あれ風邪かな? 内科? それとも耳鼻咽喉科に行けばいいの?

のどが痛い…鼻水が出る…風邪かもしれない。風邪って内科派と耳鼻咽喉科派で受診する人が、どちらか分かれませんか??

ママ友の中でも「風邪なら耳鼻咽喉科のほうが早く治るよ」って言う人もいます。うちの母親は風邪は内科に決まりでしょ!ってタイプです。実際はどっちがいいんでしょうか。

風邪 男子

風邪は内科のみで診てもらうタイプの人の中には、風邪なのに耳鼻咽喉科に行ってもいいの??と疑問に思ってる人もいると思います。そして耳鼻咽喉科ではどんな症状まで診てもらえるのか…。

今日は風邪のときの病院選びについて、内科なのか耳鼻咽喉科なのかを調べてみました。

あれ風邪かな?内科?それとも耳鼻咽喉科に行けばいいの?

スポンサード リンク

風邪!内科と耳鼻咽喉科

いざ病院に行こうとしたとき風邪の場合,内科なのか耳鼻咽喉科なのか悩みますよね。

一般的なイメージなら風邪と言えば内科だと思いますが、耳鼻咽喉科でももちろん風邪の診断と治療を行ってるんですよ。

風邪の症状を考えてみてください。のどが痛い鼻水が出る…と、のどと鼻の症状が出るものが多いですよね。

そして内科と耳鼻咽喉科では重なる診療領域として、風邪が挙げられるので内科と耳鼻咽喉科どちらでも診察可能なんです。他には花粉症やインフルエンザ・鼻炎や気管支炎も、共通の診療領域となります。

子供が初めての耳鼻咽喉科へ診察に来た様子の動画です。やはり子供にとって耳鼻咽喉科の診察室って怖いんでしょうか。大人でもなんとなく構えてしまうような雰囲気ですものね。

その点内科というものは一番受診する機会が多いからか、診察室の雰囲気からか耳鼻咽喉科よりは入りやすい感じがします。…私だけでしょうかね。

内科は頭から足の先まで診察領域が広範囲です。具合が悪いときはまず内科!という感じで内科派は、いつも混んでるイメージもあります。

症状に合った病院を選ぶのがいいかもしれません。

スポンサードリンク

咳の風邪は内科?(初診料なども紹介)

咳がひどい場合は内科を受診した方がいいです。できれば“呼吸器内科”という科のほうが専門ですので、そちらに受診してみましょう。

風邪から肺炎になっている恐れもありますから、耳鼻咽喉科の領域を超えてる可能性があります。

また咳がひどい時はぜんそくや肺に直接の原因があるかもしれませんレントゲンを撮って初めて肺に腫瘍が見つかった、という人もいるそうです。

特に2週間以上も咳が続いてる人は要注意ですよ。

寝ようとすると始まる咳。辛いですね。こちらの記事で原因と対策をチエック! お大事に。
咳が夜になるとひどい♪原因と対策はコレ!!

病院によりますが初診料はだいたい2,000円くらいです。薬代も合わせてだいたい4,000円程度だと思います。ただ総合病院の内科やベット数が多いと、その分初診料も高くなります。

大きい病院だと紹介状がないと保険適用外の金額もかかり、結構な出費になります。

まずかかりつけの病院へ行くことをおすすめしますよ。

喉の痛みなら耳鼻咽喉科?

耳鼻咽喉科の先生と言えば額帯鏡という、おでこに付けている丸い鏡ですよね。これがあることによって鼻やのどの中を、しっかりと診ることができるんです。

耳鼻咽喉科とはその名の通り、耳・鼻・口・のどのスペシャリスト「専門家」です。

診察

長年鼻炎で耳鼻咽喉科に通う友人は「のどと鼻水の風邪なら、耳鼻咽喉科で処方してもらったほうが治りが早い!」と言っていました。

根拠があるわけではないですよ。日頃から耳鼻咽喉科に通ってる人は風邪なら内科より、耳鼻咽喉科へ行くという人が多いですね。

薬を処方してもらうだけでなく、直接的に患部を処置してもらえます。

鼻水がたくさん出て苦しいときは耳鼻咽喉科で処置してもらうと、ビックリするほどスッキリしますよ。

そして風邪が悪化して副鼻腔炎を起こす場合もあるので、鼻水が多いときは耳鼻咽喉科のほうがいいかもしれません。

結局どっちがいい?

では結局内科と耳鼻咽喉科ではどちらがいいのか?ということですが、“状況によって判断をする”ことが大事になると思います。

風邪症状の咳がひどくてつらいなら内科。鼻水だけがひどくて苦しいなら耳鼻咽喉科。

地元の内科の混み具合による待ち時間を考えたら耳鼻咽喉科かな…など、自分の風邪症状や状況に合わせて病院へ行きましょう。

一番いいのは“かかりつけ医”を持つこと。自分の体のことを分かってくれる経験豊富な先生を見つけましょう。

普段からかかりつけ医がいるといろんな角度から診断、場合によっては紹介状で他の専門病院で診察できて何かと安心だと思いますよ。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ