喪中はがきの返事のマナーは? 年賀状を出さないだけないじゃない!?

喪中はがきを受け取る。DM以外のはがきを受け取るのが珍しい日常にこれを受け取ると時間が一瞬止まります。外気の温度が下がるこの季節。

それを知るかのようにこのはがきが送られてきます。一枚のはがきから様々な思いを巡らせるのだけどやはり現実からは逃れられないのが人付き合い

喪中はがき

喪中はがき受け取りました、次にするべき行動を私分かってる?と、思わず自問自答。喪中はがきの返事マナーって、ハードルが見えないくらい高い気がしてきた。

この後右に行くのか左に行くのか、それともこのままか誰か教えてくれる? ややこしいのは苦手ですけど…。

マナーを教えて! 喪中はがきの返事はどうやって返せばいいの?

スポンサード リンク

喪中はがきの返事マナーの基本はあるの?

喪中はがきを受け取った時のマナーとしてまず返事をする必要があるかどうかを知りたいですよね。「返事を出さない」これは喪中はがきの返事のマナーとして間違っていません。

喪中はがきは、新年の年賀状は身内の不幸があったために送らないことを伝えるために出します。年賀状を出さないで下さいというお願いではありませんし、本来返事を求めるモノでもありません。

さぼる人いませんよね。全員参加の年末大掃除!

受取った側はマナーというより、返事をしないのは淋しい、喪中ハガキを出してくれた側に、何か言葉を贈りたいという気持が寒中見舞いなどを送ることにつながりました。

喪中でも「年賀状は楽しみに待っています」と喪中はがきに文面が載っているものもあります。私ももらったことがあります。

喪中といえどその内容は様々です。やはり年賀状くらいはと思う気持ちは今時らしいその人らしいと、これもアリと納得して年賀状を送りました。

送ってくれた人とのお付き合いの度合いや期間も考慮して一つに決められないのが喪中はがきの返事のマナー。少し掘り下げて質問に答えていきます。

喪中はがきで亡くなったことを知った時は?

喪中のはがきを受け取ってはじめて知人が亡くなった事を知るのも当然あります。年賀状だけのお付き合いの場合や離れて暮らしているなど条件は多種多様。すぐにでもお悔みを伝えたい時は喪中見舞いを送ります。

喪中見舞いの内容
・はがきのお礼
・亡くなった事を知らずにいたことへのおわび
お悔みの気持ち
・残された家族への慰めと励まし
・こちらも年賀状を遠慮しますと伝える

突然知った友人・知人の不幸はやはりこれだけでは気持ちが治まらない。そんな迷いを耳にしました。

スポンサードリンク


年賀状だけのお付き合いこんな時どうする?

お悩みその1
バイト先の友人の奥様が喪中はがきを送ってくれたことで、友人が亡くなった事を知りました。年賀状のやり取りだけだったので、奥様とは面識がありません。

こちらの気持ちを伝えるのはどうすればいいですか? 御線香をあげに行くのは失礼でしょうか?

お答えその1
年内に間に合うなら喪中見舞いでお悔みを伝える。厳しいようなら寒中見舞いで故人とのこれまでのお付き合いのお礼を伝える。

奥様との面識がないのであればこのどちらかでいいのでは。もし故人のお宅に伺うときは前もって都合を確認する必要があります。

喪中のはがきを送ったら、アポなしで訪問されて困りましたというお悩みを打ち明ける方が毎年いらっしゃいます。

思い出に感謝して、心の中で手を合わせて友人に弔意を伝えるのも不義理にはなりません。

お悩みその2
友人からの喪中はがきでお子さんを亡くしたことを知りました。お悔みを伝えたいのですが寒中見舞いまで待つのがいいのでしょうか? 御香典やお花を贈りたいと思っていますがどのタイミングでおくればいいか悩んでいます。

白い花

お答えその2
お子さんをなくされた友人に少しでも早くお悔みを伝えることをおススメします。喪中見舞いはこんな時にあるお悔みの返事です。

一緒に送るのはお花が先方に気を遣わせることなく届くと思います。御香典返しなど一連をすべて終わっている場合もあります。

メールでの返事はマナー違反になる?

返事をメールでと思う気持ちは良くわかります。例えばお通夜や葬儀に参列して、メアドを知っている。普段からもメールのやり取りがあるならメールもアリかなと思います。

返信をメールでというのはお付き合いの距離と時間に左右されそうですね。

ネット

喪中はがきを受け取ったら寒中見舞いを送るのはいかがですか? 関東なら1月7日以降に先方に届くように出します。挨拶と共に、お悔みを述べ元同僚の体調を気遣う言葉も忘れずに添えましょう。

喪中はがきの小さなマナーを確認します♪

小さなことだからこそ気になる喪中はがきマナー。お答えします。

喪中であることを知らないで年賀状を出した
喪中であることが年内であればまずお詫びを送る。年明けの1月7日以降に寒中見舞いでお悔みを述べる。2回はがきを送ることになります。

喪中のはがきはなく先方からの寒中見舞いで不幸を知った
お悔みと不幸を知らなかった失礼をお詫びするはがきを送りましょう。新年でもお目出度い「」などの文字は使えません。

故人に年賀状が届いた
寒中見舞いをだします。亡くなった際の連絡をしなかったお詫びと、故人とのお付き合いに感謝の言葉を忘れずに書きます。

喪中のはがきは単なるお知らせではなく、故人に代わって心をつたえる役目も持っています。こうしなければいけないという決まりがないことが良くも悪くも悩みと迷いを生み出します。

年末年始は寒さも厳しくなる慌ただしい季節。マナーや義理も無視はできませんが、相手を思う心で気遣いの返事を送る時間を作ることは、差し出す側の心も暖めます。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ