朝の鼻水が止まらない! それってモーニングアタックかも!!


朝鼻水が止まらない。ここのところ、毎朝続いている困りものの症状。朝の忙しい時間に、ティッシュの箱が手放せない。

今日一日これが続くかと思って、憂鬱になるけれど、仕事を始めるころには気が付くと止まっている。熱もないから風邪ではないし、花粉症でもない!

鼻かむ女子

ランチは美味しく食べて、仕事はフツーにしているので、わざわざ病院に行くのも気が進まない。

睡眠不足かと思って、昨日は早めに寝たけれど、今日も朝からティッシュを鼻に詰めて、出かける準備を決行するしかない…。鼻の朝活? 鼻水が暴走していますけど!?

朝の鼻水が止まらない! それってモーニングアタックかも!!お教えします。

スポンサード リンク

モーニングアタックとは? 対策は??

風邪はひいていない。杉もヒノキもすべて陰性で花粉症ではない。けれども朝の鼻水が止まらない方、「モーニングアタック」と呼ばれる症状です。

◆モーニングアタックの特徴的な症状◆
・朝目が覚めてから、2時間ほど続く。
・鼻水は透明な水状態で、タラタラと出る。

花粉症の方は朝の鼻水に悩まされることが良くあります。でも血液検査をして花粉症ではないと、お墨付きももらっている方に起こるこの厄介な症状。

テンション上がるモーニングビュッフェ♪ オムレツ食べたい!!

奇襲攻撃のように朝の鼻をねらってきます。出かける前の慌ただしい時間に、手放せないティッシュ。

わずらわしいモーニングアタックから解放される対策を、立てたいですね。モーニングアタック対策のカギはやはり「鼻水」。花粉症や風邪のための対策が有効な場合もあります。

一時的な対処方法ではなく、長期的対策も欠かせません。まずモーニングアタックの「原因」を探ります。敵を知って、朝やってくる奇襲攻撃対策をお教えします。

朝の鼻水♪止まらない原因はコレかな…?

風邪でもない、確実に花粉症でもない、一見元気なあなたのモーニングアタックの原因。「探ります」なんて言っちゃいましたが、実は「コレ」という原因が特定できていません。

こんなコトかな?という、ゆる〜い原因を、まず2つ挙げます。

  • 空気の動きの少ない就寝中に床に落ちた、花粉やほこりを吸い込む。
  • 起床時に跳ね上げた布団にたまっていた、花粉やほこりを吸い込む。

検査の結果で花粉症ではないし、ハウスダストにもアレルギーは無いはずなら、チョット納得いかない原因を挙げました。

実は鼻の粘膜が刺激に反応しやすい時間帯は朝。日中は平気でも、朝だけ花粉やハウスダストにアレルギー反応を起こすコトもあり得ます。

スポンサードリンク

朝の鼻水♪止まらない原因…これもアリ??

様々な症状を引き起こす、自律神経のバランス。モーニングアタックに、関係しているかもしれません。副交感神経が働く就寝時。身体はリラックスしているので鼻水が出やすい状態です。

副交感神経が働いたまま起床して活動を開始すると、朝の鼻水が止まらない症状が起こります。

仕事をしている日中は、交感神経が働いているので、緊張感を感じる身体は、鼻水も止まります。仕事が終わって、家に帰ると鼻水が出る人もいるので、この「自律神経」は主犯とみなしてもよさそうです。

職場では症状が出ないけど、自宅で鼻水が止まらない。自分の家の掃除が行き届いていない、せっかく買った空気清浄機が不良品? などと思われがちですが、自律神経のバランスが関係するための現象ですね。

鼻水も自由に出せない、緊張感が帰宅後も続くストレスは、もっと問題な気がしますけどね。

止まらない朝の鼻水♪モーニングアタックの対策はコレ!

朝蛙
絶対とは言えない原因も、検証すればその姿を確認できてきました。対策をお教えします。

  • 日常生活で
  • 空気清浄器を使う。
    布団は外に干さない。
    掃除は「水拭き」も有効。

花粉は杉やヒノキだけではありません。万が一を考えて、外から持ち込む異物は少ない方が賢明です。ほこりが舞い上がる掃除機より、水ぶきで確実にほこりを押さえこむことは効果があります。

  • 寝る時に
  • 就寝時もマスクをする。
    加湿器を使う。
    睡眠を十分にとる。

鼻の中に冷たい空気が入らないので、保湿効果があります。乾燥防止に加湿器の力を借りるのも考えましょう。十分な睡眠で免疫力を高める事も重要な対策です。

  • 朝起きる時は
  • 起き上る前に、布団の中で手足を動かす。
    起床時に朝日を浴びる。

身体を動かすことで、交感神経を働かせます。朝日を浴びれば、交感神経の働きがより良くなります。

ハイシーズン以外にも花は咲きます。ひょっとして鼻水の原因はコレかも??
秋なのに花粉症♪ 原因は? この季節だから知っておいて!!

モーニングアタック対策♪ 薬に助けてもらう!

朝の約2時間で治まるとはいえ、やはり生活に支障がでる、モーニングアタック。鼻水を止めるための薬を服用するのも一つの手段です。

でも自律神経が原因であることを考えると、対処療法ではなく根本的な治療を選びたいですね。

鼻炎に効く「漢方薬」はいかがですか? 体質に合った薬や身体全体を考慮して、処方される薬もあります。

我が家にも、モーニングアタック症状の人がいます。私は原因を、夕方以降の水分の取り過ぎと予想していました。自律神経が関係していたのですね。

たいていは朝の一時で治まるのですが、不思議なのは、デパートでもこの「鼻水が止まらない」が起こるのです。

「百貨店アタック」という感じなのですが、スーパーやコンビニでは何も起こらないのが、デパートに行くと止まらない鼻水が始まります。デパートは一緒に行かない方が私も助かるので、最近は別行動をとることが対策です。

「ストレス」も自律神経のバランスを崩す原因と言われます。解消できることから着手して、奇襲攻撃に備えましょう。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ