低気圧でだるい時の対策は? 自分と低気圧の関係を知る…??

低気圧の言葉が入る歌。調べてみるとちゃんとあります。内容としては少しテンションが落ち気味の歌が多い気がします。「低気圧だよイェイェイェ~」とこぶしは突き上げませんね。

低気圧からつながる言葉に雨があります。雨をテーマにした歌は数えきれないくらいありますが、バラードやミディアムテンポのマイナー系の曲調が主流。低気圧のイメージはやはり動より静。

葉水滴

マイナーでテンションが落ちる低気圧。低気圧のおかげで体調が悪くなる人がいるのです。でも大丈夫対策はあります。

低気圧を高気圧にチェンジ! という訳には行かないのですが「負けないよ低気圧に」と歌って生活できる対策は…?

対策は? 低気圧でだるい時どうするといい? 事前準備も必要なの??

スポンサード リンク

低気圧でだるい時身体はどうなっているの?

低気圧でだるい身体の対策。対策を立てる時の基本は敵を知る所から。低気圧でだるい時の身体で起きていることを知って、低気圧・だるいに対する確実な対策を探りましょう。

だるい身体にらっきょう効きます。花がキレイ♪

◆気圧の低下が影響して起こる症状
・疲れて意欲が低下する
・血圧が下がり心拍数も低下
・排泄の機能の働きがよくなる
食欲が増して消化が促進
・身体もメンタルも緩んでリラックス

アララ? 悪いコトばかりではありませんね。やる気がなくても食欲と消化はバッチリ。低気圧の時、食べ放題のお店は準備が大変ということかしら。

しかもリラックスしているなら、飲み放題もプラスよね。対策を立てる必要が感じられない症状がほとんど。

でも現実は? 疲れと意欲の低下によるやる気ナシが悩みの種となりますね。気圧の低下で自律神経の一つ、副交感神経が優位に働きます。本来なら休息するのに適した身体になっているのです。

ここで休むことができれば問題はありませんが、気圧が下がるたびに、有給や病欠で休めないのが現代の生活。やはり対策が必要のようです。

スポンサードリンク

低気圧♪気圧の低下に今すぐできる対策は?

低気圧による気圧の変化。天気情報が手軽に取得できる時代ですから、だるさの原因が低気圧だと分かるのもさほど時間はかかりません。気づいたら対策を実行です。

    ◆すぐできる対策

  • 深呼吸
  • 低気圧で起こる上昇気流でわずかですが酸素が薄くなっています。意識してゆっくり深呼吸をすることで、体内に酸素を取りいれましょう。

    自律神経を整える働きもあります。酸素カプセルが効果アリという意見もあるので試してみるのもイイかも。

  • カフェインを摂る
  • 適度な気圧で保たれている体内の水分が、気圧の低下の影響で流れがわるくなります。血管も拡張し血流にも悪影響が現れます。

    カフェインは血管を収縮させる効果があります。カフェインを含んだ温かい飲み物をゆっくり飲むことで、身体に行き渡らせます。

  • 脳を興奮させない
  • 本来副交感神経が優位になっている時は身体は休息モード。静かに過ごすのが理想です。ここは意識して激しい運動は避けましょう。

    夜間にパソコンやスマホの強い光を見るのは短時間にしておきます。音楽はボリュームを下げ、リラックス効果の高い選曲でいやされて下さい。

低気圧を事前に察知する?

自分の身体が低気圧の影響で体調が悪くなることが分かっているのなら、低気圧や気圧が下がることを事前に知ることも対策になります。

窓雨粒

天候の変化と自分の体調の変化の記録をつけて、体調管理をして行きましょう。

天気情報の入手もポイント。低気圧の接近時はムリをしない生活で乗り切ります。消化の良い食べ物で身体の負担を減らす。睡眠不足や過労を避けて、安静を心掛けるのも有効です。

古傷が痛むと雨が降るという天気予報のできる方。血行をよくすることで乗り切りましょう。お風呂につかって身体を温めます。そのあとはしっかり睡眠時間を確保して下さい。

長期的な計画で低気圧に負けない身体?!

気圧の変化に敏感な方はデリケートで繊細な方が多いようです。決して悪いコトではないのですが、ストレスに弱い身体はやはり辛いものです。

気圧が下がる時特に何もなく過ごせる人、男子はほぼ半数が何もなし。女子は何もない人は25%。女子率が高いのですが、男子の半数も不調を感じているところは注目点ですね。

気圧の変化で感じるだるさには、まず対処療法で乗り切ることが必要ですね。根本的に治していきたい方は長期計画で身体を作る時期に来ているかもしれません。

規則正しい生活や軽い運動が基本とはなるのですけど、これができなくて悩む繊細さが気圧の低下を敏感に感じ取るのかも。

ゴロゴロして過ごすのがベスト、なんてアドバイスもありがたいのですができない方が多数派。低気圧に負けない身体のためには、自分で自分を守ることが重要。

頼りになる味方になる、モノやコト色々見つけましょう。最近は天気だけではなく気圧の変化を中心に教えてくれる「気圧予報」のアプリがあります。心強い情報ですね。

身体を温めることも改善につながります。運動が難しい時は、新陳代謝のUPが期待できる岩盤浴はいかがですか。男子OKのところもちろんありますよ。

不定愁訴で片づけられてしまう症状に対応してくれる病院もあります。漢方内科と名前の付いた診療科目を探してみて下さい。なんとなくの不調改善策きっとありますよ。

低気圧と自分の自律神経の関係を知ることが負けない身体づくりの第一歩。まず変化に柔軟に対応して、鍛える力をつけて行きましょう。お大事に♪

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ