銀行と信用金庫の違いはナニ? それぞれのメリットデメリットはココ!

銀行・信用金庫、町のどこかでこの文字が入った看板などをみかけますね。人生初口座は自分が意識しないうちに、開設されてた…なんてこともありますね。

でもいざ自分で口座を開設しようとすると銀行がいいのか? 信用金庫がいいのか? 迷ったりしますよね。もちろん2つとも金融機関として、なくてはならない存在。

%e3%81%8a%e9%87%91%e9%9b%bb%e5%8d%93

メリットやデメリットがあるなら選択肢としてどちらがいいのか調べてから口座を開設したい。スマホで口座を開設することができても、スマホからお金は出てこないからその辺りのリサーチも必要かも?

自分の口座を守るのは自分。もちろん残高を増やすのも減らすのも自分だから知っておきたい、違いはなに? 銀行と信用金庫。使い分けるなんてのも可能なの??

スポンサード リンク

銀行と信用金庫♪違いはなに?

銀行と信用金庫…違いは? スラスラ答えが出る人はやっぱりリッチな人? それならば銀行と信用金庫の違いを知れば、リッチグループに入れるのかも。

お金を貯める基本は貯金♪手作りで一層やる気が…!?

「銀行と信用金庫の違い」まずは表にまとめてみました。

項目 銀行 信用金庫
数は? 125 265
英語では? a bank a shinkin bank
目的は? 金融の円滑 金融の円滑と貯蓄の増強
組織は? 株式会社 非営利の協同組織
根拠法は? 銀行法 信用金庫法

口座を開設する一般的な都市銀行・ネット銀行など・地銀・第2地銀を合わせると125行。信用金庫は北海道から沖縄まで全部で265信用金庫。

英語で銀行はbank。よくerをつけてbankerなどと言いますがこれは銀行を所有している人。うっかりすると胴元などと訳されるのでご注意を。銀行員はbank clerkです。

信用金庫は英語表記もグローバル。「shinkin」英単語になっています。a credit unionと英訳されることもあるのですが、シンキンで通じるならこちらを広めたいですね。

金銭の融通を円滑に行うことが最大の目的。お金の貸し借りも含まれます。信用金庫のもう一つの目的は「貯蓄の増強」を手助けするがあります。しかも対象はすべての国民、期待大な目的ですね。

銀行は株式会社なので利益を上げる必要があります。信用金庫は地域住民の会員が出資をして設立をしているので利益ではなく、地域の発展に貢献をすること。

それぞれのルールを決める法律も違います。違いは名前だけではないのですね。銀行と信用金庫どちらがイイのでしょうか?。

スポンサードリンク

銀行のメリットデメリットは?

利益をあげる必要がある銀行ですがメインのお客様は大きな企業。顧客の安定度が高めなので、金利を上げてサービスをする必要がないというのが基本理念。

銀行でも店舗を持たないネットを利用した銀行の金利は比較的高めの商品があるので、使わずに増やしたお金を預けるのは調べる価値があります。

普通預金も定期預金も金利の設定は低め。テレビのCMをする位利益をあげて安定した経営をしていると判断して、ブランド力をかって口座を開設する判断も間違っていません。

金融機関に求めるのは利便性もありますが、安定した経営も重要

デメリットは融資がなかなか受けられないこと。実績や担保のない個人がお金を借りることはまず無理です。一般国民に必要な住宅ローンの審査基準も厳しい傾向にあるようですよ。

信用金庫のメリットデメリットは?

信用金庫のメリットは銀行に比べて、定期預金の金利が高めの設定をしている所です。地域の発展に貢献する信用金庫は独自の金融商品を売り出すところも多いですね。

融資に関しては信用金庫は従業員が300人以上・資本金が9億円以上の企業にはお金を貸すことができません。それだけ地域の中小企業を大事にするのがお仕事と言えます。

信用金庫から融資(700万円を超える)を受ける場合は、出資をして会員になる必要があります。他に対象地域に住んでいる・働いているも融資を受ける条件。

出資には配当があり、脱退の場合は出資金は戻ります。利益は出さないけれど地域から預かったお金は地域のために使うが理念の信用金庫。

%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3

起業や創業に関しても相談を受付、融資の道を開いてくれるサービスもあります。信用金庫さんは自転車でこまめに地域を周っているイメージありますよね。

デメリットは全国展開がないので店舗の窓口には限りがあります。融資のハードルは低めでも金利が高いというデメリットも気になる所。

解決方法としてATMは全国の信用金庫で利用できます。平日の8時45分〜18時は入出金・土曜日9時~14時出金は無料でできます。

融資の金利は個々の信用金庫で違う場合もあるようです。相談力のある信用金庫に出会えるといいですね。HPなどでまずチエックしてみて下さい。

口座を作るならどちらがイイの?

一見銀行と信用金庫は同じに見えるのですが、実は大きく違う点があることが判明しました。口座を開設して、預金・払出し・送金・両替やネット・モバイルバンキングはどちらもできます。どちらに口座を作るか?

口座を作る人の生活スタイルで決める。

出張の多い仕事なら全国展開をしている銀行に口座を持つのが安心ですね。でもHPなどでATMを確認して下さいね。ゆうちょ銀行は小さな郵便局のATMは基本日曜日がお休みだったりします。

社会人が口座を持っている数の第1位は3つです。1か所にお金を集中させないで分散するのがリスク回避にもなります。貯める口座と使う口座で使い分けることもお金を増やすスタート地点。

看板で見るだけの銀行や信用金庫、内容や使い勝手を深く知ることで、あなたの口座がリッチに育っていくコト、きっとできますよ♪

スポンサード リンク



コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ