もしかして風邪? 風邪薬の副作用で太るってホント!?

風邪のひき始めにはまず薬!というように、日本人は風邪薬をよく飲みます。お医者さんに処方してもらったもの、市販の風邪薬、日本人は特に、風邪薬を飲む習慣があるそうです。

ですが、風邪はウィルス性のものなので、風邪を治せる風邪薬というものは実は存在しません。

薬

うちの子もよく風邪をひくので、病院を受診をして、処方してもらった薬を飲んでいます。でも薬には、必ず副作用があるものです。

それを、今までよく知りもせず、薬で絶対に治るぞ!みたいなところがあったので、今日は、風邪薬の副作用について調べてみました。

もしかして風邪? 風邪薬の副作用で太るってホント!?

スポンサード リンク

眠気は風邪薬の副作用

病院で診察してもらう時、よく聞く言葉ってありますよね? 薬を飲むと眠くなる恐れがあります。」風邪薬の代表的な副作用と言えば、眠気ですね。

病院はキライ!!気持ちは分かります。終わったらイイことあるよ??

これは鼻水や鼻づまりを抑える成分の、「抗ヒスタミン」が、風邪薬に配合されているからです。

この成分は、鼻炎症状に力を発揮しますが、同時にその働きが脳内まで達してしまうので、脳が眠気を感じてしまうということです。

CMでもよく風邪薬の紹介をしてますね。眠気が出ることもあるなら、体を楽にしてよく寝る為に飲むといいかもしれません。

薬には効き目と副作用があります!!

実は最近、身近でも風邪薬の副作用の現場に遭遇しました。約束をしていた友達に会いにいったのですが、私と会う直前に、病院で処方された薬を飲んできたと言ってました。

そうしたら、目の前でみるみる顔も手も赤くなって…、痒みはないみたいでしたけど、これはおかしいぞってことで病院へ。すぐに風邪薬を、変えてもらったそうです。副作用も眠気以外にも、さまざまあるんですね。

他にも、気になる副作用は、咳止め用の「フラベリック錠」では、音が半音低く聞こえるという聴覚異常を起こします。風邪薬の副作用の報告は、過去5年間で1,000件以上あるそうです。

風邪薬で死亡事故まで、起きてるんだとか…。風邪を治そうとして、死んでしまうなんて恐いですね。

薬には効き目を期待する部分と、その効果とは別の副作用が同時にあることを、忘れないでください。

ですが、副作用が必ず全員に表れるという訳でもありません。風邪薬を飲んだら自分の体の様子、状態を観察して、いつもと違うようなら、すぐに診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

NGな薬の飲み合わせ

風邪薬とお茶は、一緒に飲んではいけない。これは有名ですよね。でも、実はコンビニで売ってるような、ペットボトルのお茶なんかではほとんど影響がないみたいです。

逆にお茶がダメだからと、何も水分を取らないで、風邪薬だけを飲む方が、胃には良くないので気を付けましょう。では、本当はどんな飲み合わせがNGなのでしょうか??

    ◆気を付けたい成分と食品の組み合わせ◆

  • 塩酸フェニルプロパノールアミンとチーズはNGです。
  • 鼻水・鼻づまりの症状を緩和する、塩酸フェニルプロパノールアミンは市販の風邪薬によく配合されている成分です。

    チーズ

    チーズを一緒に食べると、チーズに含まれるチラミンという成分の、肝臓での分解を妨げ、頭痛や胸苦しさを発症します。

  • アスピリン、アセトアミノフェンと糖分・でんぷんはNGです。
  • 頭痛や発熱に効き目をある、アスピリン、アセトアミノフェンは糖分やでんぷんとの相性が悪いんです。ご飯やパン、麺類もNG。あんこやクラッカーも当然だめです。

    特にキャベツは、アセトアミノフェンを分解してしまうので、薬を飲んだ意味がなくなってしまします。

  • ニューキロノン系の風邪薬は牛乳がNGです。
  • 感染症の治療薬として処方される、 ニューキロノン系の風邪薬は牛乳がNGです。 せっかくの効果を遅らせることに繋がります。

回復のためにと思って摂取する食品が、思いがけない副作用を招くことがあます。NGな組み合わせを知っていれば、副作用を防ぎ、症状の緩和への速度を上げることができます。

こんな症状も出ます。その他副作用情報はこちらをチエック!
風邪薬の副作用で吐き気? 下痢になったらどうするとイイ??

風邪薬で太るってホント?

NHKあさイチで、紹介されましたが、風邪薬と食欲は密接な関係があったようなんです。なんでも、肥満治療の大先生が発見したようで、それも、偶然なんだとか…。

このような大発見でした。風邪薬を飲んだ赤ちゃんが、いつもより多くのミルクを飲むそうです。

大先生は、そこに疑問を持ち調べた結果、先ほど副作用で紹介した、抗ヒスタミンが食欲を、増幅させているのではないかと、さっそくマウスで実験!を試みました。

脳内のヒスタミンが減ると食欲が増加、逆にヒスタミンが増加すると、食欲が減退することが分かったそうです。世界で初めて証明された実験でした。素晴らしい!

太ったお腹

ですが、痩せたいからヒスタミンを飲めばいいんだ、と思うところですが、風邪薬で抗ヒスタミンが入ってるのは、鼻水を抑えるため。ヒスタミンが体で増えれば、鼻水も増えるということです。

間違ってもチャレンジしないで下さいね。食欲を抑えたいなら、よく噛んで食事をすることです。これで、脳内のみにヒスタミンが増加して食欲が抑えられます。

病院関係者は風邪薬を飲まない!?

最初に説明した通り、風邪はウィルス性のものであって風邪薬で風邪は治せません。なので、軽い風邪程度ならば病院関係者の人たちは、風邪薬を飲まないという事です。

風邪の引きはじめにはこんな対策が効くかもしれない。チエックしてね!!
風邪を引いたらネギを首に巻く♪効果はホントにあるの?

自宅療養で自然治癒が一番ですが、いつでもそれが、できるわけではありませんよね。仕事、子育て、他にもすることがたくさんあれば、風邪薬に頼らなければいけないこともあるかと思います。

で、風邪薬には副作用があること、風邪薬を飲むときは、使用上の注意をきちんと守りましょう。

風邪だから、薬は飲まない!ではなく、風邪と思っていても、違う病気の可能性もありますから、おかしいなと思ったら、病院で診察してもらうのが安心ですね。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ