ゴーヤのグリーンカーテン♪マンションのベランダで育てよう!!

ゴーヤのグリーンカーテンをマンションのベランダで作ってみませんか? 夏の日差しをさえぎる、心強い緑の葉っぱに、黄色い小さな花。そしてゴーヤの収穫。

みどり

エコも花も実も楽しめる、一石三鳥の、グリーンカーテンがベランダでできます。

ゴーヤのグリーンカーテン♪マンションのベランダで育てよう!!
お教えします。

スポンサード リンク

ゴーヤのグリーンカーテン♪マンションのベランダで大丈夫?

ゴーヤは成長が早くて、虫や乾燥にも強い植物。ベランダのグリーンカーテン初心者におススメです。深めの足つきプランターを選べば、ベランダの床の熱が、届かないので、暑さで根が弱ることを避けられます。

こちらの動画も参考にして、ゴーヤをゲット!?

    ◆マンションのベランダにプランターを置くときの注意事項 

  • 避難経路を確保
  • 避難用ハッチの上にプランターは置かないで下さい。

  • 排水溝や排水口を塞がない
  • 土や落ちた葉で排水口をふさがないよう、こまめに掃除しましょう。

  • 手すりの少し内側にプランターを設置
  • 花がらや葉が下の階に落ちない位置を確認して、プランターの置き場所を決めましょう。

  • ベランダのハジには置かない
  • 勢いよく伸びたつるがお隣に行ってしまう可能性があります。

ゴーヤのグリーンカーテン♪よくある質問その1

マンションのベランダで育てるゴーヤ。限られた場所だからこその、こんな悩みあんな質問にお答えします。

Q1. 物干し用のフックが無いベランダです。ネットを取付けるいい方法がありますか?

台風なども多い夏の時期は、ネットが倒れない事が重要。ベランダ用パイプキャッチ、ネット転倒防止金具などは特別な道具が無くてもベランダやサッシに、取付ることが可能です。

すだれをサッシに付ける、ための金具も全天候に対応しています。迷うときはこういった専門器具を使って、ネットを上から垂らし、プランターの下にはさみこみます。

70度位の角度をつけると、風に強くゴーヤのつるも伸びやすいネットになります。プランターは、ネットの内側に置くことがおススメです。

Q2. 屋上にプランターを置いて下に垂らして、グリーンカーテンを作るのは可能ですか?

つるは上に伸びる物なので、そのままではムリですが、上に伸びたつるを折り返して、下に誘引すればできます。但し毎日つるを必ずネットに結ばなければいけないので、手間はかなりかかります。

スポンサードリンク

ゴーヤのグリーンカーテン♪よくある質問その2

一石三鳥のはずがなんだか育ってくれない、そんな質問にもお答えします。

Q1. 葉っぱが茂りません。グリーンカーテンにすきまが目立ちます。

ゴーヤにも様々な品種があります。葉が茂る品種を選ぶことも重要です。「純白ゴーヤ」は白い実がグリーンに映え、葉も実も見た目も楽しめます。味も苦みが少なくサラダも可能です。

グリーンカーテン専用の品種「エコゴーヤ」・「グリーンシェード」もありますが、収穫が望めないかも。

Q2. つるが上の方にどんどん伸びます。ネットに這わせてはいるのですがどうすればイイですか?

順調に育っていますね。大変ですが毎日の誘引が必要です。それ以上伸ばしたくない時は、カットをしても大丈夫です。

マンション

Q3. 何株植えていくつゴーヤが採れましたか?

2株で15個位収穫できました。6月下旬に植えたので今年はもう少し早めにスタートしたいと思います。

Q4. 小さなゴーヤしか採れません。

品種選びがポイントです。実が良くなり大きさも25cm前後の「あばしゴーヤ」は食用として一番人気です。

ゴーヤのグリーンカーテン♪準備するもの♪

ゴーヤチャンプルーが、地産地消できる夏のために、準備するものは、ホームセンターなどで扱っています。ネットでは、グリーンカーテンフルセット商品も、販売されています。初心者にはこれもおススメです。

    ◆必要なもの

  • 苗は4月後半〜5月中旬位に多く出回ります。根がしっかり張ったものを選び、購入後一週間以内に植え付けましょう。

    ゴーヤの種は25~28℃で発芽します。5月の地面の温度が25℃に達しない場合は、苗を使って育てる事をおススメします。

  • プランター
  • プラスチック製は軽くて扱いやすいので、初心者も安心です。長さ70㎝・奥行25cm・深さ30cm以上の大きさが必要です。

  • 培養土
  • 野菜用で鉢・プランターに適している土ならば、ほとんどの植物に使えます。土が入っている袋には、重要な情報が載っています。メーカー名や特長、肥料が入っているかをチエックしましょう。

その他には

    水遣り
    鉢底石(必要なら鉢底ネット)・肥料・支柱・ネット(10㎝角の園芸用)・じょうろ・移植こて・園芸用はさみ

プランターにゴーヤの苗を植えよう♪

ゴーヤの苗を植えるのは、風のない晴れた日に行いましょう。遅くとも6月中旬までには植えて、日差しに備えます。

プランターに培養土を入れます。鉢底石を敷き、苗を植えた時に地面がコンテナより、2㎝くらい、下になるよう培養土を入れます。

70㎝のプランターなら苗は2つ20cm以上離して、苗を植え、すきまが残らないよう培養土を入れます。コンテナを持ち上げ、トントンと地面に打ち付け、土をならしてから水遣りをします。

葉っぱにかからないよう、底から水が流れ出るぐらい、タップリお水をあげて下さい。

朝顔のグリーカーテン情報はこちら。
グリーンカーテンを朝顔で作りたい!! マンションのベランダでも大丈夫♪

グリーン♪カーテンにするための作業

苗を植えたプランターの置き場所とネットの設置も、済んだら伸びてくるのを待つだけです。キレイなカーテンにするための作業が必要です。

自由奔放なつるは伸びてほしい方向に、「誘引」をしないとキレイなカーテンにはなりません。

のばしたい方向につるとネットをくくり付けます。数日するとつるがネットに絡み付いてくれます。この作業を何度か繰り返します。つるがネットの頂上まで届いたら次は「摘芯」をします。つるの先端をはさみで切ります。

切ったつるの下の方から新しい芽がのび始めます。新しい芽がネットの端に届いたら同じように、はさみで切ります。摘芯を繰り返すことで、ネット全体につるが行き渡りグリーンカーテンとなります。

ベランダでのプランター栽培は朝晩の水遣りが必須です。長期で家を空ける事が不可能になる場合もあります。

日々のお手入れが必要で少し世話の焼けるゴーヤですが、本場チャンプルーがお好きな方は是非お試し下さい。

スポンサード リンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ