これは夏バテの症状?? 吐き気と頭痛がする 女子のために!!

夏バテの症状? 吐き気がして頭痛がするのだけど。昼間、外を歩くときはUV カット率の高い日傘をさし、水分補給も忘れてないから、熱中症は無いと信じたい。

女子夏
スッキリしないこの体調は、やっぱり夏だから? それとも女子だからの理由があるのかしら? 吐き気と頭痛の症状が続いているのよね。

いつもなら美味しいものを食べて寝れば、回復できるのに。仕事もプライベートも忙しい夏を乗り切りたい…。

これは夏バテの症状?? 吐き気と頭痛がする女子のために!! お教えします.

スポンサード リンク

夏バテですか? 吐き気と頭痛が続いている♪

夏バテは年齢性別関係なく、誰にでも起こります。でも自律神経と二つのホルモンが影響する女子は、夏バテになりやすい条件を備えています。

猫も夏バテするんだ…?

今の症状はコレですか? なんとなくの吐き気・頭痛・食欲不振しかもここ一週間ほど続いている。

「夏バテ」の判定が下りますね。夜も気温が下がらない熱帯夜で、熟睡ができない、疲れのたまった身体に、高温多湿の夏は辛いですね。

◆女子にある夏バテの代表的症状◆
身体がだるい・頭痛・肩こり
吐き気・食欲不振
足腰が冷える

長い休みがある生活から、夏もしっかり働く環境に変わった女子は、特に疲れを感じていませんか? 頑張るあなたの体調不良の原因は「夏バテ」が濃厚ですね。

夏バテですか?せっかくのバカンスなのに!?

お休みだから朝から晩まで楽しみたい。睡眠不足も気づかないふりして行動開始。行く先々でグルメを満喫して大張りきり。この結果が夏バテの症状を招きます。

症状は、熱は無いけれど、吐き気と頭痛。せっかくの旅行が楽しめないのは残念です。

ムリを押してスケジュールをこなし、家に戻れば夏バテはひどくなるばかり。ハイテンションで過ごしがちな夏の旅。体調最優先で、最後まで楽しくお過ごし下さい。

スポンサードリンク

夏の旅♪女子にありがち注意報その1

女子の身体はデリケート。チョットしたことで、月経周期が乱れる事もあります。体調不良が夏バテではなく、PMS(月経前症候群)の場合もあります。

鎮痛剤が必要ならば、飲み慣れたものを荷物に入れるのを忘れないで下さい。旅先では手近にある飲み物で、薬を服用してしまう事もやりがちですが、薬は水で飲んで下さいね。

日本茶やコーヒーは、薬に含まれているカフェインとの、過剰摂取で頭痛を引き起こす場合もあります。

夏バテですね♪対策は何かありますか?

前日から続く吐き気に頭痛。目の奥がズキズキする。だるさ、息苦しさ。これらの症状が治まらない。夏バテの典型的症状もありますが、軽い熱中症の可能性もあります。

高温多湿の中で大量の汗をかいたことによって、体内の水分とミネラルのバランスが崩れています。

ナトリウム(塩分)も不足しています。水分補給は、スポーツドリンクや経口補水液を飲んで下さい。

ビーチ

暑さで寝られない状態を解消して、しっかりと睡眠時間を、確保しましょう。疲労の回復は寝るのが一番です。それでも回復しない時は、病院に行く事をおススメします。

夏バテ症状♪女子にありがち注意報その2

軽い吐き気がある。その他何となく感じる症状は、たちくらみ・頭痛・倦怠感・微熱…。ウーン、この症状はおめでた? 妊娠ですかと、疑っても間違いない症状ですね。

やはり自己判断では正確に診断はできません。心配であれば、まず検査薬で確認をして下さい。

夏バテ?風邪?おめでた? とにかくお大事にどうぞ。
風邪と妊娠の症状の違いは? えっ関係あるの!?

夏バテですか?実は病気なことも!?

夏バテと思って、生活は色々立て直したけれど、症状がいっこうに改善されない。頭痛も吐き気も倦怠感も、気が付くとひどくなっている。こんな場合は他に原因があるかもしれません。

  • 夏バテ症状と似ている病気
  • 肺炎・ 肝炎・ バセドウ病・ うつ病

ひまわり畑

いずれも早めの受診が必要な病気です。夏だから少しテンション高めで日々頑張っているのに、今一つスッキリしない体調はメンタルにも影響してしまいますね。

どうしても、回復しない時は夏バテだからと思いこまず、病院に行く事をおススメします。

夏バテの症状♪そのまま秋バテ症状!?

頭痛と何となくの吐き気の夏バテ症状で、食欲もなく、エアコンの効いた部屋で過ごした夏。気が付くと秋になっても続く体調不良。女性の6割が夏より秋の方が、体調が優れない。という統計結果もあります。

冷たいものを摂取して内臓の働きが悪い。外気温との差で、自律神経が乱れている。2大夏バテ原因が秋バテ症状を招きます。

女子会の話題第1位はダイエットだけど、
夏のウォーキングはこんなにも魅力的。こちらの記事をチエック!
ウォーキングの時間帯♪夏ならここがおススメ!

夏は楽しい予定もたくさんあるので、その時はテンションが高い分、疲れも大きかったりします。

楽しい夏の思い出を作るのは、身体の調子も重要です。夏の入口から秋を迎えるまで、乗り切る身体は、あなたの常日頃のケアで決まります。

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ