老眼を予防する食事♪赤ワインのポリフェノールがポイント!!

老眼 予防。このワードで検索したコトありますか?しかもスマホで。そしてふと不安になっていませんか?

画面の小さな文字がかすむけど、気のせいよね。寝不足だから仕方がないと、自分を慰めてみたり。でも返信が無いコトより、深刻な悩みに発展するかもしれません。

眼鏡女子

あなたの目にも忍び寄る老眼の足音。脅かすわけではありません。ほぼ誰にでもやってくるエイジングプロセス。

予防をする事は出来ます。毎日の食事で足音を遠ざけることは可能。

老眼を予防する食事♪ 赤ワインのポリフェノールがポイント!! 乾杯! じゃなくてご紹介します。

スポンサード リンク

老眼♪目が老化するってどんな状態?

老眼という言葉は良く聞くけれど、目が老化していく。しかも見えない所で起こっているのはこんなことです。

目のピントを合わせる働きをする、水晶体の弾力性が低下。毛様体筋の働きが悪くなる。近くを見る時は、水晶体が厚くなって屈折力を大きくし、網膜にピントを合わせます。

残念ながら年齢を重ねるのに伴って、水晶体も毛様体筋も働きが悪くなります。

見つめすぎて疲れないように。ゆったりやって下さい。

予防のための食事はやはり「目」に効果があるものが、ポイントとなりますね。何か一つを摂取することで、予防はできません。

ホンキの予防は、食生活そのものを見直す必要があります。「老眼を予防するための食事」ご紹介します。

老眼の予防♪抗酸化物質はマストです!!

抗酸化物質は体内の老化を防ぐ働きをします。積極的な摂取は、老眼の発症を遅らせる事が、できると期待されています。老眼予防の抗酸化物質まず第1位をご紹介します。

第1位◆アントシアニン 目の疲れをとる。網膜の血管や神経の細胞を保護する働きがある。

【含まれる食物】ブルーベリー・黒豆・紫いも 目と言えば注目される食品、ブルーベリーが登場しました。

ブルーベリーのアントシアニンは網膜にある、視覚伝達物質、ロドプシンの再合成を助ける、働きをします。この効用が注目を集める要因です。

アントシアニンは非常に多くの種類があります。お正月に食べる黒豆にも含まれています。視力低下を防ぎ、目にマストなビタミンAも豊富に含む老眼予防の優等生。

ブルーベリーは確かにすばらしい効果がありますが、それだけに頼らないで様々なアントシアニンを意識して摂取すれば、より良い効果が得られます。

お節だけではもったいない黒豆の秘密。エ—こんな効果も??
黒豆茶の効能と不妊の関係? 副作用があるってホント?

スポンサードリンク

老眼の予防♪抗酸化物質は和食がカギ??

売上も知名度も第1位の抗酸化物質に続いて、第2位から5位にも注目して行きましょう。

第2位◆ルテイン 網膜を保護する働きがあります。体内では作られないので食物などからの摂取が必要です。
【含まれる食物】ケール(青汁の原料)・ほうれん草・ブロッコリー

ほうれん草

第3位◆コンドロイチン コンドロイチン不足は毛様体筋の働きが悪くなります。眼精疲労を招く原因となる場合もあります。
【含まれる食物】オクラ・納豆・山芋

第4位◆DHA 網膜細胞を活性化し老化を防ぎます。
【含まれる食物】いわし・まぐろ・さんま

第5位◆コエンザイム 高い抗酸化作用は、眼精疲労の回復にも役立ちます。
【含まれる食物】青魚(いわし・さばなど)・ウナギ・牛肉・豚肉

頭の中に抗酸化物質が積みあがっていますか?でも含まれている食物は普段のメニューに、登場するものがほとんどです。

朝食の納豆からランチのうな丼、居酒屋でまぐろの山かけ。こんな和食系は老眼の予防のためにある、メニューです。美味しい和食が老眼予防の重要ポイントです。

老眼の予防♪赤ワインで乾杯!ビンテージ??

和食だから飲み物は焼酎? ではなくて、ここは「赤ワイン」を選びましょう。赤ワインに含まれている、ポリフェノールに注目です。

人体に吸収されやすくできている赤ワインの、ポリフェノールは「若い細胞」を作る働きを助けます。老化による健康状態の機能低下を防ぎます。

赤ワイン

これは老眼予防にも効果があります。熟成したお値段高めのワインには、特に有効成分が多く含まれています。

理想的な飲み方は、ビンテージワインをグラスに1杯です。

デイリーワインや、ぶどう100%ジュースにも、ポリフェノールは含まれています。くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

老眼の予防♪野菜は足りてる?ビタミン編!

毎日の食事の内容は充実していますか? 値段ではありません。バランスです。特にビタミンは目の健康に欠かせない栄養素。

◆目にイイビタミン一覧

ビタミン 含む食品 効果・効能
ビタミンA にんじん 春菊
うなぎ レバー
視力の低下や夜盲症を防ぐ
ビタミンB1 豚肉 豆類
ごま 落花生
視力低下を防ぐ皮膚や粘膜の健康維持
ビタミンB2 うなぎ さんま
牡蠣 牛乳
視力低下の回復目や口の中の粘膜を保護
ビタミンC じゃがいも 
さつまいも
アセロラ ゆず
水晶体を保護する目の粘膜をつくる
ビタミンE アーモンド アボガド
焼のり
細胞の老化を遅らせる

にんじんなど、緑黄色野菜は体内でビタミンAに変化する、βーカロティンを多く含みます。油と組み合わせると、効率よく吸収できます。

ビタミンB群はB1・B2など複数の「B」を摂取することでより良い効果が得られます。注目はビタミンCですね。水晶体の弾力性・透明度の維持に、大きく貢献します。

ビタミンEはビタミンCの働きで、効果を発揮します。同時摂取がポイントです。幅広い食品から、多くの種類のビタミンを摂ることが老眼予防につながります。

野菜をたくさん摂れる食事は、お味噌汁・肉じゃが・なべ物と和食系が並びます。美味しい和食を忘れないで下さいね。

老眼を意識するのは40代過ぎですが、予防は30代から意識しても損はありません。美味しい脂やジャンクフードで血流は、滞りがちな食環境ですね。

身体全体の血液循環を良くする、新陳代謝を促す食事で、老眼予防を心がければ視界良好です!

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ