風邪の症状♪咳に痰がからむ時注意したいのはココ!! 

風邪の3大症状は、熱・鼻水・。順番通り風邪症状の最後を飾る(?)コトが多い咳。

コンコンと咳をしているうちは周りの人も「大丈夫?」と明るく心配してくれるけれど、グェホグェホとがからんだ咳になると、「ホントに大丈夫〜??」と距離を取って心配げな雰囲気。

女性咳

痰のからんだ咳をした本人も咳の後は疲れもあって気分も落ち込みがち。治まらない痰のからんだ咳は心も体も疲れます。

咳をすると凹んだ私のメンタルも周りの人に伝染する? そんなことにならによう痰のからんだ咳を止めたい!

風邪の症状♪咳に痰がからむ時注意したいのはココ!! お教えします。

スポンサード リンク

痰の正体は? どうして出るの??

痰は気管や気管支の粘膜から出た分泌液です。この中には体内に入り込んだ、ちり・埃やウイルスと戦った白血球の残骸が含まれています。

痰を唾液と混ぜて身体の外に出すことで気道を守ります。痰が上手く体外に出てくれないと、ウイルスが増殖して肺炎などを引き起こすこともあります。注意しましょうね。

可愛くてなめられない。でも喉に効く柴ちゃんだわ♪

風邪の引き始めに出る症状で「唾をのみ込む飲むのも痛い」を、経験した人多数派ですよね。

症状が進行すれば、咳になるのはほぼ間違いなしの覚悟も必要ですね。湿り気のあるゴホゴホという痰を伴う咳をすることで気管支や肺で菌が増えるのを防ぐコトが期待できます。

咳に痰が伴う場合は咳や痰をどんどん出すことが大切です。薬で止めてしまうと、治りが遅くなる可能性があります。

痰が出る♪それには原因があります!

風邪など引いていない健康体の場合も痰は出ています。1日で分泌される量は100ml程度。ほとんどが水分なので無意識のうちに飲み込んでいます。

何らかの疾患に罹った場合は、通常量を大きく超えて痰が生成されます。たくさんの喉の異物を外に出すために痰が作られ粘度が増して濃いゲル状となって、喉にからみやすい痰の出来上がりです。

咳に痰がからむのはやはり原因があるからです。異常なしであれば痰はでません。

痰が出やすい体質もあるようですがやはり、喫煙や排気ガスが原因で痰の出る状態が慢性化することは否定できません。

スポンサードリンク

風邪の咳で痰が出る♪ココに気をつけて!

痰がからむ原因の代表が風邪症状ですね。ウイルスによる炎症が喉や気管で起こります。分泌液の量が増えて痰になります。この後の痰の変化に注意が必要です。

    ◆風邪のウイルスの痰

  • 咳で痰が切れる程度の粘度
  • 色は無色か乳白色

この後咳が治まらず痰にも変化があります。

    ◆細菌感染の痰

  • 咳をする時間が長く痰が切れにくい
  • 色は黄色くなる

検査
この黄色い痰は二次感染。ウイルスではなく細菌に感染したことを教えてくれます。風邪の終わりのこの症状が多いので、風邪が治る証拠と思いたいのですが、残念ながら違う場合が多いようですね。

黄色い痰は細菌感染からまた症状が悪化する可能性が高いので、痰の粘度や色に変化が出た場合は再度病院に行く事をおススメします。

黄色い痰は飲み込んでイイの?

痰が上手く切れない時は飲み込んでしまうこともありますね。胃に入ってしまえば消化されます。ただ菌を絡め取っている痰はやはり体外に出すことをおススメします。

他の呼吸器系統に悪影響が出る可能性もあります。

温かい水分をゆっくり飲むと痰が柔らかくなります。乾燥は咳と痰の最大の敵です。加湿器を使う事も対策の一つです。

マスクは咳エチケットになると同時に、気道全体の保湿と保温効果が期待できます。これは昔ながらのガーゼマスクでも効果はありますよ。できればそれぞれの顏サイズに合ったサージカルマスクを用意するのが理想ですね。

優しく咳を止めたい方におススメ♪ 科学的根拠もある?
大根とはちみつ♪ホントに咳に効果あるの??

痰や咳の進行♪冷静な判断と行動で対応!

風邪症状の咳は市販の咳止めを使えば1週間ほどでおさまります。薬では治まらない咳に痰がからみます。

からんだ痰が切れない様子は咳をしている本人より、咳をしている様子を見聞きしている人が冷静に判断できますね。

痰の色が緑色の場合は感染症や副鼻腔炎の可能性があります。専門医である耳鼻咽喉科で痰の原因が判明することが多いようです。

緑色の痰が出る症状に併せて声が出ないという方。気管支にまで炎症が進行している可能性もあり、体調は悪化傾向にあります。この場合は大至急病院に行ってくださいね。

痰は様々なコトを教えてくれますがもう痰の注意点をもう一つ。同様の疾患に罹っても、痰が出ない場合もあります。

痰の原因や症状の重さが関係しています。回復か悪化かを判断するのは熱・頭痛・不眠・だるさなど全身で判断する事が重要です。

原因が判明して処方された薬を飲むだけで治るなど、咳や痰を軽く見る事も症状が長引く原因になります。

咳や痰は身体からの危険信号です。処方された薬を正しく服用して、安静にして全身を休養させることが早期完治への第一歩です。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ