成人式の振袖♪レンタルの相場はどれくらい?

成人式当日の天気、雪になる事が時々ありますよね。晴着にスニーカーで歩く新成人が、ニュースになることもありました。お天気の事を考えるとレンタルを選択するのもやむ負えません。

台紙に綺麗に貼られた写真は、今見返すと恥ずかしいの一言。顏なんか幕内最高位かって、突っ込みたくなる丸顔

二人ショール

若いのだから赤もいいわよと、言われて決めた振袖。昭和も平成も振袖は、新成人女子の必須アイテム。

レンタルの相場はどれくらい? 成人式の振袖♪ みんなが選ぶ色はナニ? 似合うかしら私に…

スポンサード リンク

成人式は何故振袖を着るの?

日本古来の儀式、元服が成人式の由来です。戦後間もない総和21年、埼玉県の現・蕨市で次代を担う、青年達に、明るい希望を持ってほしいと行った青年祭が、現在の成人式のルーツです。

祝日の成人の日は昭和24年が第一回。1960年代からこの成人式に、振袖を着て出席をする人が増えてきました。未婚女性の、第一礼装が振袖。江戸時代の前期頃から袖丈が次第に長くなりました。

国によって成人式は色々ですね。

袂を左右に振ると好き。前後に振ると嫌いと恋愛の意思表示の役目をしています。振った振られたはここからきています。

この振るの動きが、長い袖で厄を振り払うという意味にも通じています。19歳は女性の厄年。振袖を着て厄払いをする。振袖を着る事で、縁や魂を呼び寄せお清めをするとも考えられていました。

これが現代の人生の門出に振袖を着るに、つながったようです。成人式に振袖を着るのは一生に一度。袖を振って願いをこめてでかけましょう。

成人式の振袖レンタルってどうなの?

振袖を購入するのは3割。約7割がレンタルです。この中には、母親から受け継いだ振袖を着る人も含まれています。

その昔は成人式以外に、披露宴・結納など未婚女性が礼装として振袖を、着る機会がありました。今はそのような場面も、洋装の方が人気です。

レンタルが、主流になるのも無理はないです。肌着から紐類まで、沢山の関連品の維持も大変です。受け継いでいくのには、エネルギーが必要ですね。

スポンサードリンク

今やビジネスの振袖

呉服屋としては購入派が増える事を願う一方で、ここでの着物との出会いが、今後リピーターとして顧客になるか、これが最初で最後になるかを決めてしまうとまで考えているようです。

以前は振袖を売る呉服屋だけが関係した成人式がセレモニービジネスとして確立。振袖そのものの、色柄や品質は後回し。そこは本当のお着物好きとしては、許せないところでしょう。

絞り

手描きの友禅や手間のかかった絞り、それよりはラメと可愛いいが判断基準です。これを着物文化の進化と捉えて、レンタル業界や呉服業界が、着物との出会いの良い窓口になってくれる事を願います。

時間をかけて選んだ、振袖を着つけてもらい、スタジオで撮った写真。親には宝物です。目がウルウルするのは父親の方ですか?

こちらの記事もぜひチエック。決まりごとは難しく考えないで…。
着物と草履! 合わせ方と場にふさわしい選び方は?

レンタルの相場ってどれくらい?

相場は20万円前後。着物のレンタルだけならネットから注文して、4万2千円というリーズナブルな選択肢もあります。

着付けセットは行きつけの、美容院にお願いする。撮影はスタジオアリス。合計10万円弱でできる経済的な成人式も可能です。でもやっぱり、前撮りを希望する方。

黒

プランは豊富にあります。前撮り・当日それぞれの着付け。セット・メイク。そして25歳まで何度、振袖を借りても0円までついて、20万円から30万円のフルセットを提供するお店もあります。

まず何を希望するか?から始めましょう。そしてお店までの所要時間や、交通手段も重要になります。決める事は沢山あります。焦らず行きましょう。

色とかどうする?決まりは?

さて何色の振袖を選びますか? 赤31%、黒22%ピンク15%、白・グレー・ブルーと続きます。ピンク派が一位かと思ったら赤がきました。上品な赤に熨斗目の模様は、母親受けが良さそうですね。

黒は賛否両論があります。普段着ている洋服を基準に選ぶとやはり黒は欠かせません。帯や小物を華やかにすれば、和装に慣れない二十歳にもピッタリと決まります。

着る事に関してのルールは特にありません。着崩れない綺麗な襟の形は、ちょっとしたコツがあります。着せて貰うだけではなく、この辺りは自分でもリサーチしておきましょう。

振袖の予約は、成人式が終った1月・2月がピークとなります。早割もあります。時間のある夏休みを利用して8月に選ぶ人もいます。

フライング気味の方がお目当ての振袖と、巡り会えそうですね。お気に入りの振袖に、出会えることを願っています。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ