれない・ストレスを感じている・休めない、こんな日常を送っている方が多いようです。体質で頭痛を起こしやすい方もいますね。

前もって対策を立てることで軽減できる場合もあります。ムリをすることなく安静と休息で梅雨が乗り切れることを願っています。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ