子供のそばは何歳から食べていい? そばアレルギーに注意!


腕が上がったらしいのよ。最初は粘土細工かと思ったけど、様になってきたみたい。上達が早い方だって自慢気に言ってるのよ、ドヤ顔で。

食べさせたいんだって。手打ちそば。うどんが好きで、チュルッと食べてるの可愛かったでしょ。

ベビそば

でも離乳食を卒業したばかりだから、そばはまだ早いとは言ったのよ。だけど、俺の手打ちそばなら大丈夫と豪語するのよ。調べてくれる? アレルギーの事が心配でしょ。

そばアレルギーに注意!何歳から食べていい? 子供のそば そばで憩うあなたも知っておきましょう♪

スポンサード リンク

こどもにそばは何歳からいいの

3歳からあげました。この年齢が一番多いようです。一番心配なのはやはりアレルギー。アトピーもないので「2歳であげました」という方も。

最初は2~3本から始めて様子を見ます。ここでアレルギーがなければ献立に取り入れましょう。面倒でも離乳食の原点に戻ります。

蕎麦打ちは男のロマン。薀蓄いいから美味しく打ってね。

満3歳の大晦日に年越しそばで初めてあげました。微笑ましいお話ですね。そばは大丈夫でも、つなぎの小麦粉にアレルギーがあるので、食べさせられないというケースもあります。

大人は毎日食べたいそばも、デビューはハードルが高いですね。

スポンサードリンク

そばアレルギーとは?

そばをアレルゲンとする、食物アレルギーの一種。アミノ酸の段階にまで、分解されれていない未消化のそば蛋白が腸から吸収されることで起こるアレルギーです。

調査では、3万5千人位いるのではと言われています。日本の人口の0.03%に、このアレルギーを持つ人がいる計算になります。強い症状の割には認知度は低いですね。

現在、治療法はありません。アレルギー反応が重症の場合は、アナフィラキシーを起こします。症状は、口の周りの腫れ・発赤、嘔吐・下痢。のどのかゆみ。気管支がふさがれて呼吸困難を起こします。

救急

何も対処をしないと、窒息から死亡に至る場合もあります。そばのアレルギーは、に係わるので注意が必要です。

うどんを注文したのに茹でたお湯に、そばが混入してしまい、気がつかずに食べてしまう。微量でもアレルギーは起こります。

万が一のために、エピペンを持っておく事も考えましょう。エピペンはショックを起こした時、緊急に注射する注射キットです。

処方箋で出してもらいます。但しエピペンは緊急の措置なので、必ず医者の診察を受けましょう。

そこまでの必要がないと、判断をされた時は抗アレルギー錠、抗ヒスタミン剤の処方で済む場合もあります。検査から処方まで自己判断は禁物です。アレルギー専門の病院を受診して下さい。

ママの母乳からアレルギーは起きるの?

そばを食べたママが母乳をあげる。アレルギーが気になりますね。パパが重症のそばアレルギーがある。赤ちゃんが大丈夫かなと心配になります。

小児科では、そばを食べたママの母乳を飲んで、アレルギー反応の呼吸困難になることは、まず無いと言われています。

母乳の中にはアレルギーを抑える物質が、含まれています。これが赤ちゃんの体の中で、アレルギーが起きるのを抑えてくれます。

赤ちゃん

但し、母乳の赤ちゃん、ミルクで育つ赤ちゃん。アレルギーになりやすいのは、どちらかは結論が出ていないようです。

アレルギーは、子育て中のママの心配事第一位。成長が、解決してくれる事もあります。赤ちゃんの生命力は、大人が思うよりも強いはずです。

そばアレルギーが無いことに感謝して、おそばでダイエット。美味しいく食べて実行できるかな…。
そばのカロリーはダイエット向き? 糖質とかどうなの?!

アレルギーにアレルギー?

離乳食を始める時期は、生後6か月頃が多いようです。その昔の果汁でのスプーン慣らしもなく、おかゆからスタートです。

でも、この6か月からでも早い、消化器官が未発達なのでアレルギーになるという説があります。赤ちゃんを見ていれば分かります。この生後半年以降、お座り・ハイハイからつかまり立ちと目覚ましい成長をします。

この時期から、母乳やミルクだけでは、栄養が足りなくなってくるのは当然です。空腹で、ご機嫌斜めになることもありそうですね。情報がが多すぎて、発達を妨げる結果になってしまう。

アレルギーで、米飯と野菜しか食べさせないためにくる病と診断された、ケースもあります。

アレルギーの言葉に、アレルギーを起こしそうなのが、今の子育て事情です。有益な情報を手に入れる、場所や手段も豊富にあるはずです。

有名人がやっている、ママ友に言われた。これも重要な情報のひとつですが、優先されるのは、ママも赤ちゃんもご機嫌で過ごせる事。困ったときは一人で抱え込まないで、いつでもSOS出して下さいね。

スポンサード リンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ