唾液を増やす方法♪すぐできる唾液増量はコレで!!


唾液は3つの顔を持ちます。唾液そのものであれば身体に何か? と思ったりします。 これが唾(ツバ)となるとちょっとワルい要素が入ってきます。よだれになるとあかちゃんなら、笑顔でにっこりのイメージ。

実は3つとも同じモノ。人間が生きていくうえで唾液は必要です。その必要不可欠な唾液が足りない、少ないと感じることありますか? 減ったと感じる原因は気が付いていますか。

噛む

唾液が増えるメリット、たくさんあります。唾液は少ないより多い方が日々の暮らしも楽しめます。

滑らかな口調も、噛まないしゃべりも関係している…、ということで少し黙って聞いて下さいね。

増やす方法あります。唾液はあなたの暮らしを滑らかにできる!?

スポンサード リンク

唾液の働きは? 増えるとイイの??

当たり前で意識したこともない唾液。もし口の中に唾液がなかったら、暮らしは成り立ちません。唾液のお仕事を確認します。

これを見ればやはり唾液を増やしたいと強く思うことばかりです。

咀嚼回数を増やすフランスパン♪ こうして作ります。

◆唾液のお仕事一覧
・口の中の掃除:殺菌消毒までします。
・口の中を潤わせる:滑らかな喋りをお約束。
・咀嚼を助ける:食べやすくなります。
分解酵素を含む:食べ物を分解。
・総入れ歯を安定:粘膜との糊の役目
免疫機能:病気から身体を守る

唾液の多い人は虫歯になりにくいと、そっと教えてくれる歯医者さんもいます。唾液が歯や歯茎を洗浄しているためだそうです。

唾液を増やす生活。やはりメリットは沢山ありそうですね。今からできる唾液を増やす方法を調べました。

今すぐできる唾液を増やす方法は?

 
唾液が少ないと感じている方まずはこんなことを実行して下さい。今からでもできますね。

  • 適度な水分補給
  • を飲む。緑茶やウーロン茶は唾液の分泌を抑える働きがあるのでただの水や白湯がおすすめ。1ℓが理想ですが飲めない場合は、口に含むだけでも水分を補給する事ができます。

スポンサードリンク

  • 咀嚼(そしゃく)の回数を増やす
  • 噛む行為は唾液を分泌する唾液腺(だえきせん)を刺激して、唾液の量を増やします。噛めば噛むほど増えます。

    咀嚼回数が多くなる食事を心掛けることも大切。色々な食べ物が飲み物化されていますがやはり噛んで下さい。

    食べ物と唾液を混ぜる咀嚼は、口の中に食べかすが残りにくくなるので、口臭も防ぐ効果があります。

    午前中の口臭が気になっている方は、朝ごはんの咀嚼でお口の中を清潔にすれば口臭の発生も軽減できます。

咀嚼を増やすけど気をつけて

ガムを噛むことも咀嚼をすることになります。アメをなめるのも唾液を増やすことに効果がありますが、虫歯には注意して下さいね。

レモンや梅干しなど、酸っぱい食べ物も唾液を増やしますが、こちらも食べ過ぎは良くありません。食事のメニューに噛んで食べる物を取り入れることを心掛けて下さい。

フランスパンや少し大きめにカットしたりんごなどで始めて下さい。食事のすべてをゆっくり咀嚼するのはランチタイムではまず無理ですね。食物繊維が多いキノコや野菜の噛む回数を増やすだけでも効果はありますよ。

リラックスして舌を動かしていますか?

張りつめた緊張感で画面を見つめる時間。PCでもスマホでもこの時間が長くなることは避けられません。これも唾液が少ないと感じる一因となっているのです。

活動と緊張の交感神経。反対のリラックスした時の副交感神経が優位になると唾液の分泌が促されます。

水滴子

本来ならお休み前のリラックスタイムがスマホとにらめっこでは、どこかで身体は緊張を感じています。意識して身体も頭も休む時間を作って下さい。

作業内容が話をする必要のない方。を動かす時間が少なくて唾液の減少を感じるかもしれません。大きく舌を動かす体操が唾液を増やすことに効果があるのですが、作業中はちょっとNGな時も。

口を軽く閉じて、舌先で歯の左右の内側をなぞる、舌の付け根をコチョコチョと刺激をする。こんな簡単なコトで唾液の量をUPさせることが可能になります。

理想の唾液分泌行動は、楽しい会話をしながらリラックス

乾いた口と乾いた心を抱えて黙り込むことが長時間続けば、唾液も分泌されにくくなります。美味しいものを食べながらならば、咀嚼回数もプラスされて効果も右肩上がりです。

唾液を減らしていませんか?

唾液を減らしている代表的原因はこの3つ。
飲酒
・洗口液の多用 
鼻づまり

アルコールの分解は体内の水分を使います。併せて唾液も減って行きます。洗口液のエタノールは口内を乾燥させます。口臭予防で使ったことが裏目になってしまうことも。

使用回数を減らして唾液を増やすことで口臭を減らすことにつなげましょう。鼻がつまった時は口で呼吸をします。口呼吸は唾液を減らします。意識して口をつぐむことが予防策になりますよ。

3大原因も当らない、唾液を増やすことを心掛けても、唇や舌がひび割れして粘膜が乾燥する場合はシューグレン症候群の場合もあります。こんな場合は病院で診察を受けて下さいね。

空気のようなあることが当たり前の唾液。細菌やウイルスを死滅させる、細胞の活性化をさせる、こんな素晴らしい成分を含むこともわかっています。

唾液を意識した生活で臭い・感染症・アンチエイジング対策が可能。乾いている場合ではありません、唾液増量サービス行動今すぐ始めましょう。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ