老眼の症状と40代♪ いつもの文字が読みにくいコトありませんか?

老眼の症状を実感する平均年齢は40代前半。以前より新聞の株価の数字が滲んで見える。

新しいレシピの分量を見る時は、目と本を離さないと正しいg数がはっきりしないことも。スマホの絵文字、で入力したはずが猫? なんてことも。

眼鏡と本

噂では聞いていたし、いつかは来ると思ってもいたけれど、立ちはだかる現実の壁のあまりの高さに、固まってしまう。

チョット凹んでいる手元が見づらい40代の方。あなたの目に起こっている事を知って、正しい対応でこの後の、長?い老眼とのお付き合いを良い時間にしていきましょう。

老眼の症状と40代♪ いつもの文字が読みにくいコトありませんか? お教えします。

老眼の症状♪出会いはこんなコト?40代ですから??

老眼の症状との出会い。40代であれば、いきなり肩を叩かれるのではなく、なんだか控えめな態度でチラチラと姿を現す。気が付けば、近くを見る時に一番傍にいるヤツ。「ヤツ」の名は老眼…、という感じですか?

キレイな色で回復へのテンションも上がるかな?

自覚症状こんなコトありますか?
・読書や針仕事など近くの作業が見えにくい
・夕方以降目が疲れたり、ぼやけたりする。
・頭痛や肩こりが頻繁になる

少し前までは見えていたから気にしなかったけれど、最近思うのは、大切な事は細かい文字で書いてある。値段も薬の箱の効能効果、何錠飲むのかも数字がかすむ。老顔初期の方の心のつぶやきはこんな感じですね。

40代以降であればほぼ全員に症状が出る老眼ですが、そのまま何も対策をとらないと、頭痛や肩こりによる全身の疲労につながります。

40代の今の見え方♪これは老眼??

40代だって色々です。こんな風に見えているのだけど、これはどう解釈していいのか40代の現状を検証します。

  • 【質問】横になってテレビの画面を見た後に、起き上って、スマホのメールをチエックしようとすると文字が見えるまでに時間がかかります。老眼の症状でしょうか?近視ではありません。

視力が正常な範囲の方であれば老眼の症状ですね。モノを見る時に網膜に焦点は合っているのですが、ピントを合わせる水晶体の弾力性が弱まることで、老眼が始まります。

遠くを見た後すぐに近くにピントが合わない、そのために起きた老眼の症状です。横になったり、起き上ったりは関係ありません。

  • 【質問】近眼でコンタクトを使っています。最近遠くの景色がぼやけるのと、階段を下りる時足元が見えづらい感じがします。これは老眼ですか?

遠くと足元が見えにくいと感じるのは、老眼ではありません。老眼の始まりを実感するのは新聞等を近くで見て、文字が読みにくいと感じた時です。

コンタクトの度が合っていないかもしれません。一度検眼に行くことをおススメします。

スポンサードリンク

レアな遠視♪老眼の症状の注意点は?

視力の矯正が必要な人の、9割は近視、1割が遠視というレアな目の持ち主です。遠視は、焦点が網膜より後ろにあるので近くが見えづらく、遠くを見る時も焦点を合わせるのに、努力が必要な構造の目です。

フツーに見るだけでも眼精疲労の症状が心配な目です。老眼の初期症状として目の疲れや肩こりがあります。この症状が悪化してしまう事になります。

度のあった老眼鏡を使用する事で、眼精疲労の症状を軽減する事が可能です。検眼を受けて、度の合った老眼鏡をつくりましょう。

近視だからの老眼の症状♪気をつけたいのはコレ!

眼鏡と辞書

近眼はもともと近くを見るのは得意としています。ですので、老眼平均年齢を過ぎても老眼の症状に気が付かない事もあります。

今の眼鏡やコンタクトをつけたまま遠くを見て、手元の新聞など細かい文字を見てピントが合うのに時間がかかるようであれば、老眼は確実に始まっています。

ドライアイの症状のある人が老眼になると、目の疲労を強く感じる事があります。コンタクトで矯正している方は注意が必要です。

40代の老眼♪老眼鏡はどうする?

老眼鏡をかけると老眼の度が進む。聞いたことありますよね。だから老眼鏡は断固拒否する方、根拠はありますか?

眼鏡ケース

老眼鏡をかけてもかけなくても進行速度に変化はありません。めがね屋さんの売上UPに、貢献しているわけではないのでご承知を。

ムリに見る事で起きる頭痛や肩こりを軽減するためにも、検眼をして老眼鏡を作るのをおすすめします。

    老眼対策レンズも色々あります。

  • 新聞や読書で手元が見づらい人のためのレンズ
  • パソコン作業が多い人のためのレンズ
  • 手元も遠くも見る遠近両用レンズ

遠近両用のレンズは昔のいかにも老眼鏡の見た目ではなく、一見フツーのレンズなのでご安心を。遠近両用コンタクトもハードからワンディまで多種多彩です。

老眼の予防は日常の食事から。とりあえず赤ワインで乾杯!!
老眼を予防する食事♪赤ワインのポリフェノールがポイント!!

40代の老眼♪症状の進行はいつまで続くの?

40代でスタートする老眼ライフ。症状は60才位まで早足で進行します。進行が止まる平均は75才。長いお付き合いですね。

老眼鏡は2〜3年に一度は、作り直す必要があります。個人差はありますが、相談できるめがね屋さんがあると心強いですね。

40代の目で心配な症状は老眼だけではありません。目がかすむ原因が、白内障の場合もあります。40代の20人に1人がかかる緑内障は、視野がかける事から始まります。

目の疾患は早期発見と治療が必要です。心配な症状は早めに眼科を受診しましょう。

老眼予防のアプリも開発されているようですが、それを検索するためにも、じっくり見るためにも、あなたの目を労わる時間を作ってあげて下さい。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ